トルコとの100年以上の友好の歴史も終りを迎えるのかも知れません。
もし友好が続いたとしても大きな借りを作ってしまうことになります。
原発なんかで、もう誰も傷つき苦しむ必要はないと思います。
私はトルコへの原発の輸出には反対です。

安倍政権の「原発輸出」にトルコの市民団体が猛抗議
2014年4月8日 日刊ゲンダイ

 安倍首相の原発政策は親日国家との関係も壊しそうだ。
 今月4日、100近くの市民団体が加盟した「トルコ反原発同盟」が日本・トルコ原子力協定の撤回を求めるレターを作成。日本のNGO団体を通じ、参院外務・防衛委員会委員の国会議員21人に送付した。レターでは、国民の多数が原発・核兵器に反対していると強調。・・・・・・
・・・・・・・
「安倍政権はトルコ国民の8割が原発反対という現状を把握せず、同じ地震国にもかかわらず売り込んでいる。トルコは世界有数の親日国。輸出のゴリ押しは、日本に持っていた良い印象をぶち壊す行為でもあります。日本は原発だけじゃなく再生可能エネルギーでも高い技術がある。むしろそちらを輸出すればいい。原発輸出にこだわるのは、相手国から核のゴミを引き取り、処理に必要な施設を稼働させる“原発生き残り策”と指摘する専門家もいるくらいです」
・・・・・・・
 12年の衆院選で自民は「原子力に依存しなくてもよい経済・社会構造の確立を目指す」と言っていた。ところが、原発をベースロード電源とする「エネルギー基本政策」の原案を了承。永久に原発依存を続ける方針だ。そのために親日感情をブチ壊しにする安倍政権。日本はますます世界から孤立する。
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示