石破さんにとっては、デモや集会による抗議がテロ行為と同質だそうです。
この程度の認識の人が国の政治の中枢にいることは本当に悲しいです。
国会で審議中の秘密保護法には、
テロ関連の情報も含まれること忘れてはいけないと思います。

この記事は他のことに関しても同意しかねることばかりです。

沖縄など BLOGOS
記事 石破茂 2013年11月29日

・・・・・ 今も議員会館の外では「特定機密保護法絶対阻止!」を叫ぶ大音量が鳴り響いています。いかなる勢力なのか知る由もありませんが、左右どのような主張であっても、ただひたすら己の主張を絶叫し、多くの人々の静穏を妨げるような行為は決して世論の共感を呼ぶことはないでしょう。
 主義主張を実現したければ、民主主義に従って理解者を一人でも増やし、支持の輪を広げるべきなのであって、単なる絶叫戦術はテロ行為とその本質においてあまり変わらないように思われます。・・・・・

デモや国会・官邸前抗議はテロと同じ? 自民党・石破氏の発言の危険性
2013年11月30日 伊藤 和子


石破氏ブログに批判の声 「政治家としての資質を疑う」        朝日新聞 11月30日

秘密法反対「大声は当然」=弁護士ら集会、石破氏批判―東京 時事通信 12月1日
・・・・・「(政府・与党は)この1週間で、とんでもない法律を通そうとしている」と指摘。「声を上げて何が悪い。大きく声を上げるのは当然」と訴えた。・・・・・

秘密保護法案:石破氏発言に「私たちもテロリストですか」 毎日新聞2013年12月1日
・・・・・海渡雄一弁護士は「我々はテロリストですか。主権者のはずです」と声を上げ、「石破幹事長にとっては、法案反対を叫ぶ人も原発反対を叫ぶ人も、みんなテロリストに見えているということがよく分かった。我々市民の活動が取り締まられる。そういうことがこの法案で準備されている」と訴えた。・・・・・ 
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示