憲法は国の信念だと思います。
何処の国も憲法を簡単に変えたりはしません。
最近よく聞く気になる言葉が有ります。
「日本の状況は変わったのだから改憲すべきだ。」

状況に変化が有る時こそ、
信念の強さが試されていると私は思います。
状況に変化があるからと、
信念を簡単に曲げる人がどのような評価を受けるか、

信頼されるか、そこに品性や民度はあるのか。
私は状況によって信念が揺らぐ人は悲しいと思います。
国も同じだと思います。
今こそ日本は強くあるべきです。

恐怖に負けてはいけない。
今、日本は平和に覚悟すべきだと思います。



改憲について     2008/01/30
日本の評判       2007/10/23
その他 | コメント(0) | トラックバック(2)
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
6日、大阪市は扇町公園で行なわれた、表記の集会に参加した。最初はその模様を報告しようと思ったのだが、これについては下記リンクの、USTREAM 動画で、ご確認いただきたい。   http://iwj.co.jp/wj/open/archives/151219 この投稿をするまで、いろいろなことを考え...
押しつけてもらった憲法を、自前のものにできるのか。 戦後民主主義は、やはり擬制でしかなかったのか。 安倍内閣による集団的自衛権行使の閣議決定は、僕ら 「戦争を知らない子どもたち」の性根が試される、試金石である。 緑の党の緊急声明がチャーミングだ。 『…閣議決定がなされたとはいえ、私たちにはまだ声を発することも、 行動することも、そして多くの人びとと手を取り合うこともできます。...