那覇市議会のこの意見書を支持します。
安倍総理には再度よくお考え頂きたいです。

那覇市議会が辺野古移設断念要求 ボーリング調査に抗議
東京新聞 2014年8月22日

 那覇市議会は22日、米軍普天間飛行場の移設に向け、名護市辺野古沿岸部の海底ボーリング調査を始めた政府に抗議し、埋め立ての中止と辺野古移設断念を求める意見書を賛成多数で可決した。安倍晋三首相や小野寺五典防衛相らに郵送する。
 意見書は、政府による移設推進を強行的だと指摘した上で「県民の不信感と怒りは頂点に達している」と強調。辺野古移設が普天間問題の唯一の解決策とする政府の姿勢は「断じて容認できない」と批判している。・・・・・・

<那覇市議会>辺野古ボーリング調査 政府に抗議の意見書
毎日新聞 8月22日


辺野古「工事中止を」 那覇市議会、掘削後初の意見書
琉球新報 8月23日

・・・・・・・ 意見書では「作業強行は、県内全ての市町村長らが署名した『建白書』を一顧だにせず、稲嶺進名護市長の断固反対の意思と世論調査で示された73・6%の県民の反対の声を完全に無視したものであり、民主主義を否定する暴挙だ」と政府を厳しく批判した。

辺野古工事中止求める 那覇市議会が意見書決議
沖縄タイムス 8月22日
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示