FC2ブログ
私が良心を感じる判断をした裁判官の名前を此処に記録していこうと思います。
随時更新していきます。

樋口英明さん
大飯原発運転差止請求事件判決要旨全文
2014年5月21日

・・・・・
被告は本件原発の稼動が電力供給の安定性、コストの低減につながると主張するが、当裁判所は、極めて多数の人の生存そのものに関わる権利と電気代の高い低いの問題等とを並べて論じるような議論に加わったり、その議論の当否を判断すること自体、法的には許されないことであると考えている。このコストの問題に関連して国富の流出や喪失の議論があるが、たとえ本件原発の運転停止によって多額の貿易赤字が出るとしても、これを国富の流出や喪失というべきではなく、豊かな国土とそこに国民が根を下ろして生活していることが国富であり、これを取り戻すことができなくなることが国富の喪失であると当裁判所は考えている。
・・・・・
 また、被告は、原子力発電所の稼動がCO2排出削減に資するもので環境面で優れている旨主張するが、原子力発電所でひとたび深刻事故が起こった場合の環境汚染はすさまじいものであって、福島原発事故は我が国始まって以来最大の公害、環境汚染であることに照らすと、環境問題を原子力発電所の運転継続の根拠とすることは甚だしい筋違いである。
・・・・・

宮崎裕子さん 
(こちらにもリストアップされています:裁判官メモ:疑問を感じる判断をした方の名前 )
ふるさと納税訴訟 大阪 泉佐野市勝訴 市除外を取り消し 最高裁
NHK 2020年6月30日

最高裁判所第3小法廷の宮崎裕子裁判長は「総務省がふるさと納税制度の指定を受けられる基準を定めた告示は、法律改正前に著しく多額の寄付金を集めたことを理由に指定を受けられなくするものといえる。法律の条文や立法過程の議論を考慮しても、総務大臣にこのような趣旨の基準を定めることが委ねられているとはいえず、告示のうち、過去の募集状況を問題とした部分は違法で無効だ」と指摘しました。

小川理津子さん
NHK映らない加工テレビ 「受信契約義務なし」 東京地裁判決
毎日新聞 2020年6月26日

 NHKは、電波を増幅するブースターを取り付けたり、工具を使って復元したりすれば、放送を受信できると主張したが、小川理津子裁判長は「ブースターがなければ映らないのであれば契約義務はない。自分で加工をしたわけではなく、専門知識のない女性に復元は困難だ」と退けた。

岡部豪さん
「違法な検査」と無罪判決 覚醒剤密輸事件で千葉地裁
産経新聞 2020.6.20

千葉地裁(岡部豪裁判長)は、「同意も令状もなく手荷物の解体検査をしており、税関の検査には重大な違法性がある」として無罪判決を言い渡した。
 判決によると、男性は税関でスーツケースを解体して検査する同意書への署名を拒否。税関職員は同意や令状のないままカッターなどで破壊し中から覚醒剤を見つけた。
 判決理由で岡部裁判長は「解体検査は旅客の被る不利益が極めて大きく、特段の事情がない限り同意も令状もなく行うことは許容されない」と指摘。今回の検査に特段の事情はなく、違法な検査で得られた覚醒剤の証拠能力は否定すべきだとした。

小川秀樹さん
君が代で起立せず停職 元教職員の処分取り消す判決 東京高裁
NHK 2020年3月25日

「積極的に式典を妨害したわけではなく、君が代を斉唱する際に起立しなかったという消極的な行為で、処分とのバランスを著しく欠き、裁量権を逸脱して違法だ」と指摘して、1審とは逆に懲戒処分を取り消しました。

森一岳さん
「活断層調査は不十分」「阿蘇山噴火も考慮を」伊方原発差し止め、逆転決定 広島高裁
毎日新聞 2020年1月17日

決定で森一岳裁判長は、四電が十分な調査をせずに、活断層が敷地沿岸部に存在しないと判断し、必要な地震の揺れの評価もしていなかったと指摘。四電が申請した安全審査を原子力規制委が合格と判断した点について「過程に過誤ないし欠落があったといわざるを得ない」と断じた。また、破局的噴火でなくても、四電が想定する噴出量の3~5倍が見込まれ、この過小な想定を前提にした原子炉設置変更許可申請を問題ないと判断した規制委の判断は不合理だと結論付けた。

中本敏嗣さん
「森友学園」情報開示訴訟 市議側が全面勝訴 値引き根拠示さぬ国「違法」 大阪高裁
毎日新聞2019年12月17日

一部を適法とした1審判決を変更し、全額の賠償を命じた。国が値引きの根拠を非開示にしたことを1審は適法と判断したが、中本敏嗣裁判長は違法と指摘。「値引きの根拠は売却価格と同様に、公表すべき重要な情報だ」として、市議側の主張を全面的に認めた。

内藤裕之さん
調理師死亡は「過労が原因」 大阪地裁が認定 ミシュラン掲載店に勤務
毎日新聞 2019年5月15日

フランス料理店で働いていた男性調理師がウイルス性の心疾患で死亡したのは、過重労働が原因だとして、男性の妻が遺族補償年金などを不支給とした国の処分を取り消すよう求めた訴訟の判決で、大阪地裁は15日、取り消しを命じた。内藤裕之裁判長は、男性の時間外労働が月250時間に達していたと認定し、「過労で免疫に異常が生じた」として死亡との因果関係を認めた。

「業務と感染症の因果関係が不明」などとする国の主張を退けた。

三輪方大(まさひろ)さん
1型糖尿病「障害基礎年金の打ち切りは違法」 患者9人が全面勝訴 大阪地裁
毎日新聞2019年4月11日

幼少期に発症することが多い「1型糖尿病」の患者9人が、理由を明示されずに障害基礎年金を打ち切られたとして、国に処分の取り消しを求めた訴訟の判決で、大阪地裁は11日、患者側の主張を全面的に認め、全員の処分取り消しを命じた。

野山宏さん
「民間企業への威嚇」認定 国に530万円賠償命令
2019/4/10 朝日新聞

会社の元社長が、仕事とは無関係の市民活動を理由に国土交通省の幹部から「公共事業の発注を中止する」と脅され、取締役辞任に追い込まれたなどとして、国に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が10日、東京高裁であった。野山宏裁判長は、「民間企業への威嚇」だと判断し、請求を棄却した一審・東京地裁判決を変更し、国に約530万円の賠償を命じた。

判決は、国交省幹部の対応を「民間企業の経営や個人の進退に対する、法律に基づかない介入」だと指摘。「請願権」を保障した憲法16条にも違反するとして、男性が受け取れたはずの役員報酬などの賠償を命じた。

平山馨さん
目取真さん拘束、国に賠償命じる 那覇地裁、辺野古抗議の逮捕違法
2019/3/19 共同通信

 平山馨裁判長は、国内の捜査機関は米軍から速やかに容疑者の身柄を引き取る必要があるとし、米軍は今回、身柄拘束から3分後には海保側に通知していたと指摘。「引き取りが遅れたことに合理的な理由はない。緊急逮捕も、注意義務違反があるため違法だ」と述べた。

金沢秀樹さん
奨学金で生活保護減額は違法=「収入認定検討せず」賠償命令―福島地裁
時事 2018/1/16(火)

 福島市が奨学金を収入と認定し、生活保護費を減額されたことで精神的苦痛を受けたとして、市内の30代女性と高校生の長女が市に計100万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が福島地裁であった。 金沢秀樹裁判長は、処分は違法として、母娘に各5万円を支払うよう命じた。…
 金沢裁判長は「市は奨学金が収入認定除外の対象となるかどうか検討しておらず、裁量権を逸脱し違法」と指摘。「母親は経済的に深刻な不安を抱き、長女は努力して獲得した奨学金を事実上没収された」として、いずれも精神的損害を認めた。 

森鍵一さん
車の通行を2時間以上制止… 県警側の違法性を認定
 高江ヘリパッド抗議で那覇地裁
沖縄タイムス 2018年1月16日

2016年11月に、ヘリパッド建設が進む沖縄県東村高江周辺の県道で、沖縄県警の指揮下にあった警察官に違法に車両の通行を2時間以上制止されたなどとして、建設反対の市民を支援する弁護士が県に国家賠償法に基づく損害賠償を求めた訴訟で、那覇地裁(森鍵一裁判長)は16日、県警側の対応の違法性を認め、県に30万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

「県警指揮下にあった警官が実施した留め置きやビデオ撮影は、原告の自由を制約するものであり、警察官職務執行法や警察法によっても正当化できるものではない」

野々上友之さん
<伊方運転差し止め>広島高裁の野々上裁判長、今月退官へ
毎日新聞 2017/12/13

伊方原発3号機の運転差し止めを求めた仮処分申請の即時抗告審で、申し立てを却下した今年3月の広島地裁の判断を取り消し、四電に運転差し止めを命じる決定を出した。

 広島地裁判事だった09年、救護などに携わった「3号被爆者」が被爆者手帳交付を求めた集団訴訟を担当。広島市の漫然とした事務を批判し、市による交付申請の却下処分を取り消して原告全面勝訴を言い渡している。

岡田治さん
生活保護打ち切りに「違法」判決 津地裁 
朝日新聞 2017年11月21日 

 十分な検討をせず一方的に生活保護を打ち切ったとして、30代女性が市に慰謝料など220万円の支払いを求めた訴訟の判決が20日、津地裁であった。岡田治裁判長は「市が調査を尽くしたとは認められない」と述べ、市の打ち切り処分を違法と認め、市に5万5千円の支払いを命じた。

都築政則さん
警視庁の職務質問「違法」、都に賠償命令 東京地裁
日本経済新聞 2013/5/28

警視庁の違法捜査で精神的苦痛を受けたなどとして、男性会社員が東京都などに約200万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁(都築政則裁判長)は28日、男性への職務質問を違法と認め、都に5万円の支払いを命じた。…
都築裁判長は「男性に異常な挙動など犯罪を疑う理由はない」とし、職務質問と所持品検査を違法と判断した。その後の任意同行や指紋採取は「当時、男性が承諾していた」として適法とした。


裁判官メモ:疑問を感じる判断をした方の名前 (随時更新)
司法 | コメント(0) | トラックバック(0)

自粛と恥

2020/06/26 Fri 11:12

自粛要請が終了したらすぐ自粛しなくなる人は
自粛していたのではなく圧力に屈していただけ、
自粛警察なみに恥ずかしい。

 
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
マイナンバーは今からでも廃止すべきだと思います。

情報は得た者が好きなように解釈できます。
善悪入り混じった政治家らに
大量の情報を与えるのは危険極まりないです。

マイナンバー、運転免許証と一体化検討
 学校健診結果管理も 作業部会初会合
毎日新聞2020年6月23日
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
お金儲けしていると、働いている気分になれる人が
多いのは、教育の失敗だと思います。
義務教育期間中に必ず伝えるべきことだと思います。
お金儲けと仕事や働くということは全く関係ありません。

お金儲けだけしている人を沢山見かけます。
すごく忙しそうにも見えます。
悲しいかぎりです。
 

教育 | コメント(0) | トラックバック(0)

勝利の必要性

2020/06/15 Mon 07:48

勝たなければ楽しくない。
勝たなければだめ。
そんな敗者に依存した社会は楽しめない。

 
倫理 | コメント(0) | トラックバック(0)
分からないものを勝手に想像して物事を考えてはいけない。
分からないものは分からないまま考えるのが大事なのです。

 
教育 | コメント(0) | トラックバック(0)

力技を使う時は慎重に

2020/06/09 Tue 11:27

力技でやりきれることはよくあります。
しかし、立ち向かわれた時は地獄を見ること、
よく覚えておいて欲しいです。

絶対に引き返さないという決意は、受けて立った方がより大きいのです。


倫理 | コメント(0) | トラックバック(0)

<私の認識>政党

2020/06/04 Thu 22:39

自民党よりましだと思う政党:
 共産党、れいわ、社民、、、

自民党なみだと思う政党:
 立憲民主党、国民民主党、公明党、、、

自民党よりひどいと思う政党:
 維新、N国、幸福実現党、、、

私は大体こういう認識です。
 
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
「隠れて何かしているのではないだろうか。」という勘ぐりは
どのような政府にでも持たなくてはいけない気持ちなの
だろうとは思いますが、本当にストレスです。
安倍政権は、その点きっと隠れて何かしていると素直に思えるので

ある意味、良心的かも知れません。
その結果は悪意に満ちていますが…。

いつの間にか国会で審議中、福祉の責任を住民に押し付ける法案の罠
みわよしこさん:フリーランス・ライター
2020.5.29 ダイヤモンドオンライン

「今回の改正案では、『地域福祉の推進は地域共生社会の実現を目指して行われなければならない』という条文が新設されています。住民の主体的な相互扶助を重視する地域共生社会が、住民の主体性をさらに要求するでしょうね」
 今回のコロナ禍で「自粛」や「休業」の要請に従った多数の人々や、従わない事業者を告発する「自粛警察」となった人々の姿を思い浮かべてしまう。地域福祉においても、何かフックがあれば、同様の動きが容易に起こりそうだ。
・・・・・
「現在、すでに地域福祉で主体的に頑張るのは住民であり、国や自治体は応援する形なのですが、それが強化されます。思いやりや優しさ、支え合いを中心にした福祉教育が展開されるのは、その動きを支えるためでしょう」
・・・・・
「今回の法案は、善意ある住民が、『あなたが地域福祉の主人公』とおだてられ、社会福祉の不十分さを丸ごと抱え込み、国の負うべき責任を『我が事』として、相互扶助にいそしむという倒錯を起こす方向性を含んでいます。これは、住民主体の罠というべきでしょう。国の責任のもとに十分な社会福祉があってこそ、住民の主体性はいかんなく発揮されるのです。決して、その逆ではありません」
・・・・・
 特に生活保護業務においては、福祉事務所で実務に当たる担当者の知識や背景が、生活保護を必要とする人々の生命や健康や生活に対して大きな影響を与える場合がある。資格または教育歴には、医療行為に医師免許や看護師免許などが必要であるのと同等の重み、高校までの教職に教員免許が必要であること以上の重みがあるはずだ。しかし、その重みを受け止めている自治体は多くない。
・・・・・
ともあれ、日本の一般市民の大多数が実態を知らない間に、重大な地殻変動が粛々と進みつづけている。野党の障害福祉3法案が審議されないまま廃案になる可能性も含めて、せめて「隠れて何をやってるの?」という関心を捨てずにいる必要がありそうだ。
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |