この記事に同感です。
城内さんにはよく考えて反省して欲しいです。

自民党城内実議員 国連人権高等弁務官に「罷免・謝罪要求せよ」
2013年12月6日 明日の自由を守る若手弁護士の会

毎日新聞の報道によると、
12月5日、自民党の城内実議員(外交部会長)は、ビレイ国連人権
高等弁務官が特定秘密保護法案を批判したことに対し激しく憤り、
「なぜこのような事実誤認の発言をしたのか、調べて回答させるべきだ。
場合によっては謝罪や罷免(要求)、分担金の凍結ぐらいやってもいい」

と発言したとのことです。
 先日も書きましたが、国連人権高等弁務官という高官が、
ある国の審議中の法案について言及することは極めて
異例のことです。そこをあえて踏み込んで言及したことの
意味の重みを、城内議員はなぜ謙虚に振り返らないので
しょうか。自分達の政策に反対する者を敵視し議論の余地
がないかのように謝罪要求までする、その態度、とてもでは
ありませんが人権外交を標榜する国の与党議員(しかも
外交部会長!)の態度とは思えません。
 むしろ、国際社会に背を向けて国民への非人道的政治を
続ける国の高官の姿勢かのようです。思わず、日本がかつて
満州国建国をめぐって国際連盟で孤立し、脱退した歴史を
思い出してしまいます。・・・・・・
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示