この原告のグループの雰囲気に何か違和感を感じるのは私だけでしょうか。

現行選挙制度の票の格差より現行の選挙制度自体が私は違憲だと思います。
小選挙区制は直ちに廃止すべきです。余りにも民意が軽く扱われてしまいます。
そして、投票方法も現行の一人に一票を投じる方法ではなく、
私は最高裁の国民審査のような〇×の方法が良いのではないかと思っています。

〇:+1 ×:-1 無記:±0 のような感じです。
候補者全員を評価すべきだと思いますし、これだと知名度が両刃の剣になります。

1票の格差最大5倍、10年参院選「違憲状態」
2012年10月18日

 議員1人当たりの有権者数の格差(1票の格差)が最大5・00倍だった2010年7月の参院選挙区選は違憲だとして、各地の有権者が各選挙管理委員会に選挙無効を求めた訴訟で、最高裁大法廷は17日、「違憲状態」とする判決を言い渡した。 請求自体は棄却したが、現行の都道府県単位の選挙区割りの見直しも初めて明確に求めた。これにより国会は、衆参両院とも違憲状態とする司法判断を突き付けられる初の事態となった。 15人の裁判官のうち、竹崎長官ら11人の多数意見。区割り見直しまでは踏み込まなかった竹内行夫裁判官(外交官出身)を加えた12人が「違憲状態」との見解だった。弁護士出身の3人は「違憲」とする反対意見に回った。 来夏に参院選を控え、民主、自民両党は8月に「4増4減」の格差是正案を国会に共同提出したが、判決が求める現行制度の抜本改革には着手していない。判決を受け、都道府県単位の区割りの早期見直しも不可避となる可能性が出てきた。
参院選の格差5倍「違憲状態」 時事通信 10月17日(写真)
10年参院選は「違憲状態」 最高裁、1票の格差最大5倍 共同通信10月17日(写真)
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示