FC2ブログ
今となっては少し懐かしい響きです。
思い出したので少し書きます。
主にはイラクで拉致された人達の話でした。
その他にも、命の危険を承知でそれらの行動をした

人達に向けられていたと思います。
私は思います。
「命の危険を承知してまで自ら信じることの為に行動を
起こしている人を救わずして、誰を救うのか。」

人は人を計らずに人を救うべきと思っている私にとっては
少し矛盾しているのですが。。。
 


2007年7月23日記
倫理 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示