私もほぼ同感です。本当に目に余ります。

首相所信表明 独り善がりが目に余る
10月16日 北海道新聞

・・・・・
 外国訪問では持論の「積極的平和主義」を説いて回った。集団的自衛権の行使が念頭にあるようだ。専守防衛を逸脱する懸念が大きい政策を、国会の審議も経ずに外国で吹聴する態度は到底理解できない。
・・・・・
 首相の安全保障政策には野党だけでなく与党にも異論がある。東京電力福島第1原発の汚染水流出が続く中での原発再稼働方針や、復興法人税の前倒し廃止にも反発が大きい。
・・・・・
 夏の参院選で勝利し、衆参両院のねじれ状態を解消したことが背景にあるのだろう。首相が頼るのは「意志の力」よりも「数の力」ではないのか。有権者は白紙委任したわけではないことを肝に銘じるべきだ。
・・・・・
 自分の「意志」と国民の思いは一致しているのか。それを常に確かめながら歩を進めるのが政治リーダーのあるべき姿だろう。
首相 所信表明 復興・暮らし 具体策なく 国民の「なぜ」に応えず 10月15日 東京新聞
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示