FC2ブログ
芸術家に枠をはめるなんて芸術の否定だと思います。
全てを開放させないと面白くない。
それが例え戦争や原発を肯定するものでも、人の心を大きく傷つけるものでもです。
芸術とはそういうものだと思います。

「政治的」作品撤去を 都美術館「クレーム心配」
2014年2月19日 東京新聞

 東京都美術館(東京都台東区上野公園)で展示中の造形作品が政治的だとして、美術館側が作家に作品の撤去や手直しを求めていたことが分かった。作家は手直しに応じざるを得ず「表現の自由を侵す行為で、民主主義の危機だ」と強く反発している。 
・・・・・
小室副館長は取材に「こういう考えを美術館として認めるのか、とクレームがつくことが心配だった」と話す。定期展は今回で七回目だが、来年以降、内容によっては使用許可を出さないことも検討するという。
・・・・・
◆表現の自由を抑圧
 表現の自由に詳しい田島泰彦上智大学教授の話 芸術作品は表現物で、作者ごとに異なる主張を伝えるのは当然だ。会場の使用権を持つ美術館側が、立場の弱い作者に撤去や改変を迫るのは、表現の自由の根幹部分を抑圧している。従軍慰安婦を題材とした写真展が会場使用を拒否されたように、異論が出そうだから展示させないという対応は、全国的に広がっているのではないか。
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示