これも原発のコストです。原発のコストが安いなんて誰が言っているのでしょうか。
危険で高コストの世界最大の象徴「もんじゅ」、私は今すぐ廃止すべきだと思います。

原発立地自治体の甘えもそろそろ反省すべき時だと思います。
そういつまでも、同情をかえないです。
状況の変化により、景気が悪くなることなど、沢山の所で起こっています。

もんじゅ増額要求 原発予算 エネ計画に逆行
2014年8月30日 東京新聞

 経済産業省は、二〇一五年度予算の概算要求で、実用化が疑問視されている高速増殖原型炉「もんじゅ」に関連した研究委託費を一四年度予算より積み増すなど、原発の維持や拡大につながる予算を増額した。エネルギー基本計画は「原発への依存度を可能な限り引き下げる」としているが、逆行する予算の要求となった。・・・・・・
・・・・・
 概算要求では「高温ガス炉」など新しいタイプの原子炉の開発補助にも60%増の四億円を要求するなど、原発の研究・開発に力を入れる姿勢も鮮明にした。
 また、原発のある自治体が長期停止の影響を受けているとして、経済活性化に一七・七億円を計上した。
・・・・・
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示