中国に係わっているとこういう経費は必ずかかってくると覚悟しておいた方がいいと思います。
この件についてもだたの手段の一つです。
今までも、そして今後もあらゆる手段を考えて来られるはずです。
中国への進出はくれぐれも慎重にされることを願います。

私は余程の必要性が無い限りは係わりを持たないのが賢明だと思います。

<商船三井船差し押さえ>数十億円支払い 供託金、中国側に
毎日新聞 4月24日
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示