今の社会、放射能を気にしない自由は大きく認められているのに、
気にする自由は余り認められていない。
本来はどちらも尊重されるべきもの、政府の罪は重いと思います。

震災避難者二極化:疎外感抱える人も… 宮崎で支援の動き
毎日新聞 2014年09月15日

 東日本大震災と福島第1原発事故から3年半が経過した。被災地だけでなく、首都圏などから自主避難してきた人たちが今も各地で避難生活を続ける。だが中には、避難先の住民と放射能不安について意識のギャップを感じ、疎外感を抱える人も少なくない。宮崎の支援団体は「地域に定着できた人と、周囲になじめず生活環境が悪化する人に二極化しつつある」と指摘し、避難者への戸別訪問など孤立を防ぐ活動を始めた。
・・・・・
「神経質すぎる」。インターネットで知り合った母子避難者を頼りに宮崎に落ち着くまで周囲からそう思われるのを恐れ、移住の理由を「田舎暮らしに憧れて」とうそをついた。
・・・・・
避難者との間でさえ距離を感じるようになった。「今の場所でやりたいことを探したら?」「(放射能を)気にしすぎないことも大事」。気遣ってくれる周囲の言葉も苦痛だ。熟睡できない夜もある。一方で東京には怖くて戻れない。
・・・・・
 また周囲に自分を避難者と伝えているかとの質問に31人が「伝える」と答えたが、44人は「伝えない」「状況により伝える」を選び、避難者と名乗るのをためらうケースがあることをうかがわせた。
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示