fc2ブログ
今回のコロナ騒ぎで改めて思ったのが、
戦争なんて本当に簡単に起こるです。
普段反戦だ人権だ言っている人ほど騒いでいるような気がします。
恐怖にさいなまれれば、反戦なんて簡単に言えなくなってしまう人が

本当に多いのだと思います。 
残された少ないコロナの期間、もう一度冷静に考えたいです。

 
戦争 | コメント(0) | トラックバック(0)
自衛隊や軍隊というものを先ず日本から一方的に放棄しても良いと思います。
平和への強いメッセージと、過ちを起こさない固い決意を世界に誓う。
愚かな権力者というものは定期的に必ず現れます。
そういう人が軍を司る恐怖を真剣に想像して欲しい。

 
戦争 | コメント(0) | トラックバック(0)
戦争を本当に理解していれば、
そのきざしを見ただけで、
正気を失って狂ったように抗議してしまうと思います。
今戦争をあまく見ている人が本当に多い。



戦争 | コメント(0) | トラックバック(0)

最大の損失とは殺人

2022/03/25 Fri 23:47

殺されたり財産を失うのが最大の損失ではありません。
最大の損失とは人を殺してしまうことです。
人生の意義を全て失い、
果てることのない苦しみにさいなまれます。

戦争に参加してはいけない。

戦争を拒否せよ。

戦争 | コメント(0) | トラックバック(0)

空襲1945

2022/03/11 Fri 22:02

東京では数時間の攻撃で10万人以上の方が亡くなりました。
今また世界の別の場所でよく似たことが起ころうとしています。

いい参考になると思います。

空襲1945     朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/special/kushu1945/




ロシアのウクライナ侵攻について
戦争 | コメント(0) | トラックバック(0)
今すぐ戦争をやめて下さい。
ウクライナが応戦するならば、私はウクライナも支持しない。
戦争反対とは、そういうことだと思います。
国や命を懸けて戦うのではなく、他の方法を考えて欲しい。

もし何も思い浮かばないのなら、とにかく逃げて欲しい。
ウクライナでは今18~60歳男性の出国が禁じられていると聞きます。
この件に関し、ウクライナ政府に強く抗議します。
国民を戦争に巻き込まないことが政府の最も重要な仕事です。

如何なる理由があっても、戦争に参加してしまえば
苦しみにさえなまれる余生が待っているだけです。

ロシアに関しては、一つ気になることがあります。
プーチンさんの表情を見ていると一般的な体調不良と
認知症か何か精神疾患も私は感じます。
彼の心身が浄められ彼もまた救われるよう祈りたいです。

そして、反原発派なので、一つ念を押しておきます。
ロシアにもウクライナにも原発は沢山あります。
チェルノブイリはウクライナにあります。
チェルノブイリの放射性物質は日本にも届きました。

重ねて言います、今すぐ戦争をやめて下さい。

  
戦争 | コメント(0) | トラックバック(0)
戦没者は何かの犠牲になったのではない、ただの犬死にです。
これを見極められない人は見間違う。
また戦争に自ら依存する。


戦争 | コメント(0) | トラックバック(0)

自衛隊の訓練と基地

2021/09/02 Thu 07:59

それだけではないですが、自衛隊や軍隊の訓練は
殺し合いの訓練だということを
みんな理解しているのだろうかとよく思います。
基地というものはそれを行う場所です。

既にたくさん基地は存在しますが、
今またたくさん基地が作られています。
近くに基地が有ったり、基地が作られようとしているのなら
今一度よく考えて欲しいです。

自分の眼の届くところで
殺し合いを容認する人はほとんどいないと思います。


戦争 | コメント(0) | トラックバック(0)
自衛隊や軍隊も必要だと感じている戦争や殺し合いを
覚悟している人に何を伝えればいいのだろう。
彼らに悲惨さや苦しみを伝えても、そうならないようにと
彼らの戦意が更に高揚するだけ、悲しい限りです。


戦争 | コメント(0) | トラックバック(0)
久米島の日本軍による住民虐殺事件について
詳しく説明されている記事を見かけました。
リンク先の記事、出来ればのぞいてみて下さい。
戦争の一端を知ることが出来ると思います。

戦争に参加すれば、人は狂ってしまうか狂っているかのどちらかです。
ルール無しの殺し合いです、仕方がありません。
だから、戦争は絶対にだめなのです。
準備からしてはいけないのです。

2019-06-26
久米島の日本軍 海軍通信隊の鹿山正隊長と陸軍中野学校の「上原敏夫」

久米島は那覇市の西方100 km の東シナ海に浮かぶ周囲48 km、人口約一万数千人の島で、 沖縄戦では米軍の作戦計画の攻撃目標からもはずされ、日本軍の守備部隊も配置されない孤立した島であったから、本来は戦争の惨劇とは程遠い平和の島のはずであった。しかしこの無防備の小島にも皇軍は存在した。鹿山正海軍兵曹長(33歳) が率いる海軍見張隊 (電波探知隊) 35名の小隊が駐屯し、島の北部のウフクビリ山に電波探知機を設置して、付近に侵入してくる敵の潜水艦や飛行機を探知して小禄の海軍沖縄方面根拠地大本部へ通報する任務を負っていた。…
・・・・・
久米島郵便局の安里正次郎は、避難するところを米軍に発見されて捕虜になった。彼は抗戦の無益をさとり、米軍の命で分遣隊に降伏勧告状を届けに行って、その場で殺された。
・・・・・
…計九人が、米軍の上陸と同時に米軍に拉致されたが、その日に帰宅を許された。
六月二十九日夜十一時ごろ、鹿山兵曹長はこの九人を射殺したうえ、金城宅に集め、火を放って焼いたという。
・・・・・
仲村渠明勇は沖縄本島で米軍の捕虜になったとき、久米島が無防備の島であることを米軍に説明して、島を艦砲射撃の難から救った恩人であった。八月十八日、彼は島に渡り「無抵抗でいるように」と、ふれまわった。そのために仲村渠父子(三人)は、鹿山兵曹長に仲里村字銭田(イーフ原)で惨殺された。
・・・・・
韓国人の谷川昇一家は、戦前から久米島の字上江洲に住んでいた。彼は貧乏だったが、妻ウタ(大宜味村出身)との間に五人の子供がいた。彼は身におぼえのないスパイの汚名を着せられて、妻子もろとも一家七人が殺された。
・・・・・ 
・・・・・
〔答〕ええ、火葬にしました。家といっしょにね、それから、あと片づけをするように、村長に命令しました。ええーと、ワシの見解はね、当時スパイ行為に対して厳然たる措置をとらなければ、アメリカ軍にやられるより先きに、島民にやられてしまうということだったんだ。なにしろ、ワシの部下は三十何人、島民は一万人もおりましたからね、島民が向こうがわに行ってしまっては、ひとたまりもない。だから、島民の日本に対する忠誠心をゆるぎないものにするためにも、断固たる処置が必要だった。島民を掌握するために、ワシはやったのです。
・・・・・
私は日本軍人として、最高指揮官として、当時の処置に間違いがあったとは、ぜんぜん思っていないからです。それが現在になって、法的に、人道的に悪いといわれても、それは時代の流れとして仕方がない。いまは、戦争も罪悪視する平和時代だから、あれも犯罪と思われるかもしらんが、ワシは悪いことをしたと考えていないから、良心の呵責もない。ワシは日本軍人としての誇りを持っていますよ。
・・・・・
「もう二度と戦争は起こすな。もうこれ以外はないです。人間が人間でなくなる」
・・・・・
今回取材を通して感じたことは、戦争というのは急に来るものではなく、徐々に組み込まれていくもの。いざ戦争になってしまったらいくら平和を訴えても遅いということと、誰も守ってはくれないということでした。そうならないためにも、社会を見る目、教育はどんな方向に向かっているのか、マスコミの報道はどうなっているのか、それぞれが注意深く監視することが求められています。
・・・・・
戦争 | コメント(0) | トラックバック(0)
「戦争にはもう絶対に参加したくないから自衛隊を廃止しよう。」
「自衛隊は違憲だから無くさなければならない。」
今では極端と言われるこれらの意見ですが、
私の子供の頃はよくある普通の意見だった。

私は今でもこれらの意見を支持しています。
戦争ならびその準備に対するあらゆるものに反対します。
 

 
戦争 | コメント(0) | トラックバック(0)

コロナと戦争

2021/01/14 Thu 07:39

沢山の人が緊急事態宣言を支持している。
恐怖にかられて、
時の政権に自らの自由を放棄する。
自己決定権を放棄する。

戦争なんて簡単に起こる。
そう思う今日この頃です。

 
戦争 | コメント(0) | トラックバック(0)
自治会の掲示板に「自衛官募集」のポスターが貼られていた。
私にとっては大きなストレスです。
どのような形でさえ、戦争には参加したくないのです。

戦争 | コメント(0) | トラックバック(0)
自衛隊は違憲だと思っています。
最近はみんなあまり聞かなくなった意見ですが
私が子供の頃は少なくない人が堂々とこう言っていた。
 


 
戦争 | コメント(0) | トラックバック(0)
正義や善意がぶつかって、戦争になるのではない。
悪意がぶつかって戦争になる。


今こそ「統治行為論」を消去せよ!
砂川事件最高裁判決で調査官メモが意味するもの~揺らぐ統治行為論の正当性
2020年06月29日 論座
戦争 | コメント(0) | トラックバック(0)
あらゆる自衛隊の新基地建設に反対します。
自然を戦争のために壊すのはもう止めにすべきだと思います。


石垣島の中央にある平得大俣(ひらえおおまた)に、
陸上自衛隊の駐屯地建設が進められようとしています。
沖縄県の最高峰、於茂登岳のふもとにある、
平得大俣地区がどんな場所かを動画にまとめまてあります。
   - 「この水と自然を守りたい」石垣島の水を考える会 制作 -
戦争 | コメント(0) | トラックバック(0)
よく言うことですが、
正義の戦争とか自衛の戦争とか、
そのようなものはありません。
戦争は戦争、

始まればお互い悪を尽くすだけです。

戦争からの自衛は戦争に参加しないことのみです。
どのような結果になろうとも戦争に参加したものに、
心の平安は2度と訪れません。


 
戦争 | コメント(0) | トラックバック(0)

平和は自然にあるもの

2019/08/11 Sun 22:35

平和はいつも自然にあるものです。
努力や祈りなどで勝ち取るものではありません。
ただ、受け入れれば、平和は訪れます。


戦争 | コメント(0) | トラックバック(0)
私は自衛隊を廃止すればいいと思っています。
戦争にたよる生き方をしたくないのです。
 
軍隊や自衛隊は人権を著しく抑制された状況で暴力を学習する場所です。
人は本来近寄ってはいけないものだと私は思います。
 
 
戦争 | コメント(0) | トラックバック(0)
もし中国や韓国、その他の国々が日本に攻めて来たら、
その時は応戦してもいいのではないか、
仕方ないじゃないかと思っている人が多いと思います。
それでも応戦してはいけないのです。

戦争というものは、全てを失っても
放棄する価値のあるものです。
 
 
戦争 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »