日本の法制度でも可能かどうか検討すべきだと思います。
逮捕など出来なくても今後の人権抑圧に一定の抑止効果があると思います。

江沢民氏らに逮捕状=チベットでの「大虐殺」容疑―スペイン
2013年11月20日 時事通信社

 スペインの全国管区裁判所は19日、中国の江沢民元国家主席、李鵬元首相ら政権幹部経験者5人の逮捕状を出した。1980~90年代にチベットでの「ジェノサイド(大虐殺)」に関与した容疑とされる。
 AFP通信などによると、裁判所は刑事告発した人権団体メンバーにスペイン国籍を持つ亡命チベット人がおり、中国当局が捜査していないことを理由に逮捕状を出した。スペイン政府は対中関係で難しい問題を抱えることになりそうだ。
 人権団体は刑事告発で、江氏らがチベットでの「大虐殺、人道に対する罪、拷問、テロ」に責任があると主張。裁判所は「当時の政治・軍の高官が関与した疑いがある」との見解を示した。
中国政府・メディア、江沢民氏の逮捕状報道を完全封鎖   サーチナ 11月21日
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示