強く原発を推進している知事です。そして、このような認識です。
本当に悲しく思います。
福島程度の事故でも30キロ圏のみの避難計画が不十分なことは簡単に分かります。
想定されている最悪の事故は福島程度ではないのです。

最低限度の安全も確保できないのなら、
原発は再稼動させるべきではないと思います。

鹿児島知事「10キロ圏で十分」=川内原発、要援護者の避難計画
時事通信 6月13日

 鹿児島県の伊藤祐一郎知事は13日、九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)で事故が起きた場合、自力で逃げられない高齢者や障害者ら要援護者の避難計画について「(原発から)10キロまでで十分だと思っている。(30キロまでは)作らない」と述べた。鹿児島市内で記者団の質問に答えた。
 伊藤知事は「30キロ圏までの要援護者の避難計画は現実的ではなく、実際問題機能しないと思う」と話した。・・・・・・
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示