FC2ブログ
考えられる最悪の原発事故は、水蒸気爆発やその他の原因で
原子炉内の放射性物質が一気に全て放出されることです。
そうなれば、風下10キロ以内に居る人々はほとんど即死です。
100キロ離れていても、それ以上でも、

ただちに健康に影響が出る可能性があります。
即死の可能性があるということです。
福島はまだ本当に運が良かったのです。
4つの原発があそこまで壊れて、現状で済んでいるのは奇跡だと思います。

今書いた即死は、
死ぬまで数日から半年ほど余裕があるかも知れません。
しかし、その期間は死を望むような苦しい体験を強いられることになります。
一人や二人なら痛みの緩和に最高の医療技術が注がれるかも知れません。

何万、何十万という人が同時にそういう状態になれば、
苦しみぬくか、もう安楽死しかない。
たずさわった医療スタッフの心はもつのでしょうか。
そして、避難を強いられる人々は数千万人にのぼります。

何処に避難できるのでしょうか。
今、原発の再稼動の動きが更に活発になっています。
私達はこれを止めなくてはならないと思います。
原発は今すぐ全て廃止すべきだと思います。



-原発関連デモ集会情報-                     
 
原子力 | コメント(0) | トラックバック(1)
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
九州電力・川内原発(鹿児島県)1号機は今日午前10時半に、核分裂を抑えている制御棒を引き抜き原子炉を起動させた。 半日後の午後11頃には、核分裂の連鎖が継続して起きる「臨界」に達する見込みで、今月14日には発電と送電を開始し、来月上旬に予定されている営業運転につなげることを目指している。 東京電力福島第一原発事故後に設けられた新規制基準に「適合」した原発の再稼働は全国で初...