いい参考になると思います。

「自分の身は自分で守る」ブラック企業に対抗するための「実践的な労働法教育」とは?
弁護士ドットコム2014年09月15日

・・・・・
「違法な労働状態を社員に受け入れさせる手法を考え抜くことは、企業にとって経営戦略の一部となっている」
・・・・・
「大手の企業であっても、社員を違法に働かせて使いつぶすというやり方は新興企業を中心に増えています。『たまにひどい企業にあたる』というレベルではなく、もはや全般化しています」
・・・・・
『頑張れば給料が上がって報われる』『訴訟なんか起こして波風立てないほうがいい』という認識が、親・教育者・そして労働者自身にあり、実践的なノウハウを教える労働法教育は不要・邪魔という暗黙の合意があった
・・・・・
企業の中にも悪い企業があり、企業とそこで働く人の利害関係は必ずしも一致しないと認識することです。なんかおかしいな、理不尽だなと感じたら、『会社側がおかしいかもしれない』というマインドを持てるかどうかが、非常に大切です。
・・・・・
とにかく記録を取るということです。記録を取っていなければ、企業と争う場合にきわめて不利な状況になる。記録があれば、労災保険がおりて医療費が全額無料になりますし、給料が8割補償されます。さらに、会社があなたを解雇することができなくなります。記録の有無は自分や家族の運命を分けるような、とてつもなく大事な問題です。
・・・・・

テキスト『今すぐ使える!労働法教育ガイドブック』
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示