fc2ブログ
マスクにアレルギー等があり、
体質でマスク出来ない人がいます。
呼吸が出来なくなったり、咳が止まらなくなったり、
吐き気などを覚えます。

マスクの強制、強要はやめて欲しいです。
テレビ等での犯罪者のような扱い、慎んで欲しいです。
マスクしていない人に問うのもやめてほしい。
毎回説明するストレスを考えてほしいです。


マスクは正しく使って欲しい

アルコールによる消毒・除菌 過敏症の方に配慮を

感染が収まらない理由はマスクにもある


追記、コメント欄の件です。
子どもの「マスクの害」についてドイツで世界で初めてとなる
大規模な調査研究が発表される。
それによると7割の子どもが身体と精神に影響を受けている
2021年1月4日 InDeep
医療・年金・介護・生活保護 | コメント(4) | トラックバック(1)
テレビなどでもよく見かけますが、
未だにマスクの面をさわっている人がいる。
調整やクセのようにべたべたと。
その辺に気軽に置いたりする人も居る。

こういう人は何の為にマスクしているのだろう。
マスクに集められている飛沫を凝縮させて
他所に拡散させてては意味がないのです。


医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)
マスクの効果はきちんとしたのをきちんと使って少しある程度だと思います。
しかし、そのように使えば息苦しさや不便さなどストレスが大きく増加します。
だから自己防衛なのか、そのような使い方をしている人はほとんど見かけません。
所詮日本のマスク着用はやってる感の演出のみというのが私の感想です。


医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)
マスクしていない人を見ると不安になる人がいる。
マスクしている人を見ると自分まで苦しくなる人がいる。

実際、こういう人は本当にいる。
どちらを救うのかを考えるのは無智だと思います。
救われるべきはあくまでも全員です。


昔あった禁煙席・喫煙席のようなシステムを一時導入するのもいいのかも知れない。

マスクの強要はやめて欲しい  
医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)
今になってもマスクしていない人は、
何らかの事情がある方か強い考えがある方です。
マスクしていないことを注意したい方は本当に気を使って欲しいです。
現在決してノーマスクで楽に暮らせる社会ではありません。

事情がある方にストレスを更に与えたりするのは酷です。
強い考えの方には本当に危険です。
今の社会風潮には大きなストレスを感じているはずです。
そういう人が他人から更に自己否定されれば、、、

考えるのも恐ろしいです。



医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)
ワクチンもマスクも強制でも義務でもない。
これらへの選択権は基本的人権です。
どう選択したかによって、社会的不利益を
受けることは許されないと思います。


医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)
正直マスクの感染拡大予防効果は疑っています。
これだけみんなマスクしているのに
どうして今これだけ感染が拡大しているのか。
この説明は必要だと思います。

私はきちんと使っていれば少しは予防効果があると思っています。
しかし、人に強制したり、していない人を批判したりするほどでもないと思います。


今大事なのは、風邪をあまく見ないこと、風邪ひかないように
気をつけることだと私は思っています。
手洗い、食事、睡眠、過労、体を冷やさないなど
昔から言われていることを徹底すべきだと思います。

これらがコロナ予防に最も効果的です。
「密」や「ワクチン」や「マスク」は、
本来最後の最後に語るべきものだと思います。



医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)
私が以前からPCR検査の拡充を訴えているのは、
今後の医学などの為にも全体の様子を知ることが大切だと思うからです。
個々の患者さんだけを想えば、
PCR検査など今に至ってはほぼ不要だと思います。

新型コロナウイルス、もう普通に世界中に蔓延しています。


医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)
マスクの使い方をもう一度確認して欲しい。
・装着後マスクの面には絶対に触れない。
・もし触れてしまった場合は何もさわらずにすぐ手洗い。

これを守らないと、マスクは感染予防ではなく
感染拡大を引き起こしてしまいます。

 
医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)
「コロナは普通の風邪とは違う、高熱が2日間も続いた。」と言う人が、
意外と多く戸惑っています。
最近の人はあまり風邪をひかないのだろうか。
こういう意見の取り扱いは気をつけないと、

風邪に詳しい人からすれば、
コロナも普通のたちの悪い風邪と同じとなってしまうと思います。



マスクの強要はやめて欲しい

マスクは正しく使って欲しい

アルコールによる消毒・除菌 過敏症の方に配慮を

感染が収まらない理由はマスクにもある
医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)
新型コロナウイルスによって
人は何か大切なことに気づけるのではないか
と期待していました。しかし、残念ながら、
多くはこれによって大切なものを放棄するばかり、

悲しいかぎりです。

 
医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)
マスクはきちんとしたのをきちんと使って
少し効果がある程度のものです。
マスクの面を触ったり、あごにかけたり、
使いまわしたり、放置したり、ポイ捨てしたり、…

これでは感染を逆に助長しています。
これだけみんなマスクしているのに
感染が収まらない理由は、マスクにもあると思います。
特にマスクの面に触れてしまった時は、

どこも触らずに、すぐに手を洗いに行って下さい。

医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)
人気の無い観光地を少し歩いてみた。
人とすれ違うのは数分に一度、
それも数メートル離れている。
それでも、みんなマスクしている。

おかしいことに気付いている人は
どれくらいいるのだろう。

 
医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)
新型コロナウイルス感染症対策で、
国が先ずすべきことは、実態の把握だと思います。
最低、検査を受けたい者が全員何度でも自由に
無料で受けれる態勢を整えるべきだと思います。


 追記 
個人としては、先ずはしっかり自分で健康な生活を送って欲しい。
清潔にして、しっかり食べて、適度に運動して、しっかり寝る。
3密だ、マスクだ言う前に先ずはこれらです。
その後、3密だマスクだもしっかり対応したいです。
医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)
マスクの効能や正しい使い方をもう一度よくテレビ等でして欲しいです。
マスクの呼びかけだけでは逆効果にもなりかねません。
使う意味や使い方をよく理解していないと感染症予防どころか
感染症を拡げる手助けにもなると思います。

私がマスクをしている人で最も気になるのは
使いまわしのマスクを手でペタペタ触り、
その手で又色々な所を触る人です。
こういう人本当に多いと思います。

もう一つマスクしている人に気をつけてもらいたいことがあります。
人の横には余り近寄らないで欲しいです。
飛沫は前面に行けない分、横に拡がります。
横にはマスクしていない人よりも飛沫を浴びせているのです。

最後に私のようにアレルギーや体質でマスク出来ない人がいます。
理解を願いたいです。
注意して下さる方に悪気はないのは分かっています。
しかし、毎回説明しなければいけないストレスも深刻です。

「マスクしていない人立ち入り禁止」のような張り紙もよく見かけます。
社会参加を拒否されているようで悲しいです。

 
医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)
新型コロナウイルス感染症に対する
現時点での私のイメージは以下のような感じです。

感染者の
50%は無症状かストレスを感じないような症状、
10%は普通の風邪ひき程度の症状、
30%はたちの悪い風邪ひき程度の症状、
9.9%が重症、0.1%が死亡。

政府は早く正確な調査を始めるべきだと思います。
正確な情報がないのが一番の問題、
これさえあれば、人もそんなに馬鹿ではありません、
政府の施策も大幅に軽減されると思います。

人は自分で考えて動けるのです。



医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)
発達障害の定義も人によって色々で困ります。
正直、このようなものを障害としている・しなければならない
今の社会の稚拙さが大きな問題だと思っています。
早く正しく優しく成長したいです。

最後の一節はこの障害だけでなく、他の障害や
病気にも言えることで大切なことだと思います。

発達障害の専門家は「未熟さ」と「先天性の脳機能障害」を区別できない
『発達障害のウソ――専門家、製薬会社、マスコミの罪を問う』より #1
2020/07/31 文春オンライン

・・・・・
実は、「発達障害」はいまだに科学的根拠のある診断が確立されておらず、「脳機能障害説」「先天性説」も実証されていない。そのため、診断は表面的兆候から症状を区別する方法が主流となる。つまり最終的には医師の主観による診断にならざるを得ない。
・・・・・ 
 発達障害と診断されて人生が変わったと説明するような芸能人、スポーツ選手、アーティストなどが紹介されますが、実はこれらの人々は発達障害と診断されただけであって、発達障害であると科学的に証明されたわけではありません。当然、彼らは先天的な脳機能障害であると証明されたわけでは決してありません。
 診断はあくまで一つの「意見」に過ぎません。証明でも何でもありません。これは「事実」ではなく「意見」なのです。それをさも「事実」であるかのように報道されるから誤解や偏見が生まれます。
・・・・・
 周囲に理解されない特性があることで苦労している人はたくさんいるでしょう。そして特性のある子を育てる中で、周囲から散々非難された親はたくさんいるでしょう。
 理想は、そのような特性が受け入れられる社会を作ることであり、そのような社会を実現するよう進んで行くことは大変重要です。

・・・・・
しかし、苦しんでいる人にとっては将来ではなく今こそが重要なのだという現実があります。今を生き抜くことができなければ将来などないからです。
 そのような無理解な社会、あるいは多様性や共生へ向かう過渡期である社会に対する防衛手段として、発達障害という診断をもらうことで自分や家族を守っている人がいます。社会から不適応とされた自分を無理やりその社会に適応させるために、不本意であっても薬を飲み続ける人もいます。
・・・・・
 これらの人々にとっては、発達障害診断や薬がある種のセーフティネットとして作用しています。
・・・・・
 専門家に繫げることが必ずしも正しい診断や適切な支援に結び付くわけではない以上、発達障害という主題に対して、もっとさまざまな角度からの批判的検証があっても良いでしょう。専門家に対してもっと批判の目が向けられても良いでしょう。必ずしも診断を必要としない支援の在り方があっても良いでしょう。
・・・・・
 ところが、私たちは最初に一方的な「正しい理解」を求められています。早期に専門家に繫がり、早期に診断されることこそが最善だとする一方的な価値観を実質的に強要されています。それに疑義を唱えると、「差別」「無知」「無理解」「医療否定」などとレッテルを貼られ、攻撃対象にされてしまいます。もはや発達障害批判はタブーになりつつあり、何かがおかしいと思ってもうかつに口に出せない雰囲気もできあがっています。
医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)
新型コロナウイルス感染症のことで
色んな専門家が意見を述べていますが、
ほとんど検査もせず、
信頼にあたいする数字が全く無い中、

何をそんなに真面目に語っているのだろうと思ってしまいます。
 

医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)
大事なところです。覚えておいて下さい。

実は生活保護制度では礼金・敷金・手数料など転居費用を給付
 アパートを追い出される前に生活保護申請を
2020年5月23日 藤田孝典


医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)
病を恐れて戦おうとしてはいけない。
病は敵ではない。勿論試練などでもない。
よく観ることだと思います。
これが人に課された仕事だと思います。
 
医療・年金・介護・生活保護 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »