東京高裁、村瀬均裁判長のこの判断を支持します。
妥当な判決だと思います。更正の可能性が全くないという
確実な証拠が無い限り死刑を適用すべきではないと思います。

村瀬裁判官に対する多くのバッシング、悲しく思います。

裁判員の死刑破棄 「被害者1人」高裁2例目 千葉大生強殺
産経新聞 10月9日

 千葉県松戸市で平成21年、千葉大4年の荻野友花里さんを殺害したなどとして強盗殺人罪などに問われ、1審千葉地裁の裁判員裁判で死刑とされた無職、竪山辰美被告の控訴審判決公判が8日、東京高裁で開かれた。村瀬均裁判長は「死刑を選択することがやむを得ないとはいえない」として1審判決を破棄、無期懲役を言い渡した。・・・・・・
「司法への期待裏切られた」=被害者の母親がコメント―千葉大生殺害 時事通信 10月8日
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示