FC2ブログ
私はこの再審請求を支持します。
差し戻し審の裁判官には何か稚拙さを感じました。

光市母子殺害、死刑囚が再審請求へ 29日、広島高裁に
朝日新聞デジタル 10月28日

 1999年に山口県光市で起きた母子殺害事件で、殺人と強姦致死などの罪で死刑が確定した死刑囚が29日、広島高裁に再審請求する。死刑囚の弁護団が28日、明らかにした。
 判決によると、この死刑囚は18歳1カ月だった99年4月14日、光市の会社員本村洋さん宅で、妻弥生さんの首を絞めて殺害し、強姦。長女夕夏ちゃんも殺害した。一、二審は更生の可能性を重視して無期懲役としたが、2006年に最高裁が事件の悪質性などから破棄。差し戻し後の二審・広島高裁判決が死刑を宣告し、今年2月に最高裁第一小法廷が被告側の上告を棄却する判決を言い渡し、同3月に死刑が確定した。
 この死刑囚は公判の途中から「被害女性の口をふさごうと手で押さえつけ、死なせてしまった」と殺意を否認。弁護側は再審に向け、心理学や法医学の鑑定書を新証拠として提出する考えを明らかにしていた。

  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -

死刑制度反対の為に裁判を利用するなとの意見も今回また沢山出ているようですが、
これについても私は反対意見です。
死刑の性質上、死刑囚や死刑執行に係わる全ての人にはこれが最後の機会になるのです。

  -  -  -  -  -  -  -  -  -  -  - 
 
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示