fc2ブログ
野田さんや泉さんをよく見てほしい。
立憲民主党は所詮自民党なのです。
一部は維新なのです。
今の政治を変えたければ、

共産党・れいわ・社民党を
応援するしかないと思います。
現状それ以外の党は
自民党の一派閥のようなもの、

利権の奪い合い、
ほんの一部の人達の為の政治、
それこそ恐怖政治です。

 
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
本当に分かりやすくまとめられています。
改憲もいいじゃないかなと感じている人にはお勧めです。
私は今の日本国憲法はよく出来ていると思います。
いつか、この憲法の理念を実現させてみたいです。

改憲を考えるのはそれからでいいと思います。

自民党の「新しい憲法」の中身、ご存知ですか?
blackburnさん 2020/06/08

コロナ禍の中、自民党が憲法の改正を進めようとしています。
憲法の改正は、最終的に国民投票によって私たちに委ねられます。
どうかお願いです。
この自民党の「新しい憲法」の中身を知ってください。
・・・・・


2020/08/05記
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

野党がだらしない?

2024/04/19 Fri 16:23

よく聞く「野党がだらしない。」という意見、
政治をよく見ている人でこれを言う人がいれば、
ただの与党支持者です。
実際は、与党の方がよっぽどだらしないです。

 
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
野党共闘に立憲民主党・国民民主党を引き入れるなら、
反原発と護憲は必須であること、
しっかりと分からせるべきだと思います。
彼らは未だに第二の自民党を夢見ている。

そのような党なら必要ないと思います。
そして、もう一つ、
決して彼らを中心にはおかないということ。
彼らが中心に来れば、岸田政権との違いは示せても

自民党との違いは見いだせないと思います。
散々苦労したあげく、人が変わっただけで
ほとんど何も変わりませんでした。
では、悲しいと思います。

 

その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

「必要なのは民主主義」

2024/03/20 Wed 11:54

日本には民主主義がなく、
共産主義があり、その上に資本主義がある。
政治は、ほんの一部の人達の為だけに機能しているだけです。
「必要なのは民主主義」

本当に何十年言い続けているのだろう。
多数決だと勘違いしている人も多い。

 
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
自民党裏金問題、
派閥とか金権政治とかを問題にしているところ多いですが、
最大の問題は自民党議員が逮捕されないことです。
今みんな一番不安に思っていることは、

このまま犯罪者が議員を続けることです。
日本の法律を作り続けることです。


 
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
裏金の使われ方を報道等ではよく取り上げていますが、
先ずはどうでもいいことだと思います。
必要なのは裏金の透明化ではなく、裏金関係者の全員逮捕です。
何に使ったかなどは、その後の問題です。




その他 | コメント(2) | トラックバック(0)
自民党よりましだと思う政党:
 共産党、れいわ、社民、、、

自民党なみだと思う政党:
 立憲民主党、国民民主党、公明党、、、

自民党よりひどいと思う政党:
 維新、参政党、日本保守党、、、

私は大体こういう認識です。
 
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
自民党に投票してはいけない理由を思いつくたびに記していこうと思います。

・戦争を選択肢の一つにしている、放棄していない。
・人の多様性を認めない。
・人権を軽視している。
・貧困を放置している。
・憲法を理解せずに改憲しようとしている。
・三権分立を理解していない。
 司法や立法を行政の下請け機関と誤解している(願っている)。
・原発を推進している。
・水道を民営化しようとしている。
・リニアの深刻な環境破壊に気づいていない。
・沖縄の辺野古の海を埋め立てている。
・アメリカに意見できない。
・イスラエルに意見できない。
・北朝鮮の拉致問題を解決する気がない。
・自浄作用が無い。
(裏金、森友・加計・桜を見る会、その他たくさんの疑惑に対して説明をしたことがない。)
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

維新政治というものは

2024/02/02 Fri 22:44

維新政治というものは、
自民党の利権を市民に還元せずに
維新自らの利権に変えること。
大阪の政治は、分かりやすくいうと、

今ヤクザとチンピラの抗争中なのです。
市民はただただ傷つくだけです。



その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
深く傷ついてうずくまっている人を、
大勢で足蹴にして笑っているみたいな人が
いつまで日本の総理をしているのだろう。
それを見て笑っている人のなんて多いことだろう。

岸田内閣は今すぐ総辞職すべきです。
そして、自民党は下野すべきだと思います。
 

その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
政治家の不正の追及は野党の仕事ではありません。
警察とマスコミ、報道の仕事です。
「野党がだらしないのではなく、マスコミがだらしない。」
と多くの人が気付けるまでは、

自民党や維新らが続くのだろうと思います。
  


その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
次の総選挙で政権交代が起きるかどうかは
立憲民主党次第だと思います。
彼らが共産・社民・れいわに頭を下げて
謝罪できるかどうかだと思います。

反戦・反原発・消費税廃止を
受け入れられるかどうかだと思います。


その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

神社の賽銭と憲法

2023/12/28 Thu 15:47

神社と言えば、来年の初詣も
憲法改正署名集めるところ多いのだろうか。
世間には今も護憲派が沢山いて、
そのような人はそれを見かけると

お賽銭は入れないということ、
よく覚えておくべきだと思います。

 
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

自民党政治が嫌なら

2023/12/18 Mon 15:37

立憲民主党、維新、国民民主党…、
これらは所詮自民党の1派閥のようなものです。
自民党政治が嫌なら、
これらの党にも投票すべきではないです。


その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
私の政治的スタンスと私が支持する政策を思いついた時に随時記していきます。

 政治的スタンス
 
・反戦
・反原発
・反貧困
・反自民党・公明党・維新・国民民主党・立憲民主党

(支持政党はありません。選挙時は共産党・れいわに仕方なく投票しています。)
・護憲


 支持する政策

(戦争)
・戦争放棄
・いかなる戦争、その準備を認めない。
・数年前成立した安保関連法制(戦争法)、秘密保護法等の廃止。
・防衛装備品の移転、武器輸出には反対。

(経済)
・消費税廃止
・法人税増税
・所得税の累進強化
・マイナンバー廃止

・最低賃金時給1500円以上
・有期雇用については正規雇用(正社員)より給与を多くすることを義務化する。

・リニアモーターカー建設中止。
・東海道新幹線の利益をJR各社に分配し在来線を充実させる。

・原発即時全廃

・ハウジングファースト
・ベーシックインカム
 (社会保障は維持したままで、全員に毎月10万円を一律給付する。)

(年金・医療)
・医療や年金の公的保険制度を廃止し、国庫からこれらを全て賄う。
・健診、検診の推奨を止める。(早期発見早期治療のメリットは少ない。)
・HPVワクチン・コロナワクチン接種中止
・長期的な感染症対策の私権制限禁止
・マスクの強制による人権侵害の検証

(選挙制度改革)
 ・小選挙区制の廃止
 ・衆議院はしばらく比例代表のみ
 ・供託金の大幅減額

・森友・加計・桜を見る会、統一協会、甘利さん麻生さんDappi等、諸問題の早期解決

(教育)
・子供や教育者に国歌を強制的に歌わせない。
・小学校英語教育の中止

(死刑)
・死刑制度の廃止

(交通)
・自転車のヘルメット義務化反対
・高速道路無料化


その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
今の日本政府は、自民党や維新らは、日本を貧相な
全体主義国家にしたくてたまらないようです。
旧ソ連や中国、北朝鮮が貧しくなっていった理由が
今なら良く分かる。

多様性こそ強さで有り、富なのです。



 

その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
だいたい、今の政府というものは、
落ち着いて静かに話すと気軽に無視をする。
興奮して話すと落ち着いてと言い
狂人かのように扱い無視をする。

 

その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

選挙で現れる民意は少ない

2023/10/10 Tue 14:48

自民か維新かどちらか選べとなれば、
私は自民を選びますが自民党を支持している訳ではない。
選挙とはそういうものです。議員の方々、
投票してもらったから、当選したからといって、

支持されているとは絶対に思わないで下さい。
 
 
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)

権力者は政治を考えない

2023/10/02 Mon 11:14

経済や外交、政治のことを
難しく考える人が多すぎると思います。
権力を持てば持つほど、
こういうことは大して考えない傾向が強いです。

難しく考えれば考えるほど、
未来を見誤る可能性が高くなるということです。
最近の自民党・公明党・維新などは典型的なそれです。

その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »