命が惜しいから原発を反対しているのではない。
命を穢したくないから原発を反対している。


原発関連デモ集会情報
原子力 | コメント(0) | トラックバック(0)
アーティストが表現を怠ればアーティストではないと思います。
今後も頑張って欲しいです。

モンパチ、MステでNOオスプレイ
沖縄タイムス 1月26日

 県出身の人気ロックバンド、モンゴル800が25日、生放送の音楽番組に出演し、ボーカルの上江洌清作さんは「No! Nukes(原子力反対) No! Osprey(オスプレイ反対)」と書かれた青いシャツを着て熱唱した。 モンパチが出演したのはテレビ朝日の「ミュージックステーション」で、代表曲「小さな恋のうた」を披露した。上江洌さんは歌詞を一部変え「思いは届く 小さな島の 沖縄・東北のもとへ」と歌い、シャツの胸の文字に手を当ててアピールするしぐさを見せた。
ニュース | コメント(7) | トラックバック(0)
何か発奮材料が必要な方は聞いてみて下さい。
電力会社の姿勢、説明、相変わらず酷いものです。



原発関連デモ集会情報
原子力 | コメント(0) | トラックバック(0)
余り知られていませんが、創価学会と中国共産党のつながりは長く強いです。
もう長い間中国共産党は創価学会から大きな支援を受けているのです。

<公明・山口氏>「尖閣、対話解決を」習総書記 北京で会談
毎日新聞 1月25日

 公明党の山口那津男代表は25日午前、北京の人民大会堂で、中国共産党の習近平総書記(国家副主席)と会談した。・・・・・
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
何度でも言います。
除染など出来ません。
除染をあてにした復興政策は今すぐ止めて下さい。

除染作業員を違法解雇 大雪で中断、再開めど立たず
朝日新聞デジタル 1月25日


原発関連デモ集会情報
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
安倍首相には大切な日本人とそうでない日本人がいるようです。
皆を同じように悼める首相になって欲しいです。

9人の遺体、遺族と対面…無事の7人も帰国
読売新聞 1月25日

・・・・・・・安倍首相は、「世界の最前線で活躍する10人の日本人が犠牲となったことは痛恨の極みだ。卑劣なテロ行為を起こしたテロリスト集団を断固として非難する。国際社会と連携してテロとの戦いに取り組んでいただきたい」と述べた。・・・・・・・
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)

アベノミクス 2

2013/01/25 Fri 10:33

このようなものが上手くいくと真剣に思っている人間が本当にいるのでしょうか。
単なる自民党支援者への資金援助だと思います。
これこそ本物の悪しきバラマキです。

経済 | コメント(0) | トラックバック(1)
いつまで地方自治を放棄するつもりなのでしょうか。
それにしても懐かしい言葉が生き返ってきている。
流石は自民党というところでしょうか。
反省する最後の機会も無駄にしてしまうのだろう。

<柏崎刈羽原発>再稼働の県民投票 新潟県議会が条例案否決
毎日新聞 1月23日

 新潟県議会は23日、臨時会本会議で、東京電力柏崎刈羽原発再稼働の是非を問う県民投票条例案を賛成少数で否決した。議会で過半数を占める最大会派の自民が「原発政策は国策。稼働の是非は国が判断すべきで、県民投票はなじまない」などとして反対し、民主、公明も反対に回った。社民、共産など一部県議が提出した修正案も否決した。 採決前の討論で、民主も「稼働の判断は一義的に国が責任を持つべきだ」と反対した。
 条例案は昨年12月、市民団体「みんなで決める会」(新潟市)が約6万8000人分の署名を添えて泉田裕彦知事に直接請求。知事は「条例案には課題があり、修正の必要がある」と修正意見を付けて県議会に提案した。 一部県議の修正案は、「施行日から90日以内」とされた投票実施時期を「知事が再稼働の是非を判断する前」などとする内容。
 閉会後、泉田知事は「国策だからという理由で否決されたのは残念だ」と話した。議会で「修正して可決し、投票を実施してほしい」と賛意を示していた知事だが、自身による条例案の再提出について否定的な姿勢を見せた。一方、同会の橋本桂子共同代表は「議会で議論が尽くされなかった」と批判した。
 同様の原発再稼働を巡る住民投票条例は、これまで大阪市、東京都、静岡県で直接請求されたが、いずれも否決された。
原発関連デモ集会情報
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
イスラム過激派とか、イスラム武装勢力とか、イスラムをどうしてつけるのだろう。
イスラム教の人々は本当に平和を愛している。
誤解を招くような表現はすべきではないと思います。
本当のイスラムの人々は絶対に人を傷つけたりしません。


外交 | コメント(0) | トラックバック(1)
私と同じように感じている所が多かったので抜粋転載します。

私からも高校生に一つだけ言います。
大人達に任せていては駄目です。
自分達で立ち上がらなければ良い方向には向きません。
大人を過度に信頼するのは本当に危険です。

先生と生徒というのは上下関係ではなく対等です。
お互いが指導し合うことが大切なのです。

「命の重みわかっているの?」……尾木ママ、桜宮高生徒による記者会見に憤慨
RBB TODAY 1月22日

 大阪市教育委員会が、体罰を受けた男子生徒が自殺した大阪市立桜宮高校の体育科の入試を中止すると決定したことを受け、決定に反対する同校の生徒が記者会見して入試の実施を訴えた。この生徒たちの行動について、“尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹氏が憤慨している。
・・・・・
「なぜ記者会見なの?」「ご遺族の心情考えているの」「命の重みわかっているの」と憤慨するとともに、「誰が仕組んだのかしら?」と、生徒以外の何者かの入れ知恵である可能性についても触れ、「やらせるなら生徒会でしょう。なぜ部活の部長? 出てくるべきは学校、顧問、教師でしょう!!」と怒りをあらわにした。
 さらに尾木氏は、会見を行った生徒らが見せた“教師に依存した姿”について、「橋下市長の言う通り、体育科そのもの」と指摘。生徒と教師とが「従属関係」にあり、マインドコントロールを受けているような状態を「教育に危険、不要なんです」として、「抜本的に見直した方が良さそうですね」との考えを示した。
 前日のブログでは、市教委の決定について、「体罰の悲劇を受け止めけじめをつけた」点と、「受験生の救済」との2点において「この段階としては評価できると思います」と支持していた尾木氏。「後は人事の刷新、在校生のケアと新生。桜宮作るために、先生も教育委員会も子どもたちと共に立ち上がることです!!尾木ママ応援します」とつづっていただけに、今回の記者会見の1件はどうしても看過することができなかったのだろう。22日付けのエントリーでは、今回の事件によって大きな衝撃や動揺を受けたであろう同校生徒たちを慮るとともに、「これはひとりバスケ部の問題ではありません!!今こそ正式に生徒会が立ち上がる時!学校づくりの課題として、クラス討論を基礎に、全校生徒の新生桜宮高校ビジョンまとめるべきです」と改めて生徒たちに呼びかけている。
教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
福島市にはもう一度よく考えて見て欲しい。
私は小学生に20ベクレルは高すぎると思います。
そして、なるべく0ベクレルを目指して欲しいです。

日本には安全なお米が沢山あるのです。
無理をする必要が何処にあるのか理解できません。

福島市の小中学校の給食 地元産のコメ使用再開
1月22日 福島中央テレビ

 福島市は、原発事故後、学校給食で中止していた福島市産のコメの使用を、きょう再開しました。 福島市では、原発事故後、市内73の小中学校で、学校給食で使うコメを会津産に切り替えていましたが、市は「安全性を確認できる態勢が整った」として、福島市産のコメの使用を、きょうから一部の小中学校で再開しました。 今月中にはすべての学校で、福島市産のコメが使われるようになります。
 福島市産のコメの使用については、一部の保護者などから反対する声もありましたが、福島市では、コメの精米などの段階から4段階での検査を実施。
 放射性セシウムが、機械の検出限界値である1キログラム当たり20ベクレルを超えたものは使わないということです。
ニュース | コメント(0) | トラックバック(1)
政府も国民も今回はやさしくてほっとしています。
しかし、以前のイラクの3人と何が違うのだろう。
反省からの今回の対応であれば嬉しいのですが
多分違うような気がし、複雑な気分です。

アルジェリア人質 日揮の7邦人死亡 首相「痛恨の極み」 3人なお安否不明
産経新聞 1月22日
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
本当に日本はどうなってしまうのでしょう。
膨大な借金に無駄遣い、
政治家や官僚の方々は国民にはお金を稼ぐことが仕事のような政策を採用し、
そして、自らは仕事を放棄する。

せめて自分が信じる仕事ぐらいはして欲しいです。

仕分け 試されるチェック機能 廃止・見直し 続々復活へ
2013年1月21日 東京新聞

 安倍政権の発足後、民主党政権の「事業仕分け」で廃止もしくは見直しを求められた事業が相次いで復活しつつある。仕分けは、法的拘束力がなく、短時間で結論を出す手法の問題も指摘されたが、行政の無駄に切り込む姿勢は一定の評価を得てきた。政権交代により、無駄の検証なく、仕分けられた予算がよみがえれば、行政へのチェック機能の後退は避けられない。・・・・・・
 <事業仕分け> 行政機関などが予算化した事業の必要性を、公開の議論を通じてチェックする手法。民主党政権が導入し注目を集めた。だが2009年の仕分け第1弾では、削減額が目標の3兆円に大きく届かなかった。法的な強制力もなく、廃止や見直しの判定が出た事業を各府省庁が無視するケースが続出。安倍政権は昨年12月の発足早々、事業仕分けを担当してきた行政刷新会議を廃止した。
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
生活保護の制度に対して今国が行っていることがよく書かれています。
少し長いですが、出来れば読んでみて下さい。
一部抜粋します。

私は生活保護費の削減・生活保護基準の引き下げには反対です。

最初から「引き下げありき」だった? 
生活保護見直しを巡る厚労省と当事者・支援者の攻防
ダイヤモンド・オンライン 2013年1月18日

・・・・・・
 会見で最初に発言したのは、弁護士の宇都宮健児氏である。宇都宮氏は最初に、日本の捕捉率(貧困状態にある人のうち公的扶助を利用している人の比率)が欧米諸国と比較して極めて低い水準にあることと、昨年来、孤立死・餓死が多発していることを指摘した。さらに、「むしろ生活保護の利用を促進するべきなのに、生活保護基準の切り下げや利用の抑制が行われれば、今後、孤立死等が多発するのではないか」という懸念を示した。
 生活保護という制度は、生活保護を利用している現在の当事者にだけ関係がある制度ではない。生活保護基準は、国民生活のさまざまな制度と連動している。生活保護基準を引き下げるということは、国民生活の全体を引き下げるということに他ならない。
 生活保護基準が引き下げられれば、おそらく、連動する形で最低賃金も引き下げられる。あるいは、最低賃金が実質的に無意味になるかもしれない。並行して、「生活困窮者の生活支援の在り方に関する特別部会」では、「中間的就労」が議論されているからだ。就労困難な困窮者のために、低賃金ながら就労の道を開こうという趣旨である。特別部会での議論に関しては、本記事の後半で紹介する。
 生活保護基準に関連する他の制度は、他にも数多く存在する。地方税の減免、障害者向け公共サービスや介護保険の利用料の減免基準、社会福祉協議会による貸付制度の利用、公共住宅への優先入居や利用料の減免。子育て世代に対しては、保育園利用料の減免、就学援助、公立高校の学費減免。日本国民の何%が影響を受けるのだろう? 10%台後半にある日本の貧困率から見て、少なく見積もっても25%程度だろうか? 
 宇都宮氏はさらに、生活保護基準の引き下げがデフレを推進する可能性についても「基本的に誤った政策」と鋭く指摘した。生活保護基準引き下げは、間違いなく、国民の多くにとっては所得を引き下げる方向で影響する。国民の所得を引き上げないと、内需は拡大されず、従って、デフレを脱することは困難になる。これは、現在の安倍政権が推進しようとしているデフレ脱却政策と矛盾する。また、生活保護基準に関する「厚生労働大臣が基準部会の議論を受けて結論を出す」という現在の制度についても、「国会で決めるべきです」と異議を表明した。そして最後に「なんにしても、生活保護基準が引き下げられると、当事者は大きな影響を受けます。経済的にも全く誤った政策です。反対します」と締めくくった。
・・・・・・
 精神疾患の悪化から失職し、生活保護利用に至った30代の女性は、当初「生活保護費は税金から成り立っているんだから、本当に必要なものしか買ってはいけない」と考え、おしゃれも、友人とお茶に行くことも、「してはいけないのではないか」と感じていたという。しかし、ボランティア活動などを通じて、友人や仲間とのつながりの重要さに気づいた。今回の引き下げに対しては「生活保護利用者は、誰とも会わないで家にひっそりしていろということなんでしょうか?」と語る。生活保護を「元気になるはずの制度であるはず」と考えている女性は、生活保護がそのような制度でなくなることを懸念している。
・・・・・・
ここ数ヵ月で増えているのは、不安から生活の維持も困難になった生活保護当事者であるという。バッシング報道に恐怖を感じ、家から一歩も出られなくなった女性もいるそうだ。
・・・・・・
現在の生活保護改革で検討されている親族への扶養義務強化に対しては「巻き込まれる親族が出てくることが足かせ」と語り、家計指導の強化に対しては「ゴミ箱の中まで覗かれるような生活」という。
・・・・・・
今、検討されようとしている生活保護制度改革の1つひとつは、筆者にとって「そんな屈辱に甘んじるくらいなら、死んだほうがマシ」と感じられるものである。もちろん、それが一連の改革の目指すところなのであろう。
・・・・・・
 筆者が報告書案から受けた全体的な印象は「困窮者本人の姿が見えない」「困窮者本人の自発的な参加への意志が考慮されていない」「国の役割が見えない」というものである。
・・・・・・
困窮者支援に取り組んできた藤田孝典氏(NPO法人ほっとプラス)は、新しい困窮者支援体制が「新たな水際作戦のツール」となる可能性、貧困ビジネス排除の仕組みが充分でない可能性、生活保護当事者に「まずは就労」を過度に強調することの危険性などを指摘した。
・・・・・・
 これだけの問題があるのに、報告書は、来週、1月23日にはまとめられようとしている。強引過ぎるのではないだろうか? なぜ、このように、結論を急がなくてはならないのだろうか?
 生活保護基準は、かつて一度も、「健康で文化的な最低限度の生活」に足りていたことはない。その生活保護基準が、引き下げられようとしている。「健康で文化的な生活」が議論された結果としてではなく、財源論やバッシングによる感情論の結果として。
・・・・・・
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
お勧めです。機会が有れば是非ご覧下さい。

『イエロー・ケーキ クリーンなエネルギーという嘘』
「イエロー・ケーキ(yellow cake)」とは?
天然のウランを精錬してできる粉末のこと。これがなければ原子力発電所は稼働しない。原料の鉱石からイエロー・ケーキを取り出す際に処理不可能な放射性廃棄物を生み出してしまうにも関わらず、世界中の原発がこの粉を求める——–

2011年アラスカ国際映画祭コダック賞
エコフィルム映画祭ホイユー・フォン・ディトフェール賞
大西洋自然と環境フェスティバル最優秀記録映画賞
2005年~2010年/ドイツ/デジタル/108分
監督 ヨアヒム・チルナー
原発関連デモ集会情報
原子力 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »