FC2ブログ
生活保護利用者の「自立」について、
大切なことが語られていると思います。
一部紹介させて下さい。

私は自分でお金儲けすることについては、一番どうでもよいことだと思っています。

車椅子の歌姫が生活保護に支えられて掴んだ「自立」とは
2018年9月14日 みわよしこさん

・・・・・
稼いでいれば“自立”している?
貧困な自立観は誰も幸せにしない
・・・・・
 “自立”とは、「1人の人間として、その存在を認められること」であり、守られるべき者でも救世主でもない自分の人生において「あらゆる事柄を選択」し、自分なりに生きることだ。
・・・・・
 生活保護の現場には、「死亡自立」という隠語がある。「生活保護を使用しなくなることが自立」とする考え方への皮肉でもある。
・・・・・
あらゆる人の多様な“自立”観は、生活保護制度が始まって以来、何回も公的に認められ確認されている。しかし現在、制度運用に公的に反映されているとは考えにくい。
・・・・・
「そこに、『自立支援』という政策の根本的な問題点があります。そもそも、誰が『自立』を決めるのでしょうか? 現在は、そこに答えないまま、行政機関や支援者が“なし崩し”に、その人の『自立』を決めています」
・・・・・
「自立に向き合うならば、生活保護を受けている人が『(自分の財布と相談しながら)したいことをする』ことをどのように保障できるかから、スタートすべきです。おそらく、『税金で生活しているのに、偉そうなことを言うな』という声があるでしょう。でもそんな、誰かを封じ込める言葉で思考停止してしまわずに、『何のお金で生活していようが人には侵されてはならない領域がある』ことを考えてほしいと思います。
 また、たまたま生活保護を利用していないだけで“自立”している気になっている私たちの側のおかしさも、同時に考えてほしいです」
・・・・・

全国で審査請求呼び掛け=生活保護減額で―弁護士ら支援団体
2018/9/14 時事通信
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
大量のエネルギー消費、深刻な環境破壊、
私はリニアモーターカーの建設には反対です。

9兆円をつぎ込む「陸のコンコルド」、リニア新幹線の真実
日経ビジネス 2018年8月20日号

・・・・・
 リニアは静岡県北部の山中を11kmにわたってトンネルで貫く。大井川の水源を横切るため、毎秒2トンの水量が減少するという。水道水として62万人が利用しているが、毎年のように水不足に悩まされ、昨年も渇水で90日近く取水制限をした。
・・・・・
「南アルプスをトンネルで貫通するが、そこには中央構造線断層帯や多くの活断層が走っている。ここに時速500kmの列車を走らせるべきではない」
・・・・・
「リニアはコンコルドと同じ」。コンコルドはスピードばかりを追求したが、コストが高く、騒音や排気ガスをまき散らした。赤字続きで技術改良もままならず、事故を起こして廃止された。
・・・・・
リニアの開発を日本と競っていたドイツは、中国・上海でリニア鉄道を実現しながら、08年に国がリニア撤退を決めた。コストが予定額を大きく超えることが分かったからだ。
・・・・・
 「歴代のリニア開発のトップと付き合ってきたが、みんな『リニアはダメだ』って言うんだ。やろうと言うのは、みんな事務屋なんだよ」。高価なヘリウムを使い、大量の電力を消費する。トンネルを時速500kmで飛ばすと、ボルト一つ外れても大惨事になる。
・・・・・
 5月中旬、都内の区民プラザの壇上に6人の社員が登壇した。住民は1人につき質問3つまで。しかも、3問を続けて述べるよう迫られ、終わるとマイクを取り上げられる。すると、社員が「慎重に進めてまいります」「モニタリングします」などと具体性を欠く回答を続け、住民をいら立たせる。
 「おい、答えになってないじゃないか」「質問に1つずつ答えないと、対話にならない」とヤジや怒号が飛び交う。
 すると司会の若手社員が会場をにらみつけながら「ご静粛に」と大音量のマイクで繰り返す。最後は、「時間が過ぎている」として説明会を打ち切る。
・・・・・
「まるで麻薬漬け。地域の自然がJR東海にしゃぶり尽くされている」
・・・・・
 すべてを闇の中でひた隠しにしながら、リニア計画を推し進めるJR東海。そして、膨張するコストと矛盾は、制御不能な域に達しようとしている。
・・・・・
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |