FC2ブログ
上関から一ついい知らせがあります。
このようなスラップ訴訟は許されるべきではなく、政府にも早急に法整備を願いたいです。

中国電力による祝島島民らへの訴訟(陸域仮処分)の取り下げが決定
祝島島民の会blog 2012.07.02

 中国電力が祝島島民の会や島民、島外の若者などを訴えていた、原発建設予定地である田ノ浦海岸での妨害行為の禁止を求める仮処分について、訴えの取り下げが決定しました。
・・・・・・
 建設を前に進める工事等はしない・できないという大前提の下、埋立て免許の失効も視野に、安全確保のために10月末までは看板や仮桟橋など現状あるものの維持管理作業に限って島民の会側が妨害しないこと、また中電は一定規模以上の作業は事前に、そうでないものは事後に島民の会側の代理人に必ず連絡をすることなどを双方が確認し、本日の審尋において中国電力が訴えを取り下げることが確認されました。
・・・・・・
 またこの仮処分に基づいて中国電力が島民の会や島民個人らに1日あたりそれぞれ70万円の制裁金を求めた間接強制の訴えも広島高裁において抗告中ですが、こちらも当然取り消しを求めていきます。
 なお祝島の漁業者に対する海域での妨害禁止を求めた仮処分、間接強制、損害賠償裁判など、中国電力が地元住民を訴えた訴訟はまだあります。それらについても、島民の会は今後とも粘り強くたたかっていきます。

SLAPP(スラップ)
「公に意見を表明したり、請願・陳情や提訴を起こしたり、政府・自治体の対応を求めて動いたりした人々を黙らせ、威圧し、 苦痛を与えることを目的として起こされる 報復的な民事訴訟のこと」
スラップ訴訟情報センターより

 上関原発計画の撤回を求めます (再掲追記あり)   2012年05月11日 
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示