FC2ブログ
勉強のしすぎでものが見えなくなっている人が多いような気がします。
見れば簡単に知ることができることを、わざわざ勉強しないと知ることができない。



2014/09/26 記
倫理 | コメント(0) | トラックバック(0)
死亡と心肺停止、病院外では、報道などでは、
私は死亡で統一すべきだと思います。
この「心肺停止」なぜか強いストレスを感じるのです。
死亡の判断が医師しか出来ないという話もありますが

それならば、心肺停止の判断も医師しか出来ないはずです。
蘇生措置を施せば生き返ることもあるではないかという意見も正しいとは思います。
しかし、それは本当に稀なケースです。
最もストレスを感じるのは、

「心肺停止の状態で救助される。」という報道です。
「亡くなられた状態で発見される。」等の表現が妥当だと思います。
前者は、事後蘇生に成功した時のみ許される表現だと思います。



倫理 | コメント(0) | トラックバック(0)
きっかけを原因と勘違いしている人が多いと思います。 
本当の原因は本当に不思議なもので、
探せば探すほど失ってしまうことがあります。

義を見定めて、原因に振り回されないように気をつけたいです。
 
 
倫理 | コメント(0) | トラックバック(0)
表現の自由とは、人を傷つけるし、危険だし、、
これを守ることは本当に大変です。
しかし、それ以上に人々に大きな利益をもたらします。
 

 
戦前か? 一般人を強制排除した、北海道警「政権への異常な忖度」
2019/8/19 現代ビジネス
倫理 | コメント(0) | トラックバック(0)

言葉が淘汰されていく

2019/06/19 Wed 11:43

如何なる言葉も仮の姿であり、次第に淘汰され、消滅する。
 
倫理 | コメント(0) | トラックバック(0)
人って、一人一人特別扱いしなくてはいけない。
それを怠っては社会は楽しい存在にはならないと思います。

「あなたを特別扱いしない。」
絶対に言ってはいけないと思います。
 
 
 
倫理 | コメント(0) | トラックバック(0)

勤勉と貪り(むさぼり)

2019/03/15 Fri 07:44

貪り続けて、
既に餓鬼の領域まで落ちて
苦しんでいるのに、
それを勤勉と信じて

そこから逃れようとしない人の
何と多いことだろう。


倫理 | コメント(0) | トラックバック(0)
人を計って、救うべきか救わざるべきかを考えるのは、無智です。


倫理 | コメント(0) | トラックバック(0)
「綺麗ごとだ」と言って、
それを否定したりあきらめたりする人とは
余り気が合わない。
綺麗をあきらめたくないのです。
 
倫理 | コメント(0) | トラックバック(0)
賢いことをしているからと賢い人とは限らないし、
賢くないことをしているからと賢くない人とは限らない。
人の環境、色々な業や因縁というものがあります。
思うように動くのは良きにも悪きにも難しいことです。

その人がしていることだけを見て、
その人を判断してはいけないはずです。

 
倫理 | コメント(0) | トラックバック(0)

誠実さを怠慢でけがさない

2018/05/08 Tue 09:39

おかしいものをおかしいと言った時、
よく言い返されるのが、「疑っていたらきりがない。」
「あなたは何にでも文句をつける。」…などです。
誠実さを怠慢でけがすことは止めて欲しいといつも思います。

倫理 | コメント(0) | トラックバック(0)
過労と過食から受ける影響を軽んじている人が多すぎると思います。
心身にかかる負担は甚大です。
健康を維持することはほとんど不可能です。

倫理 | コメント(0) | トラックバック(0)

本当の「文句ばっかり」

2018/04/06 Fri 11:09

文句は、我慢してなるべく言わないようにしている。
それでも「あなたは文句ばっかり。」と、言われることがある。
そういう人には本当の「文句ばっかり」を教えたくなる。
我慢の心は恐ろしいです。

倫理 | コメント(0) | トラックバック(0)
せっかくのデジタルをアナログ化すること、
これをデジタル化と勘違いしているのが、
現在の社会だと思います。
デジタルには深い真理があります。

大事にしたいです。


倫理 | コメント(0) | トラックバック(0)
苦しんでいる者ら、疲れている者らに、大きな声を出させる。
これをいじめと言うのだと思います。

倫理 | コメント(0) | トラックバック(0)
どちらを救うかなどという発想は放棄すべきだと思っています。
いつも全員を救うのです。
出来る出来ないを自分で決めてはいけない。
この心構えの無い者は、智慧には近づけないと思います。

 
倫理 | コメント(0) | トラックバック(0)
誰かの恐怖を取り去る為に、誰かを傷つけてはいけない。
これをすることを無智というのだと思います。
誰かが傷つき、恐怖は更に膨らんでいく。
悲しいかぎりです。
 

倫理 | コメント(2) | トラックバック(0)

苦労は否定します

2017/09/01 Fri 11:21

幾らでも頑張ったり努力したりしてもいいと思います。
しかし、私は苦労は否定します。苦しみは否定します。
 

まず苦労はしてはいけない 2016/02/17

苦労は魔の力 2013/12/25
倫理 | コメント(0) | トラックバック(0)

正義について

2017/08/28 Mon 09:38

正義と言う人がいる。
しかし、義に正しいや間違いはないと思います。
義とはただただ正確に見るもの、
これを怠るものが悪行に走るのだと思います。
 
倫理 | コメント(0) | トラックバック(0)

怠け続けることは難しい

2017/07/10 Mon 07:43

怠けるというのは怠けていない人には容易ですが、
怠け続けている人にはそんなに容易ではない。
怠け三昧、これが出来る人は本当に優れている人です。
みんなで供養すべき人です。


なまけ三昧   2015/05/28
倫理 | コメント(4) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »