FC2ブログ
軍隊や自衛隊を支持している人は、
人を殺すということをきちんと想像されているのかなとよく思います。
きちんと想像できていて、それでも保持したいと思う人が多い社会は
私は楽しめないと思います。

 
戦争 | コメント(0) | トラックバック(0)
シュプレヒコールなんて、ただの狂人の叫び声。
多くの人はこれを無視したいと思うだろうし、無視をする。
しかし、狂人の声を無視すれば、
社会は必ず穢(けが)れる、乱れる。

狂いとは他から強いられるもの、
自ら発するものなどいないのですから必然です。

その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
大きな消費に依存した社会では楽しめない。
生産はなるべくぎりぎりでいい。
 
経済 | コメント(0) | トラックバック(0)
権利を主張することの大切さを学ぶこと、
義務教育に導入すべきだと思います。
今は権利を主張するだけで「わがまま」「義務?」など
沢山の謎の批難を浴びる。



教育 | コメント(0) | トラックバック(0)
今となっては少し懐かしい響きです。
思い出したので少し書きます。
主にはイラクで拉致された人達の話でした。
その他にも、命の危険を承知でそれらの行動をした

人達に向けられていたと思います。
私は思います。
「命の危険を承知してまで自ら信じることの為に行動を
起こしている人を救わずして、誰を救うのか。」

人は人を計らずに人を救うべきと思っている私にとっては
少し矛盾しているのですが。。。
 


2007年7月23日記
倫理 | コメント(0) | トラックバック(0)
お金儲けの為にはちょっとくらい汚いことも仕方がないと
考えている人が、本当に多いと思います。
しかし、これに疲れて働けなくなる人も本当に多いと思います。
 
経済 | コメント(0) | トラックバック(0)

私の死生観と死刑

2018/10/16 Tue 23:45

結局死んだからと何かが変わる訳ではないと思うのです。
殺された人は未来世で現世を継続させられる。
こういう意味でも、死刑は必要ないと思います。
全く無意味です。
死刑 | コメント(4) | トラックバック(0)
「オプジーボ」持ち上げられすぎだと思います。
それによって利益を得られる人らの調査で2,3割の人にしか効かないのです。
効くをどう考えるかにもよりますが、実際は1割有るか無いかだと思います。
そして、オプジーボにも勿論副作用が有ります。

オプジーボの特に注意すべき副作用(小野薬品さんHPより)
https://www.ono-oncology.jp/contents/patient/opdivo_about/04.html
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
妊娠や出産に対して、「おめでとう」と言う気にはなれない。
自分もメンバーとなって築いている
今のこの社会にそこまで傲慢でいたくない。
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
1日10時間とか8時間お金儲けに費やせるほど、
人生に余裕があるとは思えない。
それでは仕事が出来なくなる。
限界まで貪って、それで人生を終える。

余りにも悲しすぎると思います。
人生はそのような為にあるものだとは
どうしても思えません。
それでは、ただ餓鬼が苦しみながら

跋扈しているだけではないでしょうか。
そこから、出て行く勇気を持たなくては
人生は楽しめないと思います。

 
2014年5月3日記
経済 | コメント(0) | トラックバック(0)
「綺麗ごとだ」と言って、
それを否定したりあきらめたりする人とは
余り気が合わない。
綺麗をあきらめたくないのです。
 
倫理 | コメント(2) | トラックバック(0)
安倍総理になってから、日本政府が出す数字が
中国政府なみにあてにならない。
次の政権は前政権の数字チェックから始めないといけないようです。

統計所得、過大に上昇 政府の手法変更が影響 
補正調整されず…専門家からは批判も
2018/9/12 西日本新聞

 政府の所得関連統計の作成手法が今年に入って見直され、統計上の所得が高めに出ていることが西日本新聞の取材で分かった。調査対象となる事業所群を新たな手法で入れ替えるなどした結果、従業員に支払われる現金給与総額の前年比増加率が大きすぎる状態が続いている。
・・・・・
 高めになっているのは、最も代表的な賃金関連統計として知られる「毎月勤労統計調査」。厚生労働省が全国約3万3千の事業所から賃金や労働時間などのデータを得てまとめている。1月に新たな作成手法を採用し、調査対象の半数弱を入れ替えるなどした。
・・・・・
 誤差に対しては、経済分析で統計を扱うエコノミストからも疑義が相次いでいる。大和総研の小林俊介氏は「統計ほど賃金は増えていないと考えられ、統計の信頼性を疑わざるを得ない。報道や世論もミスリードしかねない」と指摘。
・・・・・

アベノミクス成果大げさ? 計算方法変更 GDP急伸
2018年9月12日 東京新聞

・・・・・
急成長には「からくり」がある。政府は一六年十二月、GDPの計算方法を変更したのだ。「国際基準に合わせる」との理由で、それまで採用していなかった「研究開発投資」の項目を追加。このほか建設投資の金額を推計するために使っていたデータを入れ替えるなどの見直しを行った。この結果、一五年度の名目GDPは三十二兆円近く増えて五百三十二兆二千億円に跳ね上がり、一気に六百兆円に近づいた。
・・・・・
内閣府統計も過大? 「雇用者報酬」厚労省の上振れ数値使う 
菅官房長官「適切に対応」
2018年9月13日 西日本新聞


厚労省の賃金統計「急伸」 実態表さずと認める 政府有識者会議
2018年9月29日 東京新聞
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
私が疑問を感じる判断をした裁判官の名前を此処に記録していこうと思います。
随時更新していきます。

佐藤重憲さん
<伊方原発>巨大噴火の危険性低い…住民側が敗訴 大分地裁
2018/9/28 毎日新聞

佐藤裁判長は、阿蘇カルデラの噴火リスクについて「運用期間中に巨大噴火は差し迫っていないと裏付けられる」と判断した。
・・・・・
新規制基準も「合理性が認められる」とした。
・・・・・
「(3号機の運転で)住民の生命や身体に対する具体的な危険が存在するとは認められない」

三木昌之さん
伊方原発の再稼働、高裁が容認 差し止め仮処分取り消し
2018/9/25 朝日新聞

阿蘇山の破局的噴火については「頻度は著しく小さく、国は具体的な対策をしておらず、国民の大多数も問題にしていない」と指摘。「発生の可能性が相応の根拠をもって示されない限り、想定しなくても安全性に欠けないとするのが社会通念」とした。

北川清さん
大阪府知事へのツイートで前新潟知事に賠償命令
2018年9月20日 読売新聞

松井知事が、ツイッターで「異論を出したものを叩きつぶしている」とつぶやかれ、名誉を傷つけられたとして、新潟県知事だった米山隆一氏に550万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、大阪地裁(北川清裁判長)は20日、33万円の賠償を命じた。

内藤正之さん
大飯原発訴訟 住民の訴え退ける 名古屋高裁金沢支部
2018年7月4日 NHK

判決では、「国のとるべき道として原子力発電そのものを廃止、禁止することは大いに可能であろうが、その判断は司法の役割を超えるものだ。国民世論として幅広く議論され、それを背景とした政治的な判断に委ねられるべき事柄だ」と指摘しました。

原子力規制委員会が行った審査について「不合理な点は認められず、大飯原発の危険性は社会通念上、無視できる程度にまで管理・統制されている」という判断を示しました。

大野裕之さん
「自炊のために持っていたのに…」果物ナイフ所持で有罪判決 無罪主張も罰金10万円 岡山
2018/5/29 瀬戸内海放送

倉敷簡易裁判所の大野裕之裁判官は「果物ナイフをかばんに入れて携帯していて、多くの時間、車の中で過ごしていたとしても、車は移動して第三者に接する場所であり刃物による社会的危険性は大きい」として男性に罰金10万円の有罪判決を言い渡しました。

有罪判決を受けた69歳男性は、「生活が苦しくてうどんにしょうゆと水をかけて食べていた。ネギやちくわを車の中でナイフで切っていた」

浅岡千香子さん
大間原発訴訟 原告の請求棄却 "建設差し止め"認めず 北海道・函館地裁
2018年3月19日 北海道ニュースUHB

判決で、函館地裁の浅岡千香子裁判長は、「原子力規制委員会の安全審査及び処分が未だなされておらず、大間原発に重大な事故発生の具体的危険性があると認めることは困難である」としたうえで、「かつ、裁判所が規制委員会の審査に先だって、安全性に係る具体的審査基準に適合するか否かについて審理判断すべきではない」としました。
 さらに、「裁判所が、安全性に係る、現在の具体的審査基準に適合しないとの理由で、大間原発の建設、及び、運転の差し止めを命じることはできない」とし、原告の訴えを退けました。

小西洋さん
被爆者ら24人の請求退ける 原爆症認定訴訟、広島地裁 
2017年11月28日 朝日新聞

今回の判決では、原爆による放射線で甲状腺機能低下症を発症する場合、
「4グレイ」という具体的な数値を示した。

林俊之さん
「PCは人から借りられる」生活保護費の返還命じる判決 
2017/11/27(月) 朝日新聞

生活保護受給者のパソコン購入費は「自立更生の出費」と言えるのか――。自治体による生活保護費の返還請求をめぐる訴訟で、東京地裁は「パソコンは知人に借りることができる」として、自立更生の費用とは認めない判決を出した。

立川毅さん
玄海原発差し止め仮処分却下 佐賀地裁   
2017/6/13佐賀新聞

原子力規制委員会の新規制基準について「合理性がある」と判断した。

久保井恵子さん
伊方原発3号機の運転差し止め申し立て却下 松山地裁  
2017/7/21(金) 朝日新聞

原子力規制委員会の新規制基準や四電の安全対策に「不合理な点はない」とした。


裁判官メモ:良心を感じる判断をした方の名前
司法 | コメント(0) | トラックバック(0)
生活保護利用者の「自立」について、
大切なことが語られていると思います。
一部紹介させて下さい。

私は自分でお金儲けすることについては、一番どうでもよいことだと思っています。

車椅子の歌姫が生活保護に支えられて掴んだ「自立」とは
2018年9月14日 みわよしこさん

・・・・・
稼いでいれば“自立”している?
貧困な自立観は誰も幸せにしない
・・・・・
 “自立”とは、「1人の人間として、その存在を認められること」であり、守られるべき者でも救世主でもない自分の人生において「あらゆる事柄を選択」し、自分なりに生きることだ。
・・・・・
 生活保護の現場には、「死亡自立」という隠語がある。「生活保護を使用しなくなることが自立」とする考え方への皮肉でもある。
・・・・・
あらゆる人の多様な“自立”観は、生活保護制度が始まって以来、何回も公的に認められ確認されている。しかし現在、制度運用に公的に反映されているとは考えにくい。
・・・・・
「そこに、『自立支援』という政策の根本的な問題点があります。そもそも、誰が『自立』を決めるのでしょうか? 現在は、そこに答えないまま、行政機関や支援者が“なし崩し”に、その人の『自立』を決めています」
・・・・・
「自立に向き合うならば、生活保護を受けている人が『(自分の財布と相談しながら)したいことをする』ことをどのように保障できるかから、スタートすべきです。おそらく、『税金で生活しているのに、偉そうなことを言うな』という声があるでしょう。でもそんな、誰かを封じ込める言葉で思考停止してしまわずに、『何のお金で生活していようが人には侵されてはならない領域がある』ことを考えてほしいと思います。
 また、たまたま生活保護を利用していないだけで“自立”している気になっている私たちの側のおかしさも、同時に考えてほしいです」
・・・・・

全国で審査請求呼び掛け=生活保護減額で―弁護士ら支援団体
2018/9/14 時事通信
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
大量のエネルギー消費、深刻な環境破壊、
私はリニアモーターカーの建設には反対です。

9兆円をつぎ込む「陸のコンコルド」、リニア新幹線の真実
日経ビジネス 2018年8月20日号

・・・・・
 リニアは静岡県北部の山中を11kmにわたってトンネルで貫く。大井川の水源を横切るため、毎秒2トンの水量が減少するという。水道水として62万人が利用しているが、毎年のように水不足に悩まされ、昨年も渇水で90日近く取水制限をした。
・・・・・
「南アルプスをトンネルで貫通するが、そこには中央構造線断層帯や多くの活断層が走っている。ここに時速500kmの列車を走らせるべきではない」
・・・・・
「リニアはコンコルドと同じ」。コンコルドはスピードばかりを追求したが、コストが高く、騒音や排気ガスをまき散らした。赤字続きで技術改良もままならず、事故を起こして廃止された。
・・・・・
リニアの開発を日本と競っていたドイツは、中国・上海でリニア鉄道を実現しながら、08年に国がリニア撤退を決めた。コストが予定額を大きく超えることが分かったからだ。
・・・・・
 「歴代のリニア開発のトップと付き合ってきたが、みんな『リニアはダメだ』って言うんだ。やろうと言うのは、みんな事務屋なんだよ」。高価なヘリウムを使い、大量の電力を消費する。トンネルを時速500kmで飛ばすと、ボルト一つ外れても大惨事になる。
・・・・・
 5月中旬、都内の区民プラザの壇上に6人の社員が登壇した。住民は1人につき質問3つまで。しかも、3問を続けて述べるよう迫られ、終わるとマイクを取り上げられる。すると、社員が「慎重に進めてまいります」「モニタリングします」などと具体性を欠く回答を続け、住民をいら立たせる。
 「おい、答えになってないじゃないか」「質問に1つずつ答えないと、対話にならない」とヤジや怒号が飛び交う。
 すると司会の若手社員が会場をにらみつけながら「ご静粛に」と大音量のマイクで繰り返す。最後は、「時間が過ぎている」として説明会を打ち切る。
・・・・・
「まるで麻薬漬け。地域の自然がJR東海にしゃぶり尽くされている」
・・・・・
 すべてを闇の中でひた隠しにしながら、リニア計画を推し進めるJR東海。そして、膨張するコストと矛盾は、制御不能な域に達しようとしている。
・・・・・
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
私は意外と(?)学校のクーラーには反対派です。
私だけかも知れませんが学校でそんなに大した授業もしていなかったですし、
何もしていなくても耐えられないほど暑いのなら休校にすべきだと思います。
これも私だけかも知れませんが、

真夏の勉強、クーラー有る無しに関わらず、はかどらなかった。
勿論、どうしても暑い時季に授業をするのなら、
クーラーは必須だと思います。

(クーラー、今はエアコンと言った方がいいでしょうか?)
教育 | コメント(2) | トラックバック(0)
どれだけ、平和や反戦を訴えていても、
戦争の準備をするものは戦争推進派なのです。
私は日本に軍隊や自衛隊は必要ないと思っています。
自衛隊については、災害救助専門の部隊として再編して欲しいです。
 
戦争 | コメント(0) | トラックバック(0)

遺骨を大切にする人が多い

2018/08/18 Sat 22:20

遺骨を大切にする人が多いのはどうしてなのだろう。
この宗教を理解するのは私にとっては困難です。
勿論自分にとっては理解することが困難な宗教でも
尊重することには変わりないです。

私は死者や遺体を供養できる人はいないと思っています。
そして、その必要もないと思っています。
死しても未来世において業は継続させられると思うからです。
死者や遺体に供養する余裕があるのなら、

今生きている人に供養して欲しい。
死後のその機会を信じて、
生前の機会を失うのは余りにも悲しいです。


 
宗教 | コメント(2) | トラックバック(0)

人出不足?

2018/08/16 Thu 23:07

人出不足、人手不足と、よく言われます。
しかし、現状、人出は余っていると思います。
ただブラックな企業とアルバイト頼みの企業が
増えているだけだと思います。

待遇を改めれば、きちんと給料を払えば、
今の日本、幾らでも人が集まると思います。
 
経済 | コメント(0) | トラックバック(0)
国のやり方は変わらないどころか
安倍政権以降あからさまに露骨になって来ている。
「恥」を失った政府、日本は今あまりにも危険な状態です。
今苦しみを共有して皆で立ち向かわないと

自らに苦しみが訪れた時、
救ってくれるものはもう誰もいないと思います。


私は日本にもう軍事基地は要らないと思います。
辺野古沖の埋め立て、新基地建設には強く反対します。


「辺野古埋め立ては自然破壊」 
東清二琉球大名誉教授メッセージ全文 8・11県民大会
2018年8月11日 琉球新報

・・・・・
 私は2014年4月から、沖縄防衛局が設置した環境監視等委員会の副委員長を務めていましたが、今年4月に正式に辞職が認められました。
・・・・・
 最初は環境監視等委員会で、ちゃんとした監視ができると期待していました。それで、埋め立て区域も含めてウミガメの産卵場所、ジュゴンの食草であるアマもなど海藻の分布と密度、ジュゴンが何頭いるのか、どれくらいの頻度で来ているのか、などの調査を依頼したのですが、全然返事が来ない。何も調べていないのです。
・・・・・
 委員会での発言の確認も第1回目の後はありました。しかし、その後は議事録ができてくる度に全然違う。発言をしても、こちらの要求までは書いていない。委員会で藻場の問題も話しましたが、それは議事録には載らない。防衛省は自分たちの都合の悪いことは議事録に載せないのです。委員の意見を聞いて、それを守るのが防衛省のはずなのに、自分らに都合の悪いことは一切書かないで、都合のいいことだけ書いて、それを守っていくだけなのです。そんな委員は意味がありません。
・・・・・
工事ありきで、他の意見は聞かないという態度です。環境監視と言いながら、工事を進捗させるため、何らかの了解を得るための委員会だと防衛省は思っているようでした。工事を進捗させることに関係ないことには耳を貸さないという態度ですね。それじゃあ何の意味もない、何のための委員会かということで、私は2015年3月に辞めると事務局に伝えました。沖縄防衛局からはこの件で取材があれば、事務局に聞いてくれと答えなさいと言われました。
・・・・・
 辺野古、大浦湾の環境は優れています。特に藻場はすごい。あんなに広い藻場は他にないです。それを埋め立てるのは自然破壊そのものです。沖縄本島の山を崩して埋め土を持って来るのも、自然破壊です。辺野古、大浦湾の埋め立ては、やめさせることです。中止すべきです。沖縄にはもう、これ以上、軍用基地はいらないです。

 慰霊の日の翁長知事の発言には本当に感激しました。私は、翁長知事の埋め立て承認の撤回を支持します。

東清二
ニュース | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »