二つ合わせれば、法的には、
いつでも何処ででも自由に戦争が出来る国になるということだと思います。
今後内閣から集団的自衛権に関連する法案が沢山提出されるはずです。
私達は必ず制止しなければならないと思います。

秘密保護法下で武力行使 根拠示さず決定も
2014年7月2日 東京新聞

 安倍内閣は特定秘密保護法の成立から七カ月で、集団的自衛権の行使容認を閣議決定した。秘密保護法は国民の「知る権利」を侵す恐れが強く、安全保障政策をめぐる政策判断の議論を非公開にできる。政権が集団的自衛権に基づき、武力行使を伴う自衛隊派遣を決定する場合、最も重要な根拠が「ブラックボックス」になって国民に知らされない可能性が高い。・・・・・・
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示