これだけのことがどうして内地では伝えられないのでしょうか。
報道関係者には恥を知ってもらいたいです。
海猿などで海上保安庁の仕事に偏見をもたれている方もいると思います。
実際は、人を助けるより、人を制する仕事が主なのです。

保安庁の評判、海に接して住んでいる人々の間では決して良くありません。

「もはや戦場だ」~8月14日、ついに辺野古は包囲された~
三上智恵さん (マガジン9)

一夜明けると、海を埋め尽くす大船団が大浦湾に展開していた。
 「これじゃあ沖縄戦だ」
 明け方、大川から大浦湾に猛スピードで入っていた私は、フロントガラスから飛び込んで来た海に浮かぶ黒い海保の大船団に胸が潰れそうになった。
 8月14日の光景は一生忘れないだろう。
 私だけではない。 これを、沖縄戦開始を告げる1945年3月の光景とダブらせた人は多い。
 翌15日には、水平線に連なる大型の海保の巡視艇、海保のボート、警戒船、合わせて86隻までは数えた。
 島は、再び力ずくで包囲された。少なくとも辺野古沖は「占領」されたのだ。
・・・・・
 15日には、平和丸が海保に拿捕。
 定員13人が目一杯乗っている上に、海保の職員が次々乗り移ってきて、抵抗もしていない船長を2人掛かりで押さえつけ、確保されてしまった。
 提供水域でもなく、理由の説明を求めても答えず、実力行使あるのみ。
 やがて、大雨と雷で、小さい屋根しかない平和丸の船上に危険が迫り、いつもの平島の内側を通って港に帰ろうとしたところ、海保の船が立ちはだかった。
 「今日からここは通れません!」
 沖を回ればリーフから出てしまい、さらに波も風も当たる。
 安全のために通してくれと言っても聞かなかったので、やむなく外を回ると案の定、悪天候で視界はゼロに。
 立ち往生しているところに海保が現れた。
船長「岸はどちらですか? それだけでいいから教えて下さい」
海保「船長さんならわかるのでは?」「そんなことで12人の命を預かるとは、無責任だ」
 船長の誇りを散々傷付けた挙句、海難救助ということなら助ける、と念を押してきた。
 海猿たちはプロだ。訓練も受け、GPSも無線も装備している。島の未来のために止むに止まれず四級船舶の免許を取り、海に出た素人たちに恥をかかせて楽しいのだろうか。
 結局、海難救助で曳航され、事情聴取をうけ、乗組員の住所氏名を記録される。国に逆らうものはこうなるぞ、と言わんばかりだった。
・・・・・
ニュース | コメント(0) | トラックバック(1)
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
本日午後2時開会☆*・゜゚・*:.。..。.:(*。*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*☆那覇市内  県庁前からのバスは10台午前11時半出発で、ひとり往復千円 先着順☆沖縄市内  音市場おといちば前から ...