fc2ブログ
私も役所に行って嫌な思いをしなかったことはほとんどないです。
どうしてなのだろう。血税を無駄遣いしてはいけないという思いからだろうか。
公務員の方々には先ずは騙される勇気を持って欲しい。
大きな力を持っているものは騙されても気づけばすぐに修正できるのですから。

もう役所には行きたくない」
生活保護申請の現場で絶望する困窮者たち

2013年12月26日 ダイヤモンドオンライン

 2013年を表す漢字は「輪」だそうである。でも、本当に「輪」なんだろうか。
 今年も、弱き者たちの悲劇が相次いだ。事件が起こるたびに、地域に埋もれて引きこもってきた人やその家族の存在が、泡沫のように浮かび上がっては消えてゆく。
 筆者の元にも、明日の生活をも知れずに生き続ける予備軍と思える人たちの叫びが、毎日、何通もメールで寄せられてくる。 「他人に迷惑をかけたくない」などと周りに気遣ってしまうタイプの人たちには、ますます生きにくい世の中になってはいないか。・・・・・・
・・・・・
担当者は、上から目線の話し方で、「実家では援助できないんですか?」とか、「仕事ができないほどの病気ですか」等々言われているうちに、貧乏がこれほど恥ずかしく、世の中のお荷物なんだと実感させられ、生きていても仕方がないんではと思いさせられました。
・・・・・
こうしてメールができているので、まだ良いほうですが、本当にひどいときは罪悪感や周りの人に申し訳ない気持ちなどで押しつぶされそうになります。そうなると、疲れて、ただ寝ているという感じです。せめて、人並みの生活を送りたくても、今の日本では難しくなってきていることを実感しています
・・・・・
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
リニアには反対です。
東海道新幹線の利益は全鉄道会社に分配し、在来線の充実をはかるべきだと思います。
日本の鉄道は素晴らしい日本の財産です。
今のままだと金銭的利益を上げている路線以外、廃線は時間の問題だと思います。

儲からない路線ほど風情があるのです。
そこを忘れたり無視して鉄道の経営をしていくのは余りにも残念です。
今は多少の不便は気にせず人の心に暖かいものを残す努力をすべき時季だと思います。

その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

安倍総理の靖国参拝

2013/12/28 Sat 07:44

安倍総理の靖国参拝に関しては、オウム、創価学会などもですが、
私は如何なる宗教、信教の自由も守るべきだと思っているので余り気にならない。
どちらかと言えば信仰しているのに余り参拝しないことを咎めたくなるほどです。
しかし、彼に信仰心は感じられない。

ただの政治利用だと思います。無礼だと思います。


その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

苦労は魔の力

2013/12/25 Wed 11:09

苦労によって得られる力は絶大です。
しかし、苦労は魔の力、頼ってはいけない。
必ず苦しみの因縁がまとわりつく。
苦労して得られたもので楽しめるほど、世の中甘くない。
 

倫理 | コメント(0) | トラックバック(0)
日本の暗部について書かれています。
現実です、読んでみてほしいです。

「警備法廷」

12.6秘密保護法 国会内逮捕について

ひまわり活動記さんより
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
だから武器など携帯してはいけないのです。
思いもがけない色々な形で戦争への協力を強いられる。

初の銃弾提供、韓国軍に=南スーダンPKOで―政府
時事通信 12月23日

 政府は23日、国連南スーダン派遣団(UNMISS)に参加している韓国軍に対し、陸上自衛隊の小銃弾1万発を提供した。国連平和維持活動(PKO)協力法に基づき、国連を通じて行った。自衛隊の銃弾が海外で他国の部隊に提供されるのは初めて。「緊急の必要性・人道性が極めて高い」として武器輸出三原則の例外扱いとした。ただ、同法には弾薬を含む兵器の提供を明記した規定はなく、法解釈が曖昧だとして国会で論議を呼びそうだ。・・・・・・
 政府は提供に際し、PKO法25条の「PKO、人道的な国際救援活動または国際的な選挙監視活動に協力するため適当と認めるときは、物資協力を行うことができる」との規定を適用した。ただ、政府は過去の国会答弁で、PKOに従事する自衛隊が他国部隊に武器や銃弾を提供することは想定していないとの見解を示している。この点について政府の国際平和協力本部は23日、「物資協力の中で明示的に武器・弾薬を除くとの規定は設けていない」と説明した。 
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
電力会社の一般的な社員さんは子会社をふくめ、
真面目ないい人が多いので余り批判はしたくないのですが
確かに一般的な世間感覚からはずれている人が多いような気がします。

九電社員、年収減で「娘にクリスマスプレゼントも買えない」 
ネットでは「高給取りがふざけんな!」と非難の声
J-CASTニュース 12月20日
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
県立医大の大平哲也教授の発言は、
今の癌治療の原則の早期発見早期治療が
無意味だということになりかねず大変興味深いです。

福島の子のがん、被曝との関連は結論出ず 専門家会議
朝日新聞デジタル 12月21日

・・・・・
 検査を行っている県立医大の鈴木真一教授(甲状腺外科)は、これまでに見つかったがんやがん疑い例について「被曝の影響とは考えられない」と話した。その根拠について「がんが見つかった子どもの年齢分布も10代後半が多く、若年齢が多いチェルノブイリとは異なる」などと説明した。
 これに対し、岡山大の津田敏秀教授(疫学)は、国内のがん登録の結果から、10代後半~20代前半の甲状腺がんの年間推計発生率は、「平均(1975~08年)は100万人当たり5~11人」と指摘。その上で「福島の子どもの甲状腺がんの発生は数倍~数十倍高く、多発と言える。今後さらに増える可能性もあり、今のうちに対策をとるべきだ」と主張した。
・・・・・
 津田さんの指摘に対して、県立医大の大平哲也教授(疫学)らから、福島の検査と「がん登録」と比較をするのは、科学的に不適切などと批判が出た。がん登録で集計されるがんは主に、症状が出てから受診して見つかったものだが、福島の検査は、無症状の子どもを網羅的に調べており、より早期に多く見つかる傾向があるからだ。
・・・・・ 
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
いつものことと言えばいつものことなのですが、補足しておきます。
こうして施設の運営が安定してくれば、地元への発注は段々減少します。
より安価な大手企業に流れていきます。
最終的には立地自治体は負の遺産ばかりになるのが原発関連施設誘致です。

ほんの少しのおこぼれを国や大企業にひれ伏しながら頂いて生きていくしかなくなります。

六ケ所村議系5社、原燃から受注 福島事故後5.2億円
朝日新聞デジタル 12月22日

 核燃料サイクル施設が集中する青森県六ケ所村で、村議5人の親族が経営する村内の建設会社5社が、東京電力福島第一原発事故後の2011、12年度に、サイクル施設を運営する日本原燃(同村)から少なくとも計5億2千万円分の工事を直接受注していた。朝日新聞の調べでわかった。
 立地自治体として核燃料サイクル施設の安全性などを客観的な立場で検討する議員側が、事業者から利益を受けていた構図が浮かび上がった。
 この5社はいずれも、現職村議5人の妻や息子、弟が代表取締役となっている。5人ともかつて社長を務め、このうち3人は創業者だ。
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
軍事基地は移設ではなく廃止すべきだと思います。
苦しみは移すのではなく除かなくてはならないはずです。

社説[辺野古アセス]正当性にまたも疑念が
2013年12月22日


署名
宛先:沖縄県知事 仲井眞弘多 殿
私たちの宝、ジュゴンの生きる辺野古の海の埋め立てを承認しないでください

ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
私は応援しています。是非立候補して欲しいです。

【速報】都知事選、宇都宮健児氏「多くの人々の応援得られたら、それに応える覚悟ある」
2013年12月22日 志葉玲 | フリージャーナリスト

・・・・・
―東京でのオリンピック開催が決定しましたが、これにはどの様なお考えで?
 一度、決まってしまったものを今から覆すのはさすがに難しいでしょうから、なるべく税金の無駄が少ないコンパクトなオリンピックを目指すべきでは、と思います。大事なことは、東京での開催に向けて周辺国との緊張を緩和し、「平和の祭典」としてのオリンピックを目指すこと。安倍政権は特定秘密保護法や集団的自衛権行使の容認に向けた動きなど、「戦争できる国づくり」を急速に進めています。このままでは、日中戦争開戦で開催できなかった1940年の「幻の東京オリンピック」の二の舞いになるのかもしれません。ですから、平和と友好というオリンピックの理念の下、東アジアの緊張緩和を目指すべきだと思います。

―東京都は東電の大株主です。原発についてはいかがでしょうか?
 脱原発を進めていくべきです。福島第一、第二原発、そして柏崎刈羽原発の廃炉を求めていくべきでしょう。汚染水対策も口先だけでなく、しっかりとやっていくべきです。

―労働基準法違反の長時間低賃金労働を強いる、いわゆるブラック企業が社会問題化していますが、サラ金被害者救済を行ってきた宇都宮さんは、ブラック企業対策は得意分野ですよね?
 はい。都の事業などを企業が受注する際、その企業が労働者に対し最低賃金を支払っているかを受注の条件とするよう、公契約条例を見直すべきだと思います。また、働きすぎによる過労死・過労自殺・うつ病をなくすため過労死防止条例も導入するべきでしょう。

―多くの都民が選挙の際に参考にするだろう経済政策についてはいかがでしょう?
 アベノミクスのような、一見、威勢のいいイケイケの経済政策は、結局、格差を拡大させ、より多くの貧困を生み、破綻します。都がやるべきこととして私が考えるのは、公営住宅の拡充や、低所得者向けの家賃補助。というのは、ちゃんとした住所がないと就職活動をしても採用されませんし、家賃負担さえなければ、生活保護を受けなくても大丈夫、という人々は大勢います。都内には空き家も増えてきていますから、都が家賃補助をして入居者が増えれば、大家さん達も助かるでしょう。格差貧困をなくすことが、結果として内需拡大につながり、経済の活性化につながると思います。
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)

生活保護相談先リスト

2013/12/22 Sun 20:00

生活保護の相談先リストを作ってくれています。
生活保護のことで相談したい場合は、こちらへどうぞ
(相談先リスト)

生活保護問題対策全国会議さんより
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
秘密保護法など、最近よく言われる「法の恣意的な運用」、
此処にもその恐怖が存在します。
この国会で通過した改正生活保護法、なるべく早く再び改正されることを願います。

「見知らぬ親戚」から扶養をせまることも 改正生活保護法の怖さ
週刊朝日  2013年12月27日号

 特定秘密保護法が国会を騒がせるなか、12月6日に改正生活保護法がひっそりと成立した。改正法では、生活保護の事務を担当する都道府県や市の福祉事務所が、生活保護の申請者や受給者の親戚を対象に、収入や就労状況などについて厳しく調査できるようになった。
 これまでは扶養の強い義務を負うのは原則、夫婦間と未成熟の子に対する親で、それ以外は、余裕があれば援助すればよいとされていた。それが改正法によって、親やきょうだいが援助を拒否した場合、福祉事務所はその理由を説明するよう求められるようになった。・・・・・・
日本ではある日突然、「見知らぬ親戚」の扶養を福祉事務所から求められる。断るには詳しく説明しなければならない。勤務先や銀行には、収入や資産の調査が入っているかも……。生活保護の受給者は9月時点で約215万人おり、誰にでも、ふりかかりかねない話となった。

【社説】 生活保護法改正 貧困の救済を最優先に    2013年12月16日 東京新聞
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
政府には恥を知って欲しい。
2年半何を見てきたのだろう。
何も見えないのだったら、
もう政界から引退して欲しい。

福島原発事故、早期帰還者には賠償上乗せ 政府方針
朝日新聞 12月19日





12月22日(日) 再稼働反対★国会大包囲    -原発関連デモ集会情報-
http://nobuhirob.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
勝ち負けも大事ですが、それを無視しても十分起こすに値する裁判だと思います。
勿論、私は原告を支持します。

リアル「リーガル・ハイ」!? 最強弁護士VS東電の激闘、
史上空前5兆円の賠償金支払いを東電経営陣に

志葉玲  2013年12月18日



12月22日(日) 再稼働反対★国会大包囲    -原発関連デモ集会情報-
http://nobuhirob.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
こんな簡単なことに、安倍総理は本当に気づいていない気がします。

お札じゃんじゃん刷っても賃金上がらず そんなに甘くない
SankeiBiz 2013/12/18


ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
この件に関しては厚生労働省を評価したいです。
みなさま、おつかれさまでした。

「ブラック企業」8割で法令違反 厚労省立ち入り調査
2013/12/17 日本経済新聞


ブラック企業、パート残業月170時間も 過酷労働浮き彫り
2013/12/17 日本経済新聞


事業所82% 法令違反 厚労省 ブラック企業初調査
2013年12月18日赤旗新聞

ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
国会議員の方々には本当によく勉強して欲しいです。
貧困にあえぐ者を無視するのでは政治の意義がないと思います。

「リアル」を知らない政治家に動かされてよいのか?
食費1ヵ月3600円の当事者が語る「生活保護リアル」

2013年12月13日ダイヤモンドオンライン

・・・・・
<コラム>生活保護費の用途は自由
 生活保護費の用途は、原則として自由である。このことは、2004年3月の最高裁判決(学資保険訴訟)によって確認されている。
 負傷・疾病により就労が不可能で生活保護を利用していた両親が、子どもたちのために学資保険を積み立てていたところ、子どもが高校に進学する折に満期で支払われた保険金が収入とみなされ、一家は保護費を減額された。このため夫・子どもたちが提訴し(妻は提訴前に病死)、14年間にわたって訴訟を続行した。この結果として得られた高裁判決(後に最高裁判決として確定)は、
「憲法25条の生存権保障の目的である人間の尊厳にふさわしい生活を送るためには、被保護者が自らの生き方や生活を自ら決する必要があり、いったん支給された保護費の使途は、原則として自由である」
 とした。
「では、パチンコや飲酒はどうなのか」という意見もあるであろう。筆者は「試行錯誤の自由、失敗する自由も含めての自由」であり、「パチンコ狂いで飲んだくれであるとしても、生きていること自体に人間の尊厳が伴う」と考えている。「自由とは何か」「人間の尊厳とは何か」という問題については、生活保護というテーマを切り口として、引き続き考えて行きたい。
・・・・・
「今の政治家のやってることって、異星人、宇宙人のようなことばかりだと思います。人としての皮膚感覚や体温、感情のないことばかりやっています。それだけ、政治に関わる人達が、想像力、現実を見る能力を失っているんだと思います。当事者感覚がありません」
――当事者感覚がないのは、当事者でない以上は仕方ないのではないかとも思います。ただ、想像を及ぼす努力を続けるのとそうではないのでは、想像は想像でしかないとしても、全く異なると思いますが。
「今の日本の政治家は、人間としてアウトだと思います。冷酷で。でも、『生活保護バッシング、生活保護改悪で、自分たちの知名度を上げようとしているのかな?』とも思います。焦っているのかもしれませんね。その焦りで、自分たちの政治家生命の寿命を縮めているようなものです。だって、切り捨てられて苦しんでいる人たちが大多数なんですから」 
・・・・・
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
以前から疑問に思うことは多々有りましたが、
確かに最近は更にひどいと思います。
NHKは見たい人がお金を払って見るという放送局にして欲しいです。
公共放送というには偏向がひど過ぎると思います。

普段はスクランブルをかけておいて緊急の公共性の高い番組だけ
スクランブルをといて誰にでも見れるようにするというのも一つの方法だと思います。

NHKに今、何が? 異常な秘密保護法報道 まるで政府報道官
2013年12月16日赤旗新聞

 NHKの秘密保護法をめぐる報道に批判が殺到しています。本紙には「安倍政権のいいなりになっている」「危険性がまるでわからない」「NHKに抗議した」と次々に寄せられました。NHKにいったい、何が起きているのでしょうか。
 安倍政権に肩入れするかのようなNHKの異常な報道ぶりは、国会最終盤にいちだんと強く表れました。
 12月5日、参院特別委員会で秘密保護法案は強行採決されます。「ニュースウオッチ9」が、「対立の果てに」と題して伝えました。与党による採決強行を記者がこう説明しました。「これから予算案の編成、税制改正の論議がある。それへの影響を避けたい。ねじれが解消し、決められる」。まるで政府や自民党の報道官のようでした。

“歌姫”長々
 翌6日の参院本会議で成立。「ニュースウオッチ9」は、「同盟国アメリカと高度な情報を共有するために、秘密とすべき情報がもれるのをなくすべきだというのは多くの政党が共有している」とキャスターがまとめました。番組では、続いて「自衛隊の歌姫」を特集。海上自衛隊・東京音楽隊の歌手で、自衛隊の広告塔となっている“歌姫”。その活動を長々と伝えました。
 ちょうどこのとき、インターネットの国会テレビでは参院本会議を生中継。秘密保護法反対討論に立つ日本共産党の仁比聡平議員の訴えを映しだしていました。国会のまわりや全国各地では反対の集会やデモが広がり、国民の反対の声が鳴り響いていました。
 秘密保護法のあとに安倍政権がねらうのは集団的自衛権の行使、つまり“海外で戦争する国づくり”です。NHKのニュースはそれを先取りするかに見えました。
 国会内外の「反対」の声は無視して、それにぶつけるように自衛隊をクローズアップするNHKの報道姿勢。本紙読者からは「まるで戦争中の大本営発表でしかありません」(三重県の女性)と厳しい意見が寄せられました。

検証はなし
 民放では法案の危険な中身を検討するニュースや番組を放送しましたが、NHKには独自に検証する番組がついに出てきませんでした。
 NHKが実施した世論調査(6~8日)では、「知る権利侵害に不安を感じる」と答えた人が73%に上りました。「感じない」とした人は20%でした。秘密保護法に対して人々の疑問はいっそう強くなっています。

安倍人事 早くも影響か
引き締め強化 現場は萎縮

 秘密保護法報道の異常が際だったNHK。元NHKプロデューサーの永田浩三・武蔵大学教授は、「安倍首相の意を受けた人が経営委員会に入ってきて、(NHKの現場は)その人たちを怖がっているのではないか」と指摘します。経営委員会人事が早くも番組に影響が出ているというのです。
 永田氏はETV番組「問われる戦時性暴力」(2001年)を制作したとき、実際に安倍氏(当時内閣官房副長官)から圧力を受けた経験があります。
次期会長を狙う
 「安倍氏は放送総局長を呼び出し、『ただではすまないぞ。勘ぐれ』と言ったそうです。『作り直せ』と言えば具体的な圧力になるから『勘ぐれ』と言ったのです」・・・・・・・・・

新たに経営委員会に加わった4氏の横顔
 長谷川三千子氏(哲学者)
 「民間人有志の会」発起人。右翼・改憲団体「日本会議」代表委員。
 ▽「国家が一切の力を放棄するという日本国憲法の『平和主義』は、国家主権の放棄であり…全くめちゃくちゃな憲法なのです」(「産経」4月30日付)
 百田尚樹氏(作家
 昨年の自民党総裁選時、「安倍晋三総理大臣を求める民間人有志の会」発起人。
 ▽「もし他国が日本に攻めてきたら9条教の信者を前線に送りだす。そして他国の軍隊の前に立ち、『こっちには9条があるぞ!立ち去れ!』と叫んでもらう」(ツイッター)
 本田勝彦氏(日本たばこ産業顧問)
 安倍首相が小学生のときの家庭教師。首相を囲む財界人が集う「四季の会」のメンバー。
 中島尚正氏(海陽学園中等教育学校長)
 「四季の会」の主要メンバーであるJR東海・葛西敬之会長が海陽学園の設立に関わる。
・・・・・・・・・
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
是非読んでみたいです。

やなせたかしさん:最後の語り「ぼくは戦争は大きらい」
毎日新聞 2013年12月07日

 94歳で死去した漫画家やなせたかしさんが軍隊の体験を初めて本格的に語り下ろした本「ぼくは戦争は大きらい−やなせたかしの平和への思い」が21日、刊行される。日本で近年広まりつつある好戦的風潮に危機感を抱き、平和への思いを最後に残したロングインタビューになっている。 「(戦争を)思い出すのも、話すのも嫌」としていたやなせさんは積極的に軍隊経験を語らなかったが、本書では「日本が戦争をしたという記憶が、忘れ去られようとしています」と“解禁”した理由を明かし、戦争のむごさ、愚かさを説き起こしている。
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »