今季の大手企業のベアは中小零細企業にも波及すると言う方々がいますが、
私は波及して更なる人件費抑制につながらないか危惧しています。
何かあるといつも小さな企業にシワ寄せしてきたのが日本の多くの企業です。
今は本当にベアという時代ではないと思います。

正社員とされる方々の給与水準は決して低くない。
安定雇用を先ず考えるべき時季だと思います。
使い捨ててきた人々の救済を考えて欲しいです。

「政府の声に応えられた」=企業首脳、ベア回答自賛―春闘
時事通信 3月12日

 2014年春闘をめぐり、12日の一斉回答で軒並み賃金水準を底上げするベースアップ(ベア)を提示した主要企業。経営トップからは「いい結果が出せた。(賃上げを求める)政府の声に応えられた」(トヨタ自動車の内山田竹志会長)と自賛する声が相次いだ。・・・・・・

<春闘>労使ともに「評価」 大手ベア回答
毎日新聞 3月12日

 2014年春闘で、主要企業が軒並みベースアップを回答したことを受け、経営、労働双方から妥結内容を評価する声が相次いだ。賃上げは個人消費の拡大につながるだけに、景気の底上げを期待する声が強い。・・・・・・
経済 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示