私が疑問を感じる判断をした裁判官の名前を此処に記録していこうと思います。
随時更新していきます。

立川毅さん
玄海原発差し止め仮処分却下 佐賀地裁   2017/6/13佐賀新聞
原子力規制委員会の新規制基準について「合理性がある」と判断した。

久保井恵子さん
伊方原発3号機の運転差し止め申し立て却下 松山地裁  7/21(金) 朝日新聞
原子力規制委員会の新規制基準や四電の安全対策に「不合理な点はない」とした。
司法 | コメント(0) | トラックバック(0)
高校2年生の方のエッセイです。
素晴らしいです。転載します。是非読んでみて下さい。
今の社会情勢を考えると、審査員の方々にも敬意を表したいです。

第十二回高校生福祉文化賞エッセイコンテスト 
第4分野 社会の中の「どうして?」

 最優秀賞 「永遠にゼロ」


 多くが「感動した」と言う。私はすっきりしない。本のタイトルは『永遠の0』。
 「急降下の直前、三人の搭乗員は私に向かって笑顔で敬礼しました」「彼らの笑顔はすがすがしいものでした。死にいく人間の顔とは思えませんでした」(『永遠の0』/百田尚樹)。私は瞬間的にその後のことを想像した。極限の恐怖ってどんな感覚なのだろう。遺体は無残で、海をさまよったのではないか。敵艦にも死者がいただろうに。家族や生き残った仲間はその死をどんな思いで受け止め、どのような葛藤のなかで生活してきたのか・・・だが、この本にはわずかな記述しかない。
 特攻隊員の遺書を三○編ほど読んだ。圧倒的に両親や家族に心を寄せている。「お父さん、お母さん、大変お世話になりました。もう思い残すことはありません」(『知覧特別攻撃隊』/村永薫編)。胸がつまり、涙があふれた。ただ、本当にそうなのだろうかと、悩んだ。
 「そんな時代だった」のである。でも、「そんな時代にしてはならない」と私は思う。
 『永遠の0』。「ゼロ」は、「絶対的」という意味であろうと、私は理解する。すなわち、大日本帝国が誇った零戦の「ゼロ」に音を重ね、米軍戦艦に「十死零生」(絶対に死ぬという意味)で体当たりした特攻隊の方々の(絶対的な)無償の愛をテーマにしたのだと思う。
 本はよく売れ、映画もヒットした。私はその状況と、ヘイトスピーチなどの排外的社会現象や集団的自衛権をめぐる政治は無関係ではないと思う。現代社会は戦後六九年にして、凄惨な死を忘れ、単純で美しいものにあこがれているのかもしれない。であるなら、現在はもはや戦後ではなく、すでに「戦前」ではないだろうか。
 太平洋戦争におけるアジア各国への加害も含め、亡くなった尊い命の犠牲の上に、私たちは平和憲法を手にし、現在の日常が成り立っている。
 「戦争を永久に放棄する」。私はこの永遠の誓いに勇気づけられ、誇りを感じる。しかし今、私たちがこれを放棄するなら、あの尊い命の犠牲は「永遠にゼロ」となろう。


2015/02/26記
ニュース | コメント(2) | トラックバック(1)
暇と孤独が道を示してくれる。
忙しさに甘えて怠惰な生活を送る、悲しいかぎりです。


2015/03/03記


倫理 | コメント(0) | トラックバック(0)
ヒトラーのTシャツが話題になっていますが、私は着たければ着てもいいと思います。
彼を肯定する思想すら許すべきだと思っています。
内心の自由、表現の自由とはそれだけの覚悟のいるものだと思います。
そのリスクを取っても有り余るほどの利益があると、私は確信しています。
 
その他 | コメント(2) | トラックバック(0)
人権を制限している国ほどテロが多い。
人権を制限されるんだから、心に余裕がなくなれば、
無差別に暴れるしかなくなる。
最近の日本の政策は、貧困の放置、秘密保護法から

戦争法制、共謀罪と、人権を制限してばかりです。
日本は今大変危険な状況だと思います。
 
戦争 | コメント(3) | トラックバック(0)

怠け続けることは難しい

2017/07/10 Mon 07:43

怠けるというのは怠けていない人には容易ですが、
怠け続けている人にはそんなに容易ではない。
怠け三昧、これが出来る人は本当に優れている人です。
みんなで供養すべき人です。


なまけ三昧   2015/05/28
倫理 | コメント(4) | トラックバック(0)
東京は今からでもオリンピックを返上すべきだと思います。
今の日本にそんな余裕があるとはとても思えません。
メダルに強くこだわる姿勢も強い違和感を覚えます。

オリンピックはいつからそんなにエラくなったの? 有森裕子さん
2017.6.17 久米宏 ラジオなんですけど

・・・・・
「アスリートファースト」という言葉には違和感をあると言います。社会で人々が平和に楽しく暮らしていくための手段として、芸術、文化、ものづくりなどいろいろな手段があってスポーツもその一つ。オリンピックも社会を幸せにするための手段の一つなのです。それなのに、社会に優先して「アスリートファースト」だというのはおかしい。
・・・・・
今のオリンピックの考え方、物言い、進め方はあまりにも傲慢で、社会の感覚とずれている。本当は「社会ファースト」であるべきだというのです。「元々は東日本大震災からの復興という思いからオリンピックを招致したのに、ふたを開けてみたら全然違うものになっていました。今はどこみているんだろう? 2020年に何をやろうとしているだろう? という不安を感じます。
・・・・・
番組で「東京オリンピック・パラリンピック、今からでも返上すべき?」というテーマでリスナー国民投票を実施したところ、「返上すべき」というご意見が圧倒的多数!
・・・・・・
みなさんもオリンピックをめぐるお金の感覚や物事の進め方に、もっともっと、興味を持っていただきたい。東京だけではなく全国にしわ寄せがいきますから。
・・・・・

東京は何処かの都市に2000億円ほど支払いオリンピックを代わりにしてもらえばいい
2016/11/11
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME |