作業員の方が呼吸等で体に取り込んでいないことを願うばかりです。
プルトニウムばかりは線量でどうこうの問題ではないと思います。

原発がある国というのは、原発だけでなく、
色々な核関連施設があるということになります。
それらも全て危険なものです。

微量の放射性物質が漏れ出す 茨城・東海村
9月17日 NHK

茨城県東海村にある日本原子力研究開発機構の使用済み核燃料の再処理施設内で、今月12日に微量の放射性物質が漏れ出すトラブルがあり、原子力機構が原因を調べています。
・・・・・・
茨城県や原子力機構によりますと、放射性物質が漏えいしたのは、原子力機構の茨城県東海村にある「核燃料サイクル工学研究所」の使用済み核燃料の再処理施設です。今月12日に作業員の作業服からプルトニウムなどとみられる放射性物質が付着しているのが見つかりました。
・・・・・
漏れ出した放射性物質の量は、法律で国への報告が定められた値の30分の1以下で、作業員の被ばくはなく、外部への放射性物質の影響はないということです。
・・・・・
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示