FC2ブログ
イスラム国の何処が良くないのか、知っているのなら同じことをしてはいけないと思います。

首を切り落とす映像、残忍です。
しかし、爆弾で手足が吹っ飛ばされたり、内臓がはみ出したりしながら
数分から数時間生きなけらばならない人がアメリカなどの攻撃では生じます。
同じように残忍なことです。それを大規模に行う。

大きな恨みを買うのはどちらなのか、言うまでもないと思います。

オバマ大統領、シリア空爆を承認 イスラム国打倒に向け包括戦略
2014/09/11 共同通信
ニュース | コメント(0) | トラックバック(1)
いつまでも高コストの原発にしがみついて、
電気代は高騰の一方の電力会社を誰が頼りにするのでしょうか。
関西電力の森会長・八木社長ら役員は全員責任を取って辞職すべきだと思います。

関西電力離れ、前年の2倍 企業や自治体、新電力に
2014/09/06 共同通信



-原発関連デモ集会情報-    
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
自体の大きな好転が感じられず残念です。
ただ、これらの問題に係わろう、関心を持とうとしている方は
最近増えてきているような気がします。
みんなでやさしい社会にしたいです。

1人で行ったら7割が制度利用にいたらず?
大西連 | NPO法人自立生活サポートセンター・もやい
2014年9月16日

・・・・・
相談者で過去に生活保護などの公的支援を利用していたことがあるが、相談時に継続していなかった人は34.2%でした。
また、それらの支援が継続しなかった理由で最も多かったのは「失踪・辞退」でしたが、これらは、公的な機関の調査や分析では、残念ながら、「勝手にいなくなった」「自分の判断で出ていった」とみなされてしまいがちなものです。
 しかし、その理由を見てみると、「シェルターの環境が悪くて逃げた」「施設のなかでいじめられてつらかった」「仕事がみつからず自暴自棄になった」などの、必ずしも本人に責任がある身勝手な「失踪・辞退」とは言えないようなものが大半でした。
・・・・・
 「もやいに相談に来る前に福祉事務所を訪れた際の対応」を見ると、生活保護などの制度利用にいたった人が10.2%、本人の意思で帰った人が4.4%、制度要件を満たさなかった人が11.7%、そして、相談したものの制度利用にいたらなかった(水際作戦・誤誘導・貸付斡旋など)人が73.7%を占めることが明らかになりました。
 生活困窮して、やっとの思いで福祉事務所(公的制度の窓口)を訪れても、誤った説明をされたり、うまく自分の状況を伝えられなかったり。
 結果として7割以上の人が、本来は公的制度を利用できる状況にあるにも関わらず、利用にいたらず、もやいに相談におとずれていました。
・・・・・
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
今の社会、放射能を気にしない自由は大きく認められているのに、
気にする自由は余り認められていない。
本来はどちらも尊重されるべきもの、政府の罪は重いと思います。

震災避難者二極化:疎外感抱える人も… 宮崎で支援の動き
毎日新聞 2014年09月15日

 東日本大震災と福島第1原発事故から3年半が経過した。被災地だけでなく、首都圏などから自主避難してきた人たちが今も各地で避難生活を続ける。だが中には、避難先の住民と放射能不安について意識のギャップを感じ、疎外感を抱える人も少なくない。宮崎の支援団体は「地域に定着できた人と、周囲になじめず生活環境が悪化する人に二極化しつつある」と指摘し、避難者への戸別訪問など孤立を防ぐ活動を始めた。
・・・・・
「神経質すぎる」。インターネットで知り合った母子避難者を頼りに宮崎に落ち着くまで周囲からそう思われるのを恐れ、移住の理由を「田舎暮らしに憧れて」とうそをついた。
・・・・・
避難者との間でさえ距離を感じるようになった。「今の場所でやりたいことを探したら?」「(放射能を)気にしすぎないことも大事」。気遣ってくれる周囲の言葉も苦痛だ。熟睡できない夜もある。一方で東京には怖くて戻れない。
・・・・・
 また周囲に自分を避難者と伝えているかとの質問に31人が「伝える」と答えたが、44人は「伝えない」「状況により伝える」を選び、避難者と名乗るのをためらうケースがあることをうかがわせた。
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
これも大きな問題だと思います。
先生や子どもに与える悪影響、無視できるものではないと思います。

しかし、この問題は100%政治の問題です。
政治家が本気になればすぐに解決できる問題です。
議員の方々には仕事をしていただきたいです。

是非リンク先で全文読んでみて欲しいです。

生活保護受ける教師も… ブラック化する学校
週刊東洋経済 2014/9/16

・・・・・
教師としてのスキルアップを図るための研修もなく、修学旅行の下見に行ったが本番は行けなかったり、職員会議に参加できなかったり。非正規ゆえに腰も落ち着かない。
・・・・・
 チームワークが求められる学校で、教師同士の分断も起きがちだ。「自分も経験があるのでわかるが、非常勤の先生はおカネがないから忘年会に誘いづらい。彼らは大抵3~4校を掛け持ちし、夜はコンビニでバイトしている人もいる」。
・・・・・
 老いも若きも学校の先生は簡単に安く使い捨てられる。そんな時代が本格的にやってこようとしている。
・・・・・
「時給1210円、1日5時間勤務のため、年収は80万円にしかならず生活保護を受けている」
・・・・・
時間単位の細切れで働く非常勤講師の時給には教材研究やテスト作りなどの分の給料は含まれない。県が雇うと時給2500円だが、市だと1000円台。そんな非常勤講師間の格差まで存在する。だが、こうした実情は世間にほとんど知られない。
・・・・・
だが、埼玉県の小中学校だけで約5000人の非正規教師が働く。彼らが授ける教育の質が低いというなら、なぜこれほどの規模の教師を非正規という形で教壇に立たせるのか。その見識が今、あらためて問われている。
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
井戸川さん立候補するそうです。

<福島知事選>前双葉町長が無所属で出馬へ
毎日新聞 9月16日

 任期満了に伴う福島県知事選に、前福島県双葉町長の井戸川克隆氏が16日、無所属で立候補すると表明した。井戸川氏は双葉町長を2013年まで2期務め、同町に立地する東京電力福島第1原発の事故後の対応をした。
・・・・・
井戸川氏は16日の記者会見で、原発事故を巡る県の対応について「情報の適切な伝達がされず、非常に残念だった」と批判、「本当のことをしゃべる候補者がいないと思い(立候補を)決断した」と語った。県外の原発について「多くの被害者がいるにもかかわらず、再稼働するのは信じられない」と述べ、原発再稼働反対を訴えるという。
・・・・・
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
きちんと気づいている人達が沢山います。
まだまだ絶望には程遠いことも忘れないでいたいです。

安倍政権とメディア 戦前そっくりになってきた
2014年9月14日 田中龍作ジャーナル

・・・・・
 「讀賣、産経の特ダネは読むと官邸から流されていることが分かる。特ダネは取るものではなく、もらうものになった」。
・・・・・
 「政権を明確に支持する新聞がこれだけ出てきたのは初めて」と岸井氏は憂う。「政権に批判的なのが朝日、毎日、東京。その一角の朝日が(誤報問題で)バッシングを浴びている」。
・・・・・
 マスコミとタカ派政権が手を握った時、国家は一気に戦争への道を突き進む。昭和初期の歴史を見れば言うまでもない。

「官邸に連絡します」 権力と一体化するマスコミ     2014年7月8日
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
原発と言うものは、危険なだけではなく、コストがかかるものなのです。
これを続けようとするものに悪意が無い訳がありません。

原発電力は風力より高い、米試算 太陽光発電と同レベル
2014年9月16日 中日新聞

 原発の発電コストは世界的には1キロワット時当たり平均14セント(約15円)で太陽光発電とほぼ同レベル、陸上風力発電や高効率天然ガス発電の8・2セントに比べてかなり高いとの試算を、エネルギー問題の調査機関として実績のある米国企業系「ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンス」(BNEF)が16日までにまとめた。
 東京電力福島第1原発事故後の安全規制強化もあって建設費や維持管理にかかる人件費などが世界的に高騰していることが主な理由。再生可能エネルギーのコストの低下が続く中、原子力の優位性が薄れていることを印象付ける結果となった。

-原発関連デモ集会情報-
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
いい参考になると思います。

「自分の身は自分で守る」ブラック企業に対抗するための「実践的な労働法教育」とは?
弁護士ドットコム2014年09月15日

・・・・・
「違法な労働状態を社員に受け入れさせる手法を考え抜くことは、企業にとって経営戦略の一部となっている」
・・・・・
「大手の企業であっても、社員を違法に働かせて使いつぶすというやり方は新興企業を中心に増えています。『たまにひどい企業にあたる』というレベルではなく、もはや全般化しています」
・・・・・
『頑張れば給料が上がって報われる』『訴訟なんか起こして波風立てないほうがいい』という認識が、親・教育者・そして労働者自身にあり、実践的なノウハウを教える労働法教育は不要・邪魔という暗黙の合意があった
・・・・・
企業の中にも悪い企業があり、企業とそこで働く人の利害関係は必ずしも一致しないと認識することです。なんかおかしいな、理不尽だなと感じたら、『会社側がおかしいかもしれない』というマインドを持てるかどうかが、非常に大切です。
・・・・・
とにかく記録を取るということです。記録を取っていなければ、企業と争う場合にきわめて不利な状況になる。記録があれば、労災保険がおりて医療費が全額無料になりますし、給料が8割補償されます。さらに、会社があなたを解雇することができなくなります。記録の有無は自分や家族の運命を分けるような、とてつもなく大事な問題です。
・・・・・

テキスト『今すぐ使える!労働法教育ガイドブック』
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
特にお菓子ですが、食べ物を余らせて困っている宗教施設は多いと思います。
定期的に色々な宗教施設に托鉢のように向かうのが良いと思います。
仏教では施者と受者の功徳は変わらないと聞きます。
素晴らしい助け合いだと思います。

お供えで母子家庭支援 奈良の脱サラ僧侶3人衆
2014/9/15 日本経済新聞


ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
ワタミのような経営をする会社が増えてきて、
ワタミにすら行けなくなってきている人が増えているのだと思います。
日本の貧困問題は今本当に深刻です。

安さ売りにした居酒屋、不振が際立つ 代表格「和民」は来客数が大幅減少
2014年9月15日 Jcastニュース
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
此処まで来ると、もう深刻な人権問題です。
安倍政権による人権抑圧が深刻になるばかりです。
日本からほとんどの自由が消えるのも時間の問題かも知れません。
国民の自由が消えて、国に自由が残るのです。

本当に恐ろしいことです。
隣国を見ればよく理解できると思います。

辺野古沖 海保暴挙に市民怒り 「令状主義違反」指摘も
2014年9月14日 琉球新報

新基地建設が強行される名護市辺野古沖で13日、工事区域を示す浮具(フロート)の外側で延べ12人以上が拘束された。海上保安庁はこの日「フロートから300メートル以内に近づくな」と市民らに警告し、フロートから離れた場所で次々と拘束した。その際、首を押さえたり、抗議船の鍵を取り上げるなど強引だった。市民らは「これだけ批判されても暴力的な態度や高圧的な言葉遣いをやめようとしない」などと怒りの声を上げた。・・・・・・
・・・・・
カヌー隊の女性はスパット台船上の作業員に工事中止を呼び掛ける文言を書いた看板を掲げていたところ拘束された。「前に進んでもいないのになぜ排除するのか」と不信感をあらわにした。
・・・・・
 保安官がフロートの外側で拘束する際、「犯罪を未然に防ぐため」と述べていたことについて、池宮城紀夫弁護士は「憲法や刑事訴訟法の令状主義に違反する予防拘禁に当たる」と説明。「憲法に保障される表現行為を犯罪扱いすることは、海上保安庁の職権乱用だ」と批判した。 

海保、辺野古抗議の5人拘束し顔撮影      2014年9月13日
・・・・・
 このうち1人の女性は拘束後、名前を聞かれて答えなかったところ、顔写真を撮ると言われ「髪をつかまれ、帽子やサングラスをはぎ取られて写真を撮られた」と話した。
・・・・・
弁護士「法的根拠ない」
 海上保安庁が拘束した5人の顔写真を撮影したことについて、三宅俊司弁護士は「犯罪行為があって逮捕したわけでもなく、あくまでも個人を特定する資料集めのためにやっている行為であり、法的根拠はない。プライバシーの侵害であり、肖像権の侵害だ」と指摘。
 犯罪の恐れのある者を、事前に拘束する予防拘束は違法だと例を挙げた上で「資料集めのための写真撮影は許されず、権限の乱用だ。そもそも強制する根拠法を明らかにするべきだ」と求めた。
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
最近ほとんど聞かなくなった福島第一原発の現状です。
是非、聞いて見て下さい。

20140912 報道するラジオ
「福島第一原発~作業員の3年半」 YouTube
http://www.youtube.com/watch?v=7e_Gcyz-wR4
原子力 | コメント(0) | トラックバック(0)
朝日だけが責められているのは本当に不思議です。
朝日は批判されるべきです。
しかし、同じように批判すべき新聞社が沢山あると思います。
その代表がこの2社だと思います。

朝日謝罪会見でハシャぐ読売、産経の“トンデモ誤報”集
2014.09.12 LITERA

・・・・・
 いずれにしても、とんでもない誤報を繰り返しているのは読売や産経も同じなのだ。そして、誤報発覚後もやはり朝日と同じように、その間違いをぎりぎりまで認めなかったり、認めても虚偽の経緯説明をするなど、狡猾な隠蔽工作を行っている。
 にもかかわらず、読売、産経は自分たちのことを棚に上げ、官邸や右派グループと組んで、この朝日叩きを大々的に仕掛けたのだ。
・・・・・
 こういうと、「朝日の場合は国際社会で日本人の誇りを傷つけたのだから、断罪されて当然だ」という声があがるかもしれない。しかし、それなら読売、産経のほうがずっと罪は重い。なぜなら、彼らこそがあの福島原発事故を引き起こした戦犯だからだ。
・・・・・
 日本の原発導入の立役者だった正力松太郎がオーナーだった読売新聞と、財界右派の意向を受けて誕生した産経新聞は、1970 年代から原発推進の旗ふり役をつとめてきた。マスコミ各社の中でも突出した量の広告を電力会社からもらい、紙面では安全神話を喧伝し、反対運動潰しの論陣をはってきた。原発シンジケートの一角を占めていたマスコミの中でも、彼らは最大の戦犯なのだ。
・・・・・
 また、1996年、巻町で原発住民投票が実施されることになった際、産経新聞は反対運動を「本当に「自治」を貫くなら電力会社からの送電を拒否して自前で発電設備を備えるくらいの気構えが求められる」と脅し、「反対をあおる勢力が「政府の原発政策を見直させよう」というのは日本の国際信用をおとしめる意図があるとしか思えない」と、テロリストよばわりまでしている。
・・・・・
 こうした安全神話垂れ流しと反対派つぶしの果てに、あの福島原発事故が起きたのだ。何十万人もの人の故郷を奪い、放射能汚染で自然環境を破壊し、何十年、いや何百年かかっても処理できないような大量の核のごみを作り出した。東電社員の退避や強制連行の有無というレベルの誤報とどちらが罪深いか、火を見るより明らかだろう。
・・・・・
ニュース | コメント(0) | トラックバック(1)
毎週日曜朝9時半、辺野古テント2、無料だそうです。

【拡散希望!】辺野古カヌー教室参加者募集のお知らせ
Peace on Earth-Trying to Think Globally, Act Locally!さんより
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)

正義を探してはいけない

2014/09/14 Sun 20:57

正義を探すのではなく、義を見きわめることが大切だと思います。
倫理 | コメント(0) | トラックバック(0)
軍隊はこういう意味でも人を守らない。
私は要らないものだと思います。

米軍夜間訓練、連夜80デシベル超 住民「寝付けない」
2014年9月10日 琉球新報



辺野古は「過去の問題」 菅官房長官が見解    2014年9月10日 沖縄タイムス
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
安倍総理よりは嘘もついていないし、国の名誉も汚していないと思います。
朝日の反省を促す為にも先ず自ら辞職されては如何でしょうか。

「日本の名誉傷つけた」=安倍首相、朝日報道を批判
時事通信 9月11日
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
規制委員会の体質がよく分かると思います。

発足から2年 川内原発審査プロセスに見る原子力「寄生」委員会ぶり
まさのあつこ | ジャーナリスト 2014年9月10日


-原発関連デモ集会情報-                                     
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
未だこのような暴力が続いているようです。
海上保安庁に強く抗議します。
法的根拠も無くこのような暴力を続ける、海上保安庁には恥を知ってもらいたいです。
自らは中立な立場でいなければならないことをもう一度よく認識して欲しいです。

[海保暴力]無抵抗の市民に力ずく 水中沈め、恫喝も
2014年9月11日 琉球新報

 辺野古の海が荒れている。名護市辺野古への新基地建設をめぐり、海上で警備活動に当たる海上保安庁の暴力行為や暴言が横行している。抗議行動する市民らの首をつかむなどして、これまでに少なくとも3人がけがを負った。ネット上や辺野古で抗議行動を続ける市民からは「国家権力の暴走」「海上保安庁による犯罪」などと批判が相次いでいる。市民の怒りは頂点に達している。・・・・・・
・・・・・
 海保は2人掛かりで園山さんを押さえると、1人は首に腕を絡め、もう1人が足を抱え、その場で水中に数回沈めた。命の危険を感じたため「抵抗はしない」と伝えたが、止めてくれなかったという。
・・・・・
海保の暴力表面化 押さえ付け脅し、けが人も   2014年9月11日 琉球新報

海保暴言「平和丸 どけ」 辺野古 住民に威圧繰り返す   2014年8月23日 赤旗

辺野古の浜で20日に県民集会 10月中旬に1万人集会も     9月1日 琉球新報

辺野古に見る致命的な政治の軽さ   2014年9月 6日 平智之さん 活動ブログ

「もはや戦場だ」~8月14日、ついに辺野古は包囲された~
三上智恵さんの沖縄撮影日記

 一夜明けると、海を埋め尽くす大船団が大浦湾に展開していた。
 「これじゃあ沖縄戦だ」
 明け方、大川から大浦湾に猛スピードで入っていた私は、フロントガラスから飛び込んで来た海に浮かぶ黒い海保の大船団に胸が潰れそうになった。8月14日の光景は一生忘れないだろう。 私だけではない。 これを、沖縄戦開始を告げる1945年3月の光景とダブらせた人は多い。 翌15日には、水平線に連なる大型の海保の巡視艇、海保のボート、警戒船、合わせて86隻までは数えた。 島は、再び力ずくで包囲された。・・・・・・

写真展「辺野古の海」  9/26-10/2  東京銀座 ギャラリー・アートグラフ 
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
« Prev | HOME | Next »