私も川内原発の再稼動には反対です。

<川内原発>「説明根拠、理解できぬ」…市民から怒りの声
毎日新聞 10月9日

 1000人を超す市民で埋まった会場に怒りの声が渦巻いた。九州電力川内原発が立地する鹿児島県薩摩川内市で9日夜開かれた住民説明会。川内原発が国の新規制基準に適合した理由を説明する原子力規制庁の職員に対し、再稼働に反対する住民たちは「子供と孫に責任を持てるのか」と迫った。会場では再稼働への賛否も問われず、今回の説明会が再稼働に関する地元判断にどう反映されるのかも不透明なままだ。
・・・・・
県と市が参加者を抽選で絞り、会場での録音を禁止したことにも不満の声が出た。
・・・・・
 原発から10キロ圏内に住む福山さんは終了後「説明不足で安全とは思えなかった」と憤慨。薩摩川内市の教員、瀬戸さんは、専門家が過小評価だと指摘する地震への評価を聞きたくて参加したが、会場で示された根拠について「全く理解できなかった。リスクがあるなら押しつけるなといいたい」と語った。
・・・・・
 鹿児島県の伊藤知事は、薩摩川内市を皮切りに周辺5市町で開かれる説明会での住民の反応を、再稼働の判断材料の一つにする意向だ。ところが、説明会では再稼働の是非自体は議論されず、参加者向けに配布されたアンケートも、説明会に参加して「良かった」か「良くなかった」などを聞くだけの簡単な内容だった。

霧島:マグマ量戻る 専門家「再噴火も」    毎日新聞 2014年10月09日 
ニュース | コメント(0) | トラックバック(1)
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
薩摩川内市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。