日本はいつからこんなに悲しい国になったのでしょうか。
司法に良心が感じられない。
司法もいつも不完全なものです。
それを少し救うのが裁判官の良心だと思います。

この裁判官には何が見えて何を感じたのだろう。

原告があのお金が有り余っているJR東海というのも本当に悲しいです。
東海道新幹線を有し、リニアの計画まであるこの会社が、
決して裕福とも言えないこの家庭に720万円の損害賠償を請求するなど
私なら考えられない。

<特集ワイド>認知症事故と損害賠償 介護現場に衝撃の判決
毎日新聞 10月16日

 「ある判決」が介護の現場に衝撃を広げている。91歳(当時)の認知症の男性が線路内に入り、列車にはねられて死亡した事故。裁判所は遺族に対し「注意義務を怠った」として、鉄道会社に720万円を支払うよう命じた。認知症の老人は閉じ込めておけというのか--介護関係者からはそんな怒りの声すら聞こえてくる。・・・・・・

<特集ワイド>認知症事故と損害賠償/下 
在宅ケアの流れに逆行、鉄道会社の責務、厳密な見守り義務ない
毎日新聞 10月17日

◇判決は在宅ケアの流れに逆行--東洋大准教授・柴田範子さん
◇事故防止は鉄道会社の責務だ--関西大教授・安部誠治さん
◇家族に厳密な見守り義務ない--早稲田大教授・田山輝明さん

ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示