東京でもないのに1万人を集めるのは大変だと思います。
来年3月開催ですが、今から周知活動を始めたいです。
来年3月8日「上関原発を建てさせない山口県民大集会」です。

<上関原発>1万人規模の反対集会開催へ 山口、来年3月
毎日新聞 10月20日(日)

 中国電力(広島市)が山口県上関町で進める上関原発計画を巡り、市民団体の代表者らが19日、同県周南市で会合を開き、来年3月8日に「上関原発を建てさせない山口県民大集会」(実行委員会主催)を山口市内で開くことを決めた。党派や団体を超えて約1万人規模の参加者を目指し、計画の白紙撤回を求める。実現すれば上関原発に対する過去最大規模の反対集会になるという。
 会合には約40人が集まった。代表呼びかけ人は「上関原発を建てさせない祝島島民の会」の清水敏保代表や、広島原爆の被爆者で「ズッコケ三人組」シリーズで知られる児童文学作家の那須正幹さんら。原発事故から3年を迎えるのに合わせて企画する。
 幅広く参加を呼びかけ市民レベルの集会にする方針で、那須さんは「原発反対は主義主張じゃない。みんな放射能は怖い。県全体で自分の事として考えるムード作りをやっていきたい」と訴えた。
 上関原発計画は1982年に構想が表面化して以降、推進と反対両派で町を二分。中国電は原発事故後、埋め立て工事をストップしている。山口選出の安倍晋三首相は計画の実行に含みを持たせるが、明確な方向性を示しておらず棚上げ状態が続いている。この間、中国電の埋め立て免許延長申請への可否判断を先送りした山本繁太郎知事に対し、住民が違法だとして訴訟を起こすなど計画反対派の動きが活発化している。

-原発関連デモ集会情報-
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示