運用を変えないのなら元々法改正などする必要がなかったはずです。
おかしな運用の誘発を避ける為にも早期の法律再改正、
若しくは法律を元に戻す必要があると思います。

この記事の最後にもありますように、本当に生活保護だけの問題ではないと思います。
今後このような行政がまかり通るようになればどうなるでしょうか。

「運用は変えない」はやはりウソなのか?
改正生活保護法・省令案から見えた厚労省の表と裏

みわよしこ ダイヤモンドオンライン 2014年3月7日


理解のカギは厚労省の「裏」と「表」を知ること

注意深く読めば素人でも気づく省令案の問題点

申請手続きはどうなる?扶養義務はどうなる?

生活保護法だけの問題ではない、是非パブリックコメント投稿を

(パブリックコメント)
生活保護法施行規則の一部を改正する省令(案)に関する御意見募集

http://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=495130294&Mode=0

パブリックコメントはネットのサイトから簡単に提出出来ます。
是非気軽に意見してみてください。
1,2行の文章でも十分です。
なるべく簡潔な文章の方が厚生労働省の方々にとっても助かるはずです。
勿論、名前や住所なども記入する必要はありません。
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示