私が憲法九条を支持するのは、殺されない為ではない。殺さない為です。



戦争 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
平和憲法の真の目的は?
軍国主義独裁者に、
「国民に戦争させることが、
 できないようにするため」。

戦争を永久に放棄し、
戦争を禁じているのが、
現行の平和憲法。

愚かな連中が言う。
「平和憲法があるから、
 戦えない」と。

言っているのは安倍晋三と日本会議。
右翼と軍国主義者共。
自分達は、「戦わない」

すると誰が戦うのか?
言うまでもなく、
国民です。

平和憲法の本質は、
戦争を禁じる事で、
どんな軍国主義者や右翼や独裁者にも、
「国民に戦争させる事が出来ない」
それが平和憲法の本当の目的。

戦争せずに、
アメリカと距離を取り、
中国・韓国と友好関係を構築し、
戦争に巻き込まれないように、
平和交渉をする。
そういう方法論もある。

実際に中立を保っている国家は、
アメリカの戦争になど巻き込まれていない。

右翼と軍国主義者共は、
「戦争できるようにしないと、
 戦争した時負ける」
そう言っているに過ぎない。

つまり戦争をしたい、
正確には、
「国民に戦争させたい」だけ。

戦争をしなければ、
戦争に負ける事も無い。

資源も食料も無い日本など、
占領するだけでも莫大な食糧と燃料が要る。
石油が途絶えれば、
日本中でインフラがストップする。
こんな国が侵略されると主張する、
右翼共こそ狂っている。

安倍晋三と日本会議、
右翼と軍国主義者共が、
平和憲法を憎み抜いているのは、
「国民に戦争させる事ができない」
そう謳っているからであるに過ぎない。

自分らが戦争に行かない狂人共が、
平和の模索ではなく、
近隣諸国へのバッシングで、
意図的に緊張を高め、
戦争の危機を演出し、
自分達ではなく、
「国民に戦争させようとしている」に過ぎない。

平和を求めるなら、
中国・韓国との友好関係構築に尽きる。
それをしない事が、
安倍晋三の正体を、
如実に物語っている。

それにだまされているのは、
戦争の現実を知らない、
右翼の正体も知らない、
馬鹿のみである。

管理者のみに表示