FC2ブログ

人出不足?

2018/08/16 Thu 23:07

人出不足、人手不足と、よく言われます。
しかし、現状、人出は余っていると思います。
ただブラックな企業とアルバイト頼みの企業が
増えているだけだと思います。

待遇を改めれば、きちんと給料を払えば、
今の日本、幾らでも人が集まると思います。
 
経済 | コメント(0) | トラックバック(0)
以前暑い国に住んでいたことがあります。
40℃を超えるようなことも頻繁にありました。
私もですがみんなエアコンもなく暮らしていた。
日本のような忙しい社会では無理だと思いますが、

夏、何もせずにのんびりしていることの大切さを
一度みんなで考えたいです。
大切なことを思い出せるかも知れません。
 
 
経済 | コメント(0) | トラックバック(0)

貪りと勤勉

2018/05/22 Tue 10:42

貪りを勤勉と誤解する人が多いと思います。
早く気づいて欲しいです。

餓鬼の苦しみ、悲しいかぎりです。
 
(貪り:むさぼり)
経済 | コメント(0) | トラックバック(0)
人の仕事なんてそんなに沢山ない。
全員が、周5日、1日8時間働くなんて妄想だと思います。
1日8時間働くのなら週休3,4日に、
周5日働くのなら1日4,5時間の労働にしなければ

全員の雇用先など無いと思います。
これを無視すれば、人や社会の健康を維持するのは不可能だと思います。
どうしても、現行の働き方制度を維持したいのなら、
ベーシックインカムや手厚い生活保護政策などを導入して、

政府は、働かないという選択肢、
正確にはお金儲けに参加しないという選択肢を
人々に提供する必要があると思います。

経済 | コメント(0) | トラックバック(0)
生活保護は、申請すれば所得の審査のみで支給すればいいと思います。
そして、最終的にはベーシックインカムに移行していくべきだと思います。

生活保護減額の福島市に違法判決、原告母子が明かす悲壮な思い
みわよしこさん 2018.1.19


「生活保護ホットライン」で電話を受けてみた
 ~ 生活保護の当事者とは、どういう人々なのか?
みわよしこ さん  2018/1/14(日)


平均年収186万円…日本に現れた新たな「下層階級」の実情
現代ビジネス 2018年1月14日
経済 | コメント(0) | トラックバック(0)

人出不足?

2017/12/11 Mon 10:05

人出不足、人手不足と、よく言われます。
しかし、現状、人出は余っていると思います。
ただブラックな企業とアルバイト頼みの企業が
増えているだけな気がするのは私だけでしょうか。

待遇を改めれば、きちんと給料を払えば、
今の日本、幾らでも人が集まると思います。

 
経済 | コメント(0) | トラックバック(0)
生活保護受給者に対する就労指導、私もいつも疑問を感じています。
私は窓口を開けておく程度でいいと思います。
政府の側から積極的に指導していくことは、
生活保護法や社会福祉の理念に合わないと思います。

生活保護受給者を追い詰める「就労指導プレッシャー」の功罪
2017.6.2 みわよしこさん

・・・・・
「働けるのに働かず、生活保護に甘えている」という状態にある人が多数いるという実感は、私には全くない。私から見ると、「働きたくない」は「働けない」のバリエーションの1つだ。そもそも「働けるのに働きたくないから働かずに生活保護」という人に対して、就労意欲アップ、本人に適した仕事探しや仕事づくり、就労後の就労継続のためのフォローアップなどを丁寧に行うには、支援者の人件費その他の費用、受け入れ企業側の環境整備費用、もちろん本人の給料その他の費用が必要だ。
・・・・・
 もちろん、生活保護費コストを別のどこかに“付け替え”することに成功すれば、表面的には「就労促進によって、生活保護費削減に成功した」ということになる。税収も若干は増加するかもしれない。しかし、それらを考慮しても、社会的コストの総額は減少せず増加するかもしれない。
・・・・・
「生活保護を受けることは、自立するっていうことなんですよ」
・・・・・
「就労は、社会参加の延長線上にあるものと捉え、就労それ自体を目標としないほうが、むしろ就労意欲が高まるのではないかと思います。それに、それは個人の尊厳を守り、自己決定権を尊重することでもあり、福祉の理念の実践そのものです」
・・・・・

生活保護の引き下げで母子世帯はさらなる「生活劣化」に陥るか?
2017.6.9 みわよしこさん

 
貧困と生活保護(49) 生活保護の大問題は、低すぎる捕捉率
2017年6月30日 原記者の「医療・福祉のツボ」


経済 | コメント(0) | トラックバック(0)

過労は罪です

2017/01/20 Fri 17:35

そんなに働かなくても良いことを社会全体で理解できる日がいつか来ると思います。

 
経済 | コメント(2) | トラックバック(0)
雇用や需要が増えることを良い事かのように言う人が多いですが、
総労働量や消費をこれ以上増やして何が良いことなのか、
一度よく考えて欲しいです。
 
経済 | コメント(0) | トラックバック(0)
東京は何処かの都市に2000億円ほど支払い、
オリンピックを代わりにしてもらえばいいと思います。
このままだと何兆円かかるか本当に分からないと思います。
頻繁に起こる大規模災害、アベノミクスの大失敗、福島原発事故の処理など、

日本に今オリンピックに何兆円も使える余裕が何処にあるのでしょうか。
 
 
経済 | コメント(2) | トラックバック(0)
最低賃金は、企業の状態をみて決めるものではなく、
人がそれで生活できるかどうかを見て決めるものです。
最低賃金も払えないような企業は、もう事業が破たんしているのです。
早急に必要な判断をすべきだと思います。
 

人を貧困に追い込むようなビジネスモデルは破綻している

貧困と生活保護(41) 貧困者・弱者をたたく「精神の貧困」
経済 | コメント(0) | トラックバック(0)

1日8時間働くということ

2016/08/26 Fri 10:32

全員が、1日8時間働けば、社会はつぶれると思います。
 
 
経済 | コメント(0) | トラックバック(0)
何もせずにぼおっと生きている人が、
一番社会の為になっている現状があると思います。

 
経済 | コメント(0) | トラックバック(0)
「欲しい欲しい」や「助けて助けて」と、言い続けるのは
本当に強い精神力が必要になる。
弱っている人にそれを求めるのは悪意というものだと思います。



生活保護申請直後に一家心中、行政の責任論だけで語れない深層
みわよしこ 2016年7月15日
経済 | コメント(0) | トラックバック(0)

努力と貪り

2016/08/12 Fri 11:17

頑張りや努力などは、貪りと紙一重です。
ただただ貪っているだけの人をよく見かけます。

(貪り:むさぼり)
 
経済 | コメント(0) | トラックバック(0)
何らかの時に参考になればと思い、紹介させて下さい。

ネットから無料で入手可能!知っておきたい生活保護のしくみ
 (稲葉剛さん公式サイト)



カリフォルニア州、最低賃金を時給15ドルに引き上げへ   時事 3月29日
経済 | コメント(0) | トラックバック(1)
パチンコ、競馬、競輪、酒、タバコ・・・、
生活保護のお金を合法的に何に使おうが全く問題ないと思います。
若しそれらが問題行動なのであれば、
全員に平等にそれら自体を法的に規制すべきだと思います。

パチンコで生活保護を停止した別府市の「罪と罰」
みわよしこ 2016年1月29日


「『健康で文化的な最低限度の生活』に
ギャンブルは含まれうるか否か」という議論の不毛
みわよしこ 2016年1月26日

・・・・・
では、図書館なら良いのでしょうか? 生活保護を利用する以前から長年一緒に暮らしている猫と、これからも一緒に暮らし続けるのは良いのでしょうか? 金魚を飼って泳ぐ姿に心和ませて良いのでしょうか? 花を買ってきたり河原で摘んできたりして、コップに活けて飾るのは良いのでしょうか? たまには映画に行っても良いものでしょうか? 往復とネカフェ宿泊に5000円くらいかけて小旅行を楽しんでも良いものでしょうか? 客単価2000円程度の焼き鳥屋で一杯やっても良いものでしょうか?
 図書館・猫・金魚・花・映画・小旅行・焼き鳥屋で一杯、どれも私が一度ならず、生活保護利用者たちから 「ケースワーカーに、『そんな暇があったら××しろ』『そんな金があったら××を買え』『いいご身分ねえ』『ゼイタクだ、処分しろ』と言われた」 という話を聞いた対象です。
・・・・・
経済 | コメント(0) | トラックバック(0)

バスの事故と鉄道

2016/01/29 Fri 11:38

バスの事故が話題になっています。
私はバス並みに安く利用できる鉄道の整備も解決策の一つだと思っています。
リニアに何兆円も使えるのなら出来ると思います。
東海道新幹線の莫大な利益を大切にして欲しいです。

リニアモーターカーを中止して、鉄道在来線の充実を計るべきだと思います。

経済 | コメント(0) | トラックバック(0)
ベーシックインカムに興味のある方は如何でしょうか。
面白い講演会になると思います。

  ベーシックインカム : 「すべての国民に対して、(働かなくとも生活できる程度の)一定のお金を無条件で給付する制度」

私はベーシックインカムを支持しています。

京都、平智之講演会
「ベーシックインカムを考える」(第3回)

・テーマ ベーシックインカムを考える(第3回) 『財源はどこにあるのか?』
・日 時 平成27年1月31日(土) 午後6時半~午後8時
・場 所 ハートピア京都 第5会議室(京都市営地下鉄「丸太町駅」5番出口)
・参 加 参加無料、事前申込なし
6つの論点
 ベーシックインカム(以下、BI)について第三回目の講演会を開催します。
今回は、第一回で述べた「働く自由」について、第二回で触れた「BIの財源」を含めて以下の諸点について私の考えを述べます。
論点1:BI(例えば月5万円)をもらうと人は本当に働かなくなるのか?
論点2:年金財源を心配する年金受給者と対立しないか?
論点3:生活保護制度が軽視されると言われるが大丈夫か?
論点4:BIと医療制度改革との関係は?
論点5:BI(例えば成人5万円/月、子供2.5万/月)の予算規模はどれくらいか?
論点6:論点5で見積もるBI財源はどこにあるのか?
・・・・・・・          

2014/10/24 【京都】平智之京都講演会
「ベーシックインカムを考える」(第1回)(動画)



ベーシックインカムの社会的正義と機能的合理性 ・・・   2013/07/13
ベーシックインカムと仕事   2013/08/10
経済 | コメント(2) | トラックバック(0)
人を貧困に追い込むようなビジネスモデルはもう破綻しているのです。
それで、蓄財できて喜んでいるようでは世間が見えていない。
どれだけ恐ろしいことか、餓鬼になっている自分の姿をいつか見る。



経済 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »