FC2ブログ
朝日だけが責められているのは本当に不思議です。
朝日は批判されるべきです。
しかし、同じように批判すべき新聞社が沢山あると思います。
その代表がこの2社だと思います。

朝日謝罪会見でハシャぐ読売、産経の“トンデモ誤報”集
2014.09.12 LITERA

・・・・・
 いずれにしても、とんでもない誤報を繰り返しているのは読売や産経も同じなのだ。そして、誤報発覚後もやはり朝日と同じように、その間違いをぎりぎりまで認めなかったり、認めても虚偽の経緯説明をするなど、狡猾な隠蔽工作を行っている。
 にもかかわらず、読売、産経は自分たちのことを棚に上げ、官邸や右派グループと組んで、この朝日叩きを大々的に仕掛けたのだ。
・・・・・
 こういうと、「朝日の場合は国際社会で日本人の誇りを傷つけたのだから、断罪されて当然だ」という声があがるかもしれない。しかし、それなら読売、産経のほうがずっと罪は重い。なぜなら、彼らこそがあの福島原発事故を引き起こした戦犯だからだ。
・・・・・
 日本の原発導入の立役者だった正力松太郎がオーナーだった読売新聞と、財界右派の意向を受けて誕生した産経新聞は、1970 年代から原発推進の旗ふり役をつとめてきた。マスコミ各社の中でも突出した量の広告を電力会社からもらい、紙面では安全神話を喧伝し、反対運動潰しの論陣をはってきた。原発シンジケートの一角を占めていたマスコミの中でも、彼らは最大の戦犯なのだ。
・・・・・
 また、1996年、巻町で原発住民投票が実施されることになった際、産経新聞は反対運動を「本当に「自治」を貫くなら電力会社からの送電を拒否して自前で発電設備を備えるくらいの気構えが求められる」と脅し、「反対をあおる勢力が「政府の原発政策を見直させよう」というのは日本の国際信用をおとしめる意図があるとしか思えない」と、テロリストよばわりまでしている。
・・・・・
 こうした安全神話垂れ流しと反対派つぶしの果てに、あの福島原発事故が起きたのだ。何十万人もの人の故郷を奪い、放射能汚染で自然環境を破壊し、何十年、いや何百年かかっても処理できないような大量の核のごみを作り出した。東電社員の退避や強制連行の有無というレベルの誤報とどちらが罪深いか、火を見るより明らかだろう。
・・・・・
ニュース | コメント(0) | トラックバック(1)
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
朝日新聞が「吉田調書」や「従軍慰安婦」の報道の誤りを認め、取り消しや謝罪に追われる事態になっている。 この際、朝日新聞は誤りを率直に認め、経緯をきちんと検証し、体質改善に取り組むべき、ということに勿論異議はない。今日の朝日新聞のコラム「日曜に想う」に特...