川内原発、本当に再稼動させるのでしょうか。警告と受け取って欲しいです。

桜島で大規模噴火 3000mの噴煙で降灰の恐れも
テレビ朝日系(ANN) 9月1日

 鹿児島県の桜島で爆発的噴火が相次ぎ、噴煙の高さは3000mに達しました。
 桜島の昭和火口では、31日午後8時までの間に10回の爆発が観測されました。このうち、午後3時7分の爆発では噴煙の高さが3000mに達しました。爆発は、今年に入って270回観測されていますが、去年に比べると約半分のペースだということです。鹿児島地方気象台は、灰が降る恐れがあるとして降灰予報を出し、注意を呼び掛けています。

-原発関連デモ集会情報-                          
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示