最近の自民党の稚拙さには甚だあきれます。
特定秘密保護法案は年明けの通常国会で廃止されることを願います。

<秘密保護法>自民党が批判的報道への「反論指南書」
毎日新聞 12月18日

・・・・・・ 公党として政策への賛否を色分けし、反対意見を認めないように思える。民主主義のありようや、言論の自由の大切さに対する理解がないことの表れだ。文書は「恣意的な秘密指定がない」と断言するが、政府はその点を国会で明快に答弁できなかった。説明不足を反省すべきなのに事後にメディアを批判し、反省を求めるのは筋違いではないか。


緊急開催決定!12月20日(金)【秘密保護法の廃止・撤廃へ下京昼休みデモ】
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示