政府や自民党、電力会社、これらを取り巻いている方々、
このような状況下でも反省することも無く、お金と保身、
餓鬼の苦しみにそろそろ気づいているだろうに。

原発は人を苦しめます。
今後の再稼動など決してするべきではないと思います。

作業員の方々にはただただ感謝です。

福島第一 工事重複 ひしめく敷地 作業員倍増 1日6000人
2014年9月22日 東京新聞

 東京電力福島第一原発では、凍土遮水壁の建設や旧型タンクの置き換えなど大型工事がひしめき、働く作業員は一日当たり約六千人と、昨夏に比べほぼ倍になっている。休憩所には人があふれ、通勤バスは一時間待ちになることも。現場では作業が重なり、混乱もたびたび起きている。 
・・・・・
 休憩所も人がひしめき合う。横になることはもちろん、体を伸ばして休むことはできない。夏場には飲み物も不足した。「中に入りきらず、廊下にビニールマットや段ボールをしいて座っている」と技術系の作業員が明かした。
 敷地への入退出の手続きでも一苦労。汚染チェックでもたもたしていると、「何してるんだ」と怒号が飛ぶ。東電は通勤バスを増やしたが、バス待ちの列は二百メートルほどになる時も。最近は緩和されたが、出入りする車両も汚染検査で長蛇の列を成す。「作業時間が短くても、移動や手続きの時間が長くて…」と若手はぼやく。
・・・・・
 ベテランが不足している上、原発での仕事は初めての人も増え、作業が滞る現場も多い。ベテラン作業員は「作業の調整がつかないまま人だけ詰め込んでいる。混乱して、かえって全体的に作業が遅れている」と話した。
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示