5月17日(木)
森友学園疑惑徹底追及!安倍内閣は総辞職を!
5.17国会議員会館前行動
(衆議院第二議員会館前)



5月19日(土)
2018 We Love 憲法~五月の風に~
(和歌山県勤労福祉会館プラザホープ)


安倍9条改憲NO!安倍政権退陣!
5.19国会議員会館前行動
(衆議院第二議員会館前)



5月22日(火)
5.22日比谷野音集会・国会請願デモ
(日本労働弁護団)



5月26日(土)
美ら海 壊すな 土砂で埋めるな5.26国会包囲行動


争させない・さよなら原発・とめよう辺野古パレード 第8弾 (東京都板橋区)



「人口減少」は悪という固定観念を捨ててみよう
2018/4/22 ダイヤモンドオンライン


社説 幹部自衛官暴言 旧軍の横暴想起させる
2018年4月19日 中日新聞


戦前に逆戻り 自衛隊幹部が野党議員を恫喝「国民の敵だ」
2018年4月18日 日刊ゲンダイ
イベント | コメント(5) | トラックバック(7)
コメント
お久しぶりです
TB有難うございました。
こちらからも記事のTBを何度か試みましたが、
うまくいきません。
またトライしてみます。

大変な状況になって来ましたね。
菜花さん
コメントありがとうございます。
覚えてもらえていて、嬉しかったです!
\(^o^)/
 
またTB試してみて下さいね。
 

TBありがとうございます。
戦争法制はどんな手段を使っても、絶対廃案に追い込まなければなりません。マスコミの動きは例によって鈍いですが、幸い野党はいまのところ結束しています。
議会と国民世論の盛り上がり、成立阻止のための集会、デモなど、後々後悔しないためにあらゆる手段を使って反対の意思を結集したいですね。
若い人たちの盛り上がりがカギになると思います。がんばりましょう。
ojirowashiさん
コメントありがとうございます。

今本当に頑張らないといけない時季だと思います。

 
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理者のみに表示
トラックバック
「事態」重なり混然 武力行使の範囲 政府裁量に 【安保法案審議】 (東京新聞5月30日) 安全保障関連法案に関する特別委員会の29日の審議で、自衛隊の派遣や出動が可能となる6つの「事態」の線引きの不明確さが浮き彫りになった。安倍政権は平時から有事まで「切れ目のない」対応を重視し、各事態を曖昧に定義した。このため、一つの状況が二つの事態に該当する場合、政府の裁量で武力行使が可能な...
いやー、愛と怒りのカウンターライブ、 「改憲勢力をぶっ飛ばせ!at お茶の水労音」は、 すこぶる面白かった。なんと申しましょうか、 「護憲派独立愚連隊」ってな内容のライブ。面白くないわけがない。 VOL.2を9月下旬に予定しているので、お楽しみに。 憲法学者・小林節、長谷川恭男両氏による、 外国特派員協会での記者会見は、視聴されましたでしょうか。 全編見逃せませんが、特に開...
安倍談話と真逆の天皇談話出れば国際的には上位の声明となる 2015.07.27 07:00  攻める時は雄弁になる。それが安倍晋三・総理大臣のスタイルだった。「憲法解釈の最高責任者は私だ」「支持率のために政治をやっていない」──安保法制審議の中でも強気の発言を繰り返してきた。  雄弁な総理と対照的に、黙々と国民のため、平和のための祈りを続けてきたのが今上天皇である。その天皇がつい...
まともな大人なら、その顔つき、口ぶり、話す内容から、 「いくらなんでも、この人が総理では、日本やばくね」と 思い至るであろうアホのアベっちが、なぜ、総理の座に就き、 ほしいままに権勢を振るっているのか? 答えは、日本会議の事務局長にして、日本青年協議会の会長、 椛島有三という存在なのですね。 菅野完って方が、エビデンスを挙げ、リポートしております。 この連載は、反安倍っ...
前回のエントリー。 思いのほか、ツカミの評判が良かったのですが・・(苦笑) なかには苦情も。 「グルメブログともあろうものが!? リンゴの燻製を知らない? オマエそれでよく・・グルメブログだなんてのたまってるな?」 アメリカ ケンタッキーでの・・ 駐在経験がおありのOさん。 気弱な地上げ屋は知らなかったのですが・・ ケンタッキー地方のBBQでは、 100年以上も前か...
粗にして野であり、純である。 そこには、自由が横溢している。 自由を突き抜けて、アナーキーである。 アナーキーさえも突き破り、カオスですらある。 マイクの前に立つのに、一切は不問である。 年齢性別経験学歴国籍、障害の有無、有名無名、上手下手、 んなものは、So What なのだよ。ただ一点、 安倍政権に対する、義憤。それだけを個人個人が持ち寄り、 個人個人のやり方で以て、...
12日の記事に書いたように,相変わらずメディアは共謀罪法案のことを全くと言っていいほど取り上げない.先週金曜の「報道ステーション」はむしろ例外的だ.重大な政治アジェンダをそれにふさわしく扱わないということは,それほど重大問題ではい,ないしそんなアジェンダは存在しないという暗黙のメッセージであり,広い意味で「虚偽報道」である(ポスト・トゥルース).このような状況では多くの市民がこれに危機感を抱...