電力会社は原発の再稼動にだけやっきになって、
これらをおろそかにしたこと許されると思っているのでしょうか。

それにしても、原発を邪魔するものは絶対に許さないという原子力村の姿勢、
昔から本当に変わりません。

原発優先 縮む再生エネ 電力会社、買い取り中断次々
2014年10月1日 東京新聞

 太陽光を中心とする再生可能エネルギーの新規受け入れを中断する動きが拡大し、太陽光発電を予定していた事業者などからは怒りと戸惑いの声が上がっている。北海道、東北、東京、関西、四国、九州の電力六社に続き、沖縄電力も三十日、八月八日から新たな受け入れを中断していたことを明らかにした。国は原発再稼働を急ぐ一方で、再生エネの受け入れ態勢を整えないまま事業者の発電計画について買い取りを認定。・・・・・・ 
・・・・・
太陽光を中心に駆け込みの申し込みが急増した。全量を買い取った場合、「管内の電力需要を上回る時間帯や季節が生じる可能性があり、大規模な停電を起こす恐れがある」という。このため、今後の対応方針が決まるまで「数カ月間」は受け入れ可否の回答を保留することにした。
・・・・・

9月28日(日)川内原発再稼働反対の集会(鹿児島)に参加  平智之活動ブログより
ニュース | コメント(0) | トラックバック(1)
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
再生エネ買い取り制度 普及促進が見直しの大前提だ 2014年10月04日(土)  四国や九州など5電力会社が、再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度に基づく契約を中断した。国が定める買い取り価格が引き下げられる前に駆け込み契約が相次いだため、供給量が需要を上回って供給不安定になる恐れが高まったとしている。  経済産業省は急きょ制度改革を打ち出した。が、そもそも4月に閣議決定し...