FC2ブログ
マスクにアレルギーがあってマスク出来ない人がいます。
呼吸が出来なくなるのです。
マスクの強制、強要はやめて欲しいです。


#COVID-19
#新型コロナウイルス
#医師会
#感染症対策
医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)
沢山の人が働けなくなる、
正確にはお金儲けできなくなる今のような状態は、
今後も色々な原因で頻繁に発生すると思います。
多くの人がこれらのことを理解した今、

今ほどベーシックインカムの議論を始める好機はないのではないでしょうか。

全員に生きる為の必要最低限のお金を無条件で配ってしまおう
というのが、ベーシックインカムの考え方です。
現在ベーシックインカムには大まかに2つの考え方があります。
一つは実施してほぼ全ての社会福祉を打ち切る。

もう一つは実施してもこれまでどうり社会福祉は続けるというものです。
私が支持しているのは勿論後者です。
社会福祉がベーシックインカムのみで乗り切れるわけがないと思います。
財源等を心配なされる方もいると思います。

しかし、十分な生産さえきちんと出来ていれば、財源はなんとでもなります。
後は税による所得の再分配をきちんとすればいいだけです。
こういう考え方もあります。
お金は所詮道具であって、それ自体には何の価値もないので

幾らでも中央銀行等から発行できます。

ベーシックインカムよくある疑問まとめ

今本当に人に必要な仕事は何なのか、
人生とはどうあるべきかを考えるいい時季に来ていると思います。
 

経済 | コメント(0) | トラックバック(0)

普通の風邪扱いでいい?

2020/04/20 Mon 23:19

私はこの新型コロナウイルス感染症は、
普通の風邪扱いでいいと思っています。
この新型の症状を甘く見ているのではなく、
風邪の症状を元々深刻に捉えていたからです。

色々なきっかけが重なれば肺炎は簡単に起こりますし、
そうなると命を落とす人も少なくない。
治り際も注意すべきで、人によくうつすし、ぶり返しやすい。
これが私の風邪に対するイメージです。

風邪をひいているのに症状があまり出ていないからと動き回る
人にはいつも本当に不思議でしたし悲しく思っていました。
「風邪は肺炎を引き起こしやすい、肺炎を起こせば命にかかわる。」
このことは今回の騒動が収まっても忘れないでいてほしいです。

少しでも風邪を感じたら、休んで下さい。



新型コロナ感染症の労災申請は積極的に
/労基署に「労災は無理」と言われたら相談を
https://koshc.jp/2020/03/27/korona-rosai/
医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)
沢山検査したら医療崩壊が起こるって、
検査できない時点で医療崩壊だと思うのですが…。

これは政権の方々の責任なのです。
年末から今まで4か月ほどありました。
何もしなかった責任は重く、
内閣総辞職も考えて頂きたいです。
 
- コロナ禍で住まいを失う人が相談できる窓口紹介(東京)随時更新中 -
医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)

緊急事態宣言には反対です

2020/04/15 Wed 00:56

緊急事態宣言には反対です。
どこまで気をつけるかは一人一人の判断に任せるべきです。
それを全力で保障するのが政府の仕事だと思います。
先ずは現金給付だと思います、最低でも一人10万円。

これを終息するまで毎月つづけるべきです。


新型コロナウイルス感染症について   2020/03/09
要請に応じる応じないは自由です   2020/03/25
経済 | コメント(0) | トラックバック(0)
正しさや誤り、間違いなどという
ものさしは持ち合わせていない。
誰かや何かの正しさで
私を納得させることはできない。
 
畢竟、それらでは誰も納得させられない。

倫理 | コメント(0) | トラックバック(0)
ベーシックインカムには2つの考え方があると思います。
一つは実施してほぼ全ての社会福祉を打ち切る。
一つは実施してもこれまでどうり社会福祉は続ける。
私が支持しているのは勿論後者です。

社会福祉がベーシックインカムのみで乗り切れるわけがありません。

経済 | コメント(0) | トラックバック(0)
裁判では彼の主張は一貫していたと思います。
彼の信条、彼の正義を実現したこの事件で
彼を死刑にするのは情状的に疑問を感じます。
社会的にも彼を亡くすのは大きな損失だと思います。

やまゆり園の入所者と同じように
彼も尊いこと忘れてはいけないと思います。

「酌量の余地全くない」 植松被告に死刑判決、横浜地裁
神奈川新聞  2020年03月17日

 知的障害者施設「津久井やまゆり園」で入所者と職員計45人が殺傷された事件で、殺人などの罪に問われた元職員植松聖被告の裁判員裁判の判決公判が16日、横浜地裁であった。青沼潔裁判長は被告の完全責任能力を認めた上で、「計画的かつ強烈な殺意に貫かれた犯行。酌量の余地は全くなく、厳しい非難は免れない」として、求刑通り死刑を言い渡した。・・・・・


・植松聖被告への手紙 この死刑判決に社会的正義はあるのか?
・裁判員は遺族と世間の代理人? 忘れられた「修復的司法」
 みわよしこさん
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |