バイステックの7原則、最近ではなく、
半世紀以上も前にまとめられたものと聞いて驚きました。
色々な場面で役立つ原則だと思います。
紹介させて下さい。

貧困と生活保護(36) 権力を背負ってケースワークができるか
読売新聞 2016年8月12日

・・・・・
バイステックの7原則
 社会福祉の対人援助の古典に「バイステックの7原則」があります。ケースワークを行うときに、援助する相手と関係を築くための基本的な作法を、1957年に米国の研究者がまとめたものです。社会福祉に限らず、人とかかわるときの参考になります。少しかみ砕いて紹介しましょう。

<1>個別化=相手を一人ひとり、名前を持った個人としてとらえる。問題は人それぞれに異なり、全く同じ問題は存在しない。たとえば「脳梗塞で寝たきりの高齢女性」といった属性で判断しない。

<2>意図的な感情の表出=相手が自分の気持ちを抑えることなく、否定的な感情を含めて吐き出せるようにする。

<3>統制された情緒的関与=援助者は感受性を発揮し、共感などの態度を示す。ただし自分の感情を自覚してコントロールしながら行う。

<4>受容=相手の長所、短所を含めて、ありのままを受けとめる。言いなりになる必要はなく、社会のルールや市民道徳に反する行為を認めるわけではないが、頭から否定せず、どうしてそうなるのかを理解するよう努める。

<5>非審判的態度=相手を一方的に非難しない。自分の価値基準で裁いたり評価したりしない。その行為が問題解決のために良いか悪いかの判断は、相手自身にしてもらう。

<6>自己決定=相手の人格を尊重し、自分自身の考えや意思に基づいて決定し、行動できるよう援助する。

<7>秘密保持=プライバシーや個人情報を守る。

 以上の原則に反する言動や態度をとると、相手はいやな気分になり、よい関係を築けない。適切な援助にならないわけです。とくに個別化、非審判的態度、自己決定を意識する必要があるでしょう。
・・・・・
医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)

検診や健診には反対です

2016/07/19 Tue 07:48

私はがん検診や健康診断には反対の立場です。
早期発見早期治療の有効・有益な病気は感染症を除いてはほとんどありません。
それにもかかわらず、前後の心身への負担は重く、
健康に利するとはどうしても思えないのです。

 
医療・年金・介護・生活保護 | コメント(4) | トラックバック(0)
少し古い記事ですが参考になると思います。紹介させて下さい。

私は感染症を除けば、早期発見早期治療が有効な病気はほとんどないと思います。
現行の健診や検診、今すぐ止めるべきだと思います。

がん検診が死亡率高める?過剰な診断・医療が、無駄に犠牲者を増やす危険な現実
 2015.12.15 ビジネスジャーナル

 現在、5つのがんに対する集団検診が国によって推進されています。胃、大腸、肺、乳房、それに子宮の各がんです。しかし、どのがん検診も死亡率を下げる効果がないか、むしろ死亡率を高めてしまうものであることは、本連載で述べてきたとおりです。
・・・・・
 がんは放置すると必ず大きくなり、たちまち死に至るとの神話は、すでに崩れ去っています。がんの悪性度には大きな個体差があり、人畜無害なものから極悪なものまでさまざまなのです。無害ながんを検診でたくさん見つけて治療すれば、5年生存率は高く見えるに決まっています。
・・・・・
 がん検診の専門家は、レントゲン検査をCTや内視鏡に替えて「検診の精度が高まった」と自慢しています。しかし、その努力は過剰な診断(over-diagnosis)を助長し、過剰医療の犠牲者を増やしているだけです。
・・・・・

スイス医療委員会が“マンモグラフィー検診は乳がんによる全死亡率を低下させない”と結論

米医療界 日本では当たり前に行われている医療を無駄と指弾
医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)
参考になれば幸いです。

無料・低額診療にとりくんでいる事業所
全日本民医連


お金が無くても保険証が無くても病院受診する方法
藤田孝典  2014年2月21日



医療・年金・介護・生活保護 | コメント(2) | トラックバック(0)

病院と健康

2014/08/07 Thu 00:00

病院は病気を治療する所であり、
健康増進に務める場所では有りません。

医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)
癌の早期発見早期治療の非有効性は、
癌という病気を研究しても理解しづらいかも知れませんが
癌細胞を研究すれば容易に理解できると思います。



医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)
みわさんがやさしく説明してくれています。

してはならない比較 (最低賃金・老齢基礎年金・生活保護基準)

みわちゃん・いんふぉ ライター・みわよしこの日常つれづれ話
http://blog.livedoor.jp/miwachan_info/archives/1000090738.html
医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)
こういう意見が少なからずあることを知る人は多くないと思います。
是非一度目を通してみてほしいです。
私もこの意見に近い考え方を持っています。

抗がん剤で殺されている日本人
 「猛毒抗がん剤」ではがんを治せない
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/funase-shunsuke.html
医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)
医療費抑制の為には、がん検診など健康診断の推進をやめるべきだと思います。
医療によって命が終わる時期をコントロール出来るとはどうしても思えないのです。
そして、最近はそのような科学的データも段々そろって来ていると聞いています。
健診が医療費の抑制につながるという話もよく聞きますが、寿命を延ばす効果が

無いのであれば、医療費の抑制には効果がないはずです。
そればかりか医療費を増大させるはずです。
病気でもない者を診て、病気かどうか分からない病気、
放って置いても治る病気をも治療する。

これだけでも本当に大きな無駄だと思います。
そして、弊害はこれ以外にももっと沢山あると思います。

医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)
一般的な健診や人間ドック、必要なのだろうか。
寿命のコントロールのような真似には疑問を感じます。
勿論、人に寿命のコントロールなどは出来ないと思います。
そうすれば、健診や人間ドックには余計に疑問を感じます。

万一、人に寿命のコントロールが出来るとしても、人が意識的
に伸ばした分の寿命で人が楽しめるかどうかは大変疑問です。
その分苦しむだけのような気がします。


医療・年金・介護・生活保護 | コメント(2) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »