FC2ブログ
私は意外と(?)学校のクーラーには反対派です。
私だけかも知れませんが学校でそんなに大した授業もしていなかったですし、
何もしていなくても耐えられないほど暑いのなら休校にすべきだと思います。
これも私だけかも知れませんが、

真夏の勉強、クーラー有る無しに関わらず、はかどらなかった。
勿論、どうしても暑い時季に授業をするのなら、
クーラーは必須だと思います。

(クーラー、今はエアコンと言った方がいいでしょうか?)
教育 | コメント(2) | トラックバック(0)
最近小学校から英語教育を始めるべきという意見が増えてきているようで
心配しています。私は中学校からで十分、高校からでも問題は無いと思って
います。早く始めれば会話力は今より上がるかも知れません。ただ、最近
海外では英語力しかない日本人が目立つのです。何も知らないのにやたらと

英語だけは上手な人です。そばに居ると本当にいつも恥ずかしい思いをします。
私はその貴重な時間を使ってもっと他のものを色々勉強すれば良いと思います。
他のものを学習した方が必ず将来役に立つと思います。英語が下手でも他の何か
をきちんと学んでいる人の方が海外でも尊敬は得られやすいです。そして、英語

や外国語は必要に迫られれば必要なだけ覚えるものです。
付け加えると、日本人の英語力は低いと思われている方も多いと思いますが
私はそうは思えません。英語や似た言語を母国語としている方々は除きますが
そうでない国民の中では今でも決して低いものではないです。

日本に来ていただけた外国の方に不便だと言う意見も有るかも知れません。
確かに不便です。しかし、私の経験上英語がよく通じてしまう外国というのは
面白みも半減してしまうことが多いです。


2008/03/20 記
教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
  
 
少し古い記事ですが、いい参考になると思いますので紹介させて下さい。

犯罪者をモンスター化し死刑・厳罰化すすめれば
囚人爆発と治安悪化の悪循環うむ、
厳罰化は追い込まれて間違い犯した人間を報復で苦しめもっと悪い人間に
しようとするもの=“囚人にやさしい国”ノルウェーからの提言
2015/10/10(2009年10月?)  editor

・・・・・
世界でもっとも“囚人にやさしい国”として注目されているのがノルウェーです。まるで自宅でくつろいでいるかのような囚人たち。テレビやパソコンも自由に楽しめる快適な刑務所生活。休暇を取って自宅に帰ることもできます。
・・・・・
「私は凶悪犯罪をおかしてしまった多くの人と会ってきましたが、これまでモンスターのような犯罪者に会ったことはありません。どんな犯罪者でも人間です。生活環境を整えれば必ず立ち直ります」、
「犯罪につながるような問題、たとえば貧困や差別、ドラッグなどの問題は、市民も参加して話し合うことが必要なのです。身近な場所で話し合うことによって解決の道が見い出せるのです」
・・・・・
ノルウェーやフィンランドは厳罰化とはまったく逆の政策を取り、しかも治安もよくなっています。つまり、「厳罰化イコール治安がよくなる」とは言えず、むしろ逆のことが起こっているのです。
・・・・・
ノルウェーのオスロ刑務所。収容されている囚人はおよそ400人。森さんが訪ねたときはちょうどランチタイム。刑務所の所長と囚人たちが一緒のテーブルで談笑しながらランチを食べています。驚いた森さんが、日本の刑務所ではこんなことはありえず、非常に厳しい環境に受刑者は置かれると説明すると、受刑者は、「刑務所でそんな暮らしをしていたら社会に戻るのが難しくなりますよね。日本の刑務所は変えた方がいいと思います」と語り、刑務所の所長は、「こういう環境にしているのは、最終的にはちゃんと社会に戻って欲しいからなのです。受刑者が厳しい環境ですごして、ひどい扱いを受ければ、そのままひどい人間となって社会に適応できなくなると考えているのです」と述べます。
・・・・・
更正のために入る刑務所が、いま逆に悪いことを学ぶ学校になってしまっているからです。一般社会から遠ざけられ、塀の中に閉じ込められ、話すことができるのは受刑者同士だけなどという状況は明らかに破壊的です。
・・・・・
じつはノルウェーでも1960年代以降の少年犯罪の増加にともない、政府は厳罰化を推進しました。犯罪をおかした少年を隔離する政策をとります。しかし少年犯罪は減らず、再犯率は90%にまで達しました。
・・・・・
ノルウェーの刑務所では文字の読み書きから、望めば大学レベルの授業まで受けることができます。与えられた仕事をこなせば、それ以外は自由にすごせます。炊事や洗濯など身の回りのことは自分で行うよう自立した生活をおくり、人間らしさを取り戻していきます。さらに周りの人たちと助け合って暮らすことで社会生活の基本を身につけていきます。
・・・・・
受刑者たちは、みんな普通の人間です。私たちは、彼らは特殊な人間なんだから、自分たちから遠ざけておきさえすればいいんだという考えはやめて、受刑者のことをもっと知ろうとつとめなければなりません。刑務所の環境についても、受刑者たちはもちろん、私たち市民もともに責任を持って考えていかなければなりません。
・・・・・
日本の刑務所の状態をよく見れば、あの中にいること事態が拷問なんです。拷問は本当の意味で人を更正させることはできないのです。ノルウェーの刑務所でもかつてまずいものを食べさせるのが罰になると考えられ、ひどくまずい食事が出されていた時代がありました。それではダメです。たとえそれが犯罪者であっても衣食住の環境が劣悪であってはいけません。私は、世界の多くの刑務所のように、犯罪者をひどい状況に置けば、それに懲りて二度と罪をおかさなくなるといった考えは間違っていると思います。
・・・・・
刑罰とは報復であるべきだという考え方があるのです。しかしちゃんと学んできた方なら分かるはずです。受刑者のほとんどは、これまで生きてきた中で十分苦しんできたんだということをね。報復として刑罰で苦痛を与えるということは、追い込まれて間違いを犯した人をさらに苦しめ、もっと悪い人間にしようとすることなんです。
・・・・・
犯罪をなくすためにはすべての人が生きる基盤を持たなければなりません。家はすべての人に生まれながらにして与えられるべきもので、決して奪われてはならないものです。この当たり前のことがみんなに広がって欲しいと願っています。
教育 | コメント(6) | トラックバック(0)
私が子供の頃スポーツを楽しめなかったのは、
軍隊かやくざかのような社会に入るのが恥ずかしかったからです。

それを真面目に大切にしている人たちもいて、
そこに悪意を感じることもできない以上、彼らを傷つけたくもなかった。
ただ、彼らもそろそろ気づくべきだと思う。
これ以上は許されるのが難しくなると思います。

 
教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
やりたいことが何もないという事で悩んだり苦しまないで欲しい。
それが正解なのです。
有るほうが本来おかしいのです。
そこから何をすべきかゆっくり社会を観察し続けて欲しいです。

答えが見つかる見つからないは大きな問題ではないです。
その継続さえ続けば、たまに疲れたりもしますが、
心の健康を大きく害することはないと思います。

教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
今朝の新聞にひきこもりが問題だとありました。
しかし、ある種の三昧に入っている彼らがそんなに問題だと感じない、
私は問題視する社会に問題を感じます。
勿論、その彼が苦しんでいるのなら話は違ってきます。

三昧に入り見えてくる宇宙を大切にして欲しいです。
それは、その人だけでなく、社会全体を利すると思います。


教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
「厳しい指導」というものに、いつも違和感を持っています。
それらのほとんどは、「ガラの悪い指導」「暴力的な指導」
「悪質な指導」等と、表現すべきものだと感じているからです。
「厳しい」という言葉を穢すのはやめて欲しいです。


  
教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
今の日本、高学歴かつ聡明な方が深刻に減少していると思います。
学歴が上がれば上がるほど智慧から遠ざかる、
この不思議な現象を学者自らが解明しなければならないと思います。


教育 | コメント(0) | トラックバック(0)

科学の限界

2017/09/07 Thu 10:31

所詮、科学とは人による後付にしか有りえない。
人は人の知らない物を作り出す事は出来ても
本当に新しい物は作り出す事が出来ない。

 
教育 | コメント(0) | トラックバック(0)

三笠宮さん死亡

2016/10/28 Fri 07:34

27日のお昼前、
近所の中学校の国旗が半旗に下ろされていたので
どうしたんですかと先生に聞いたら、
三笠宮さんが死んだので教育委員会から達しがあったとのこと。

教育の現場に国旗があるのも不愉快なのですが、
更に嫌な社会になったものです。

 
三笠宮さん、おつかれさまでした。冥福を祈ります。
教育 | コメント(2) | トラックバック(0)
仕事もせず、毎日ほとんど何もせずに食べて寝ての生活を送っている友人がいる。
たまにパソコンなどをいじっている。
家事など自分の身の回りのことすらできず、人にお願いしている。
お金もなく生活保護か何か公的機関のお世話になっているらしい。

この人は最低なのだろうか。
ただ、その友人はいつもそこにいる。
私は会いたい時にいつでも会うことが出来る。
私はいつもその友人に救われている。


人は存在するだけで誰かを救っていることがある。
このこと、多くの人が感じられれば楽しい社会になる気がします。
 

教育 | コメント(2) | トラックバック(0)
参考になればと思い紹介します。
奨学金に返済義務があるなんて常々本当に恥ずかしいと思っています。
政府には早く改善して頂きたいです。

返さなくていい給付型奨学金をくれる団体
http://xn--kus49bd41h.net/archives/67540341.html


村野瀬玲奈の秘書課広報室さんの紹介で知りました。

教育 | コメント(0) | トラックバック(0)

入学する子へのアドバイス

2015/02/22 Sun 16:44

入学前の子供に「先生の言う事をよく聞いて。」と
アドバイスする人がいますが、良くない気がします。
「先生も間違えることがあるからその時は教えてあげるんだよ。」と
アドバイスすべきだと思います。

そういう気構えの方がおそらく先生の話をよく聞く子になると思います。
実際、先生も人です、知識や態度をよく間違えます。
その時は教えさとすのが子供であろうと人の道だと思います。


教育 | コメント(0) | トラックバック(0)

子供の騒ぎ声について

2014/11/10 Mon 16:37

子供が騒いでる声って、子供の頃大嫌いだったことを思い出しました。
今はそうでもないですが、迷惑がる人の気持ちが理解できない訳でもないです。
子供なんだから認めてやれみたいな雰囲気は本当に危険だと思います。


教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
私と同じように感じている所が多かったので抜粋転載します。

私からも高校生に一つだけ言います。
大人達に任せていては駄目です。
自分達で立ち上がらなければ良い方向には向きません。
大人を過度に信頼するのは本当に危険です。

先生と生徒というのは上下関係ではなく対等です。
お互いが指導し合うことが大切なのです。

「命の重みわかっているの?」……尾木ママ、桜宮高生徒による記者会見に憤慨
RBB TODAY 1月22日

 大阪市教育委員会が、体罰を受けた男子生徒が自殺した大阪市立桜宮高校の体育科の入試を中止すると決定したことを受け、決定に反対する同校の生徒が記者会見して入試の実施を訴えた。この生徒たちの行動について、“尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹氏が憤慨している。
・・・・・
「なぜ記者会見なの?」「ご遺族の心情考えているの」「命の重みわかっているの」と憤慨するとともに、「誰が仕組んだのかしら?」と、生徒以外の何者かの入れ知恵である可能性についても触れ、「やらせるなら生徒会でしょう。なぜ部活の部長? 出てくるべきは学校、顧問、教師でしょう!!」と怒りをあらわにした。
 さらに尾木氏は、会見を行った生徒らが見せた“教師に依存した姿”について、「橋下市長の言う通り、体育科そのもの」と指摘。生徒と教師とが「従属関係」にあり、マインドコントロールを受けているような状態を「教育に危険、不要なんです」として、「抜本的に見直した方が良さそうですね」との考えを示した。
 前日のブログでは、市教委の決定について、「体罰の悲劇を受け止めけじめをつけた」点と、「受験生の救済」との2点において「この段階としては評価できると思います」と支持していた尾木氏。「後は人事の刷新、在校生のケアと新生。桜宮作るために、先生も教育委員会も子どもたちと共に立ち上がることです!!尾木ママ応援します」とつづっていただけに、今回の記者会見の1件はどうしても看過することができなかったのだろう。22日付けのエントリーでは、今回の事件によって大きな衝撃や動揺を受けたであろう同校生徒たちを慮るとともに、「これはひとりバスケ部の問題ではありません!!今こそ正式に生徒会が立ち上がる時!学校づくりの課題として、クラス討論を基礎に、全校生徒の新生桜宮高校ビジョンまとめるべきです」と改めて生徒たちに呼びかけている。
教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
素朴な疑問なのですが、集団登校って安全なのでしょうか。交通事故だけを考えれば、
一人で歩いていたほうが緊急時よけてもらえそうな気がするのです。
報道の偏向で誤解されている方も多いですが、犯罪も昔よりは減っています。

子供が受けるストレスも気になります。
一緒に歩いていて楽しいと思える人ってそんなにいるでしょうか。
登下校までストレスを与える必要は無いと思います。
何だか大人が何か有った時に言い訳にしたいだけのような気がします。

<亀岡暴走>危険運転致死傷罪の適用断念 京都地検が方針
毎日新聞 5月12日

 京都府亀岡市で4月23日朝、集団登校の列に軽乗用車が突っ込み、児童ら10人が死傷した事故で、・・・・・・
教育 | コメント(0) | トラックバック(1)

給食の無料化を支持します

2012/04/28 Sat 09:34

給食が有料であることは義務教育を考えれば大変疑問です。
私は給食の無料化を支持します。


教育 | コメント(0) | トラックバック(0)

「ゆとり世代」が希望

2011/04/13 Wed 07:19

団塊世代といわれる人達は恩着せがましい気がする。
その後の人達は変な狭い正義感が強い気がする。
そして、ゆとり世代といわれている人達は本当に大切な
ものを探し始めたのではないかという気がする。

ゆとり教育とは何かと言われれば詳しいことは分かりません。
ただ、私は成功だったような気がします。

人にゆとりは必要です。
知識が幾ら増えてもゆとりがなければ
それによって何も見えなくなる。
見えなければ、知識はいかせない。

教育方法は今後も頻繁に変わっていくと思います。
変わっていくべきだとも思います。
ただ「ゆとり」だけは、いつも忘れないで欲しいです。


教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
卒業旅行に行きたいんだけど何処に行こうか決めかねている学生の皆さん、
「沖縄の高江・辺野古」と「山口の上関・祝島」は如何でしょうか。
これらの地域では今日本が抱えている二つの大きな問題を強く実感できます。
今後の人生に有益な旅になると思います。

海など自然がとても綺麗な場所です。

 高江・辺野古について
   やんばる東村 高江の現状 http://takae.ti-da.net/
   辺野古浜通信 http://henoko.ti-da.net/
   ゆんたく高江 http://helipad-verybad.org/
   Blog - 東京からの高江への行き方 
    http://helipad-verybad.org/modules/d3blog/details.php?bid=356

 上関・祝島について 
   STOP!上関原発! http://stop-kaminoseki.net/
   UrauraNews http://iwaijima.jugem.jp/
   祝島島民の会blog http://blog.shimabito.net/
   上関原発止めよう!広島ネットワーク http://kamigen.o.oo7.jp/

教育 | コメント(0) | トラックバック(0)

引きこもられている方へ 

2011/01/08 Sat 09:43

無理にその場を離れる必要は全く有りません。
ある種の三昧状態にあり、大きな智恵と接する良い機会だと思います。
怒り、妬み、恨み、苦しみ等の感情からは離れて
ただ悲しみを以って楽を思って下さい。

それであなたは浄められ大切な何かを得ると思います。



 
教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »