国や製薬会社、医療関係者の皆様は、何故まだこの薬を使い続けようとするのだろう。
理由を想像してみると色々な強い感情がわいて来ます。
私はこのワクチンの使用はすぐに止めるべきだと思います。

子宮頸がんワクチン薬害の19歳女性 症状悪化で親の顔忘れる
女性自身 6月13日

「えっ、私入院しているの?ここは病院なの?」と語る1人の女性。入院して数日経つのに、ベッドに横たわるA子さん(19)は自分の置かれた状況すらわからなくなっていた――。
 1年前、女性自身では子宮頸がんワクチンの後遺症に苦しむA子さんを取材。ワクチンの副作用が全国的に広がっていたなか、被害にあった彼女の悲痛な叫びを報じた。そんなA子さんは、5月に容体が急変し緊急入院。昨年よりも症状を悪化させているというのだ。昨年からワクチンの薬害を取材してきた記者は、A子さんが入院する病院に向かった。
 彼女とは1年ぶりの再会だったが、記者に「この人は誰なの?」と怪訝な表情を浮かべた。前回の取材では2時間も話したのに、彼女はまったく覚えていなかった。実は、ずっと付き添って看病している父親のことさえわからなくなっていたのだ。「知らないオジサンがいつもずっと一緒にいる……」と最愛の娘に言われた父親は、悲しげだった。・・・・・・
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示