最近平気で嘘をつく人が増えているような気がします。
虚が穢れて嘘になる。
悲しい限りです。

1日8000円の日当にお弁当もつくそうです。
こんな嘘をどうして堂々とつけるのか。
彼に何があったのだろうかと考えていると、、、、
彼も可哀相な人です。

ブログ「海鳴りの島から」さんより、
沖縄のネット右翼の動き 5
ー 反対運動は金のため、というデマを拡散する手登根安則氏

 オスプレイ・ファンクラブの中心メンバーである手登根安則氏が、自身のフェイスブックに以下の文章を載せている。沖縄のネット右翼の水準が分かる文章なので、全文を引用して紹介したい。
〈 大山ゲートの反対派は、午前7時30分に活動を終了します。以前は7時45分まで罵声を浴びせかけておりましたが、最近は15分早上がりです。理由は、「辺野古」へ移動するから。
ここでの日当¥3000に加え、辺野古へ移動し夕方までボケーッと座っていれば更に¥5000追加、合計の実入りが¥8000 / 1日、となります。このような連中に給金を支払える資金力には驚きですね。我々はこれを、「辺野古バブル」と呼んでおります。・・・・・・〉
・・・・・
 反戦・反基地運動や反原発運動などに参加している人たちに対し、日当をもらってやっている「プロ市民」、というデマをまき散らすのは、ネット右翼の使い古された手法だ。手登根氏もその本領を発揮しているわけだが、それにしてもだ、大山ゲートの抗議行動に参加すると3000円、辺野古の抗議行動に参加すると5000円の日当がもらえるんだそうだ。私は一度ももらったことがないんだが、どこに行ったらもらえるんだろうか?いったいだれが日当を払っているんだろうか?数字は具体的なのに、それ以外は何も具体的に示さない。手登根氏はよくもまー、こういう嘘を平然とまき散らせるものだ。・・・・・・
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示